スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

応用物理の最前線

 2006-11-16
応用物理の最前線 応用物理の最前線
早稲田大学理工学部応用物理学科 (2004/07/21)
講談社

この商品の詳細を見る
★★★★☆:応用物理の最前線

いきなり、本書の序文と違うことを書くが
「なぜそうなのか」「どういうことになるのか」を探究するのが物理学として、
「何ができるのか」を追求するのが応用物理学と思う。
(本文中では、「どこからきたのか」と「どこへいくのか」と書いている)

それはさておき、「何ができる」が多彩すぎて
本書もやたら広範に色々書いてある。
で、一応原理も説明していたりするのだが流石に詰め込みすぎで
ちょっと紙面が足りなくて難解に感じる部分もあり。
(よって、最初から原理を知っている人ならすぐ読める)

とはいえネタはなかなか面白くて
フェムト秒レーザー(パルスレーザーというのか?)から
コンピューターで将棋だの、量子コンピューターだの
光ファイバーだの補償工学だの熱電素子だの
次から次へと出るわ出るわ。雑学本としてはGoodである。


というわけで応用物理って広いんだなぁと感じる一冊。
また、個人的な感想だが
「~学会」とか「~学部」などが編纂している本は、敷居の高い低いはあれども
実は結構面白いものが多いと思う。これもその一冊。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/61-7893f26b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。