夢のCD?

 2006-10-22
ガラスCD


世界初、ガラス製の音楽CD・・・らしい
記事を読むとなかなかすごい。
・ポリカーボネートは透明率が低いので読み取りが不完全で音質下がる
・ポリカーボネートは日光や高温で曲がるので読み取りが不完全で音質下がる
・ガラスなら完璧です
・そのかわり1枚10万円です

よーし、清く正しくオーディオマニアの世界だぞー。
トンデモ科学だね。

CDのエラー率と音質については論議するつもりもないのだけれど
百歩譲って「読み取りエラーが少しでもあると音質下がる」は認めたとしよう。
なら物理運動を行う系が存在しないPCで、 44.1kHz/WAV を聞けばよい。
最近の音楽の多くは、PC上で編集・作成されているのであり
昔のように「音質がどうのこうの」という声はぱったりと止んでいる。
また、PC自体の音質を改善するデバイスは、山ほど出回ってる。

というかそれ以前に、SACDとかDVD-Audioの方が音質改善に効果ありだ。

つまりこれは、いい音を聞きたいがための製品ではなく
単に自己満足するための趣味的一品
そんなものを大々的に載せてしまう毎日新聞の記者もどうかと思う。
圧縮音楽(mp3他)がリスニング市場のメインになりつつある昨今、
多少の啓蒙効果はあるんだろうが、それがトンデモ科学の方向じゃねぇ。

ちなみに記事中のトミエメディアソリューションズはプレス業者。
趣味性であるということ含め、わかってやっていると思える。
じゃなきゃ、10万なんてつけるはずがありえない。
こういう業者さんは好きです(笑)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/9-de80f4bc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫