スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

steam in-home streaming on ESXi 6.0u1 GPU pass-through

 2015-09-13
下記の流れで、ESXi上のWindowsにてRADEON R9 380が使えるようになった。
ESXi用のUSB3.0カードとGPUパススルー用RADEON
ESXi 6.0u1 Haswell + Windows10でGPUパススルー(基本編)
ESXi 6.0u1 GPUパススルーでVM再起動できない問題の解決

というわけで、とりあえずSteam in-home Streamingを実行してみた。
丁度安売りしていたDark Souls II (DirectX11版)を購入してテスト。
20150912_steam_inhome_streaming_amd.png

クライアント側はQuadroFXを積んでるThinkPad W520なので
当然h.264でサクサクハードウェアでコードするのだが
RADEONでも、しっかりハードウェアh.264エンコーディングが効いている様子で
AMF H.264の表示が出ている。
ちょこっと最初のほうを動かしてみたが、ざっくり60fps前後は出る様子。

2015/09/15追記:
DirectX9ゲームもテスト、Torchlight II。
こっちはCPUによるエンコードになってしまっている。
ゲームが軽いので60fps出ているが・・・・うーん
20150915_steam_in_home_streaming_dx9.png




【ちょっとした問題点】
仮想PC(VM)をしばらく放置していると、10分で画面スリープに入るようにしているのだが
そうなるとRADEONが丸ごと眠るのか、
Steamでサーバ側にしているRADEON機が見えなくなることがある。

そのままいける場合もあるので、
これがRADEONの問題なのかESXiの問題なのかはちょっとまだ不明。
ちなみに見えなくなる場合、splashtopなどのRDPソフトでRADEONを叩き起こせば使えるようになる。

ま、大した問題じゃない。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/412-b91983eb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。