TP-LINK Archer C3150 / Archer C9 / RE450 実効速度計測

 2016-12-10
20161210_tplinklogo.png


現在使っているWi-Fiルーター(Aterm WR8700N)は安定しているが
もう5年前の製品なので、11ac未対応だったりと不満が出てきた。
そもそも、ルーター自体はYahoo!BBの光BBユニットを使っており
2.5GHzの11n環境はこちらでも文句はないのだが・・・

で、アクセスポイント機能だけとはいえ
過去にBuffalo 、 FON 、 NEC の上位機を使ってきたので
今回はTP-LINKを選んでみた。

考えたのは下記の3つ。
 ・Archer C3150 (2167Mbps+1000Mbps)
 ・Arhcer C9 (1300Mbps + 600Mbps)
 ・RE450 (1300Mbps + 450Mbps)中継器






そしたら・・・・・
3つとも手元に揃えてしまいますよね(深く聞かないでください orz)
20161210_tplink1.jpg
20161210_tplink2.jpg



最近はYoutuberが小銭稼ぎで妙なレビューをたくさん書いてるので
見た目とかそういう虚飾は排して、実利部分だけ書いていくぞな。

【TP-LINKの特徴】
・世界一の家庭用Wi-Fiルーターメーカー。なんと世界シェア45% (ソース
・深圳の企業。あそこは30年前のシリコンバレーみたいなもんだから、まぁそうだねと。
・めっちゃ電波が飛ぶらしい(そりゃアンテナ伸ばしてるからね)
・5GHzはW52にしか対応しない(まぁDFS帯のW53/W56はまともに使えないから良いんだが)

【各機種のサックリした違い】
・C3150だけ、WPSボタンとリセットボタンが独立。C9は共通なので間違えてリセットする恐怖あり
・C3150だけ、MU-MIMO / エアタイムフェアネス対応
・ビームフォーミングはC3150 / C9 / RE450 全部対応
・C9だけ、縦置きですげースタイリッシュ(そのかわり壁掛け不可能)
・C3150 / C9 をアクセスポイント化するのはTCP/IPルーティング知識がいるぐらい酷い難しさ
・RE450だけ中継器だが実は超簡単にアクセスポイント化できる

#2016/12/18追加:
・実はRE450だけ、一部Android機での速度低下問題が起こらない
 日本製含め殆どのルータは、11acを40MHzにしないと
 Huaweiや一部NexusのAndroid機で著しい速度低下を起こすが
 なぜかRE450だけ、80MHzのままで速度低下なし、という謎のありがたい結果が出た。



【設定画面】
スクリーンショットで、左からC3150 / C9 / RE450
メーカーロゴを変えてる最中らしく、ちょっとだけ見た目違うんだけど
機種間のUI統一はすごく進んでいる。
ソレナリにわかりやすい感じ。
20161210_tplink3.jpg



【電波感度比較】
・木造2階建て一軒家の端、1F天井裏にルーターを配置
・反対側の端(私の家だとリビングの端です)で計測
つまり、通常想定される、最も厳しい状況で計測

5GHzの電波強度。ぶっちゃけ3つとも同じレベル。バリ3
20161210_5Ghz.jpg

2.5GHzの電波強度。これもみんな同じレベル、バリ3
でも光BBユニットの2.5GHz(緑色)も実用上同じ次元
20161210_25Ghz.jpg



【肝心の速度比較】
・木造2階建て一軒家の端、1F天井裏にルーターを配置
・反対側の端(私の家だとリビングの端です)で計測
・要は電波強度のときと同じく、一軒家で一番厳しい環境で計測。
・面倒なので11acだけ。
・機材が足りないので iPhone6 (433Mbps以上出ません)で計測。


まず、PCの有線LAN環境の速度。下り1000Mbps / 上り100Mbpsの契約です。
24時間いつでも、下り600-700Mbpsは出る。
20161210_speedtest_WiredLAN.jpg

で、iPhone6の結果は下記の通り。 
C9の登りはオカシイ数字だが、複数回計測したら90Mbps出たので無視してOK
最下位のRE450ですら家の端まで半端ない速度が出るが、C3150は別格に速い。
20161210_SpeedtestList.jpg


ちなみに、C3150にアルミ反射板をつけると家の端から端なのに280Mbps弱でた
反射板といっても、500円のガスコンロ用レンジフード。
20161210_speedtest_alminium.jpg

更に、C1350 + レンジフードにて
1300Mbps化したWindowsノート(Thinkpad W520 + AW-CB160H)の結果。
ちょっと電波のつかみが悪い(ぶっちゃけ、スマホより感度が低い)ため
全然1300Mbpsでつながらないのだが・・・それでも実測750Mbpsオーバー。
20161218_C3150_Windows.png




レンジフードはこんなん。使い方参考ページはこちら



【結論】
・設定が簡単なので、アクセスポイントのみならRE450が最も優れる
・設定が滅茶ムズだが、速さならダントツでC3150
・どれを買っても、一軒家程度では中継器不要になる(重要)

今回試してないが、後日ノートPCを1300Mbps化するので、
その際にどこまで速度出るのかは、またいずれ。
というわけでC3150だけ残して、残りは知り合いに渡しますかねー




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/437-ca12ed3e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫