スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

steam in-home streaming ベータ版Steam Client編(Saints Row 2)

 2015-10-03
下記の流れの続き。
 ・ESXi用のUSB3.0カードとGPUパススルー用RADEON
 ・ESXi 6.0u1 Haswell + Windows10でGPUパススルー(基本編)
 ・ESXi 6.0u1 GPUパススルーでVM再起動できない問題の解決
 ・Logicool G300s / F310r
 ・steam in-home streaming on ESXi 6.0u1 GPU pass-through

もはやESXiがどうとか関係ない気がしてくるが。


 Steam In-Home Streamingだが、前回書いたあとに追加でいろいろ問題が出てきた。
  ・DirectX9ゲームだと、CPUエンコードになる
  ・DirectX9EX扱いになると、ビデオカードでエンコードするがfpsが10fps程度になり使い物にならない
  ・DirectX11ゲームだと問題ない。
  ・一部のゲームで、ストリーミングプレイ中に画面がブラックアウトする(Saints Row 2で確認)
  ・一部のゲームで、1P / 2Pのジョイパッドが同時操作されてしまう(Never Aloneで確認)

このうち、致命的なのはブラックアウト問題なのだが
Steam Client 2015/08月の正式版で起こったバグらしく
ベータ版Clientの2015/10/01版で治っているとchangelogが出ている。

仕方ないのでベータ版clientにしたら、ほんとに治ったのだが
その代わりほかのところ(ゲーム以外)に微妙に問題が出ている・・・がまぁ仕方ない。

DirectX9ゲームでCPUエンコードになる問題は
CPUパワーを食うゲーム(シミュレーションゲームなど)では厳しいので
そういうゲームはDirectX11に対応しているものを買うしかないかな。

ちなみに、そんなにCPUパワーを食わないゲームなら問題ない。
例えばSaints Row 2 (DirectX9ゲーム)なんかは下記のように普通にプレイできる
(グラフィック最高設定のために40-50fpsになってるが、設定落とすと60fpsになる)
20151003_Steam_in_home_streaming_dx9_CPU.jpg

・・・・・ちなみに自キャラは真っ裸のほう。
突然ホットドッグ男が歩いていて、なぜか攻撃されてるのが意味不明だが
オープンワールドゲーだからそういうこともおきるんだねぇ。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/415-6b405b35

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。