スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Huawei GR5 に Android6.0 を入れる(海外ファーム化)

 2016-11-20
なんだかとっても安くなってきた Huawei GR5 だが
海外版はすでにAndroid 6.0 + EMUI 4.0 にアップデートされているのに
国内版はいまだにAndroid 5.0 のまま、おそらく更新されることはなさそう。



安いんで、無理やり海外ファームの Android 6.0 入れちゃってみた。
ちょっと無理やりな方法で、完全に壊す可能性も高い。
質問は受け付けないので、2万円をドブに捨ててよい人だけ読むべし



【基礎知識】
 ・Huawei GR5 は 日本や一部アジア圏での製品名である。 欧州ではHonor 5X。
 ・よって、国によって製品型番が異なる。
 ・Dual SIMの有無でも型番が異なる。
 ・KIW-L21/L22/L23/L24、KII-L21/L22/L23/L24 など
 ・どれがどれになるのかは、色々調べるしかない。

 ・日本版のStock ROMは出回っていない。oeminfoもない。
 ・よって、自分でバックアップしないと永遠に元に戻せない。

 ・前提になる基礎ツール、操作等はこちらで説明してある
 ・これはどのAndroidでも同じことなので、事前にすべて終わらせておくこと。


【作業概要】
 ・EU版からMODEM.img / TZ.img を抜き出す
 ・EU版 or アジア版からBOOT.img / SYSTEM.img / CUST.imgを抜き出す
 ・fastboot を使って強引に boot system cust modem tz を書き込む

 ・手順参考URL
  http://forum.xda-developers.com/honor-5x/how-to/emui-4-0-android-6-0-1-kiw-l21-c185-t3428478


【バグ除去版TWRPの入手】
 ・本来のページから手に入るTWRPにはバグがある
 ・一部しかバックアップできない、imgインストール出来ない など

 ・参考URLから入手する。
 ・http://forum.xda-developers.com/devdb/project/dl/?id=19454
 ・img名が「recovery.img」だが気にしないでOK

 ・バグ修正されたTWRPだと、バックアップでこのぐらい出てくる。
 20161120_GR5_TWRP1.jpg
20161120_GR5_TWRP2.jpg


【がっちりバックアップする】
 ・バグ修正されたTWRPで、全部バックアップ
 ・Boot / Recovery / EFS / cust / Cache / Data / System / tz_image / modem_image / cust_image / system_image

 ・これだけだと不安なので、さらに完全なバックアップをした方がよい。
 ・手順はこちらのサイト参照(Andmem:Android端末の全パーティションのバックアップ)


【Huawei Update Extractor の入手】
 ・Stock Recoveryから、各種imgを抜き出したりできるツール。
 ・http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2433454


【必要なイメージファイルの入手】
 ・EU版なら KIW-L21用になるがデンマーク版 C432B330
  http://download-c.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=84663&version=327467
 ・アジア版なら KII-L22用のタイ版 C636B310
  http://download-c.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=82545&version=325342
 ・Huawei Update Extractor を使い、BOOT.img / CUST.img / SYSTEM.img を抜き出しておく

 ・MODEM.img / TZ.img だけは下記を使う。(場合によっては上記のイメージから抜いても良い)
 ・私の場合は、そうしないとSIMが電波をつかんでくれなかった。
 ・http://forum.xda-developers.com/devdb/project/dl/?id=19446


【導入】
 ・あとは簡単。Windowsにつないでfastbootでイメージを焼きこんでいく
 ・危険なファイルを書き換えるので、絶対に前述のバックアップしておくこと
 ・コマンド: adb reboot bootloader
 ・コマンド: fastboot flash boot BOOT.img
 ・コマンド: fastboot flash cust CUST.img
 ・コマンド: fastboot flash system SYSTEM.img
 ・コマンド: fastboot flash modem MODEM.img
 ・コマンド: fastboot flash tz TZ.img
 ・リブートして、TWRPでDATAのみWipe

 ・これで初期設定から始まるはず


【結果】
 ・EU版だと下記のようになる。
 Screenshot_2016-11-19-22-32-13.png

 ・ちゃんとAndroid6.0になる
 ・oeminfoなどを書き換えてないので、機種名は妙なことになる。
 ・デュアルSIMは使えない

 ・EU版だと、起動画面まで変わってしまう(機種がhonor 5Xになってしまう)
 ・なんか違和感あるので、アジア版のほうがいいかな
 20161120_GR5_Honor5Xfirmware.jpg


以上。
無理やり一部だけ書き換えてるので
ちょっと微妙な気持ちになるが
実用上は問題ない。

これがHuawei P9 や P9 lite なら
完全に書き換えてしまえるのだけども・・・

しつこいが
少し間違えれば簡単に壊れるし、誰も責任を取ってくれない
質問も受け付けないので、実施はよく考えてからすること!

特に2万円が大金の学生はやめといた方がヨロシ。
(大人は一晩キャバにでも行く金額だから、別にいいと思いますが)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/434-601355ec

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。