ホーキング、未来を語る

 2006-11-05
ホーキング、未来を語る ホーキング、未来を語る
佐藤 勝彦、スティーヴン・ホーキング 他 (2001/12/11)
アーティストハウス
この商品の詳細を見る


ホーキングその2。
これも最近安いのが出ているようなのだが、やはりハードカバーを薦める。

前作「A Brief History of Time」(邦題:ホーキング、宇宙を語る)では
正直難解であったということが相当言われたようだ。
(それもこれも、世界中でベストセラーになったからこそだが)

というわけで、カラー図版を多用してもう少し解りやすくしたバージョン・・・
と思いきや、やっぱり10年間で進歩があったわけで
思いっきり理論のアップデートが行われている。

このアップデート部分は、これまた凄い理論で
M理論(ブレーン理論)は最近こんなところまで使われているほど有名?だが
ハイライトはやはりホログラムに関する記述であろう。

今までの理論はこう。

・ブラックホールは光さえも這い出せない
・つまりあらゆるものが出てこれない
・ということは・・・その中に入った情報は破棄される
・熱力学的情報エントロピーはどうなっとるのか?

ホログラム理論の応用はこう。

・実は、ブラックホールの表面に、ホログラムのように情報が!
・ブラックホールが蒸発するにしたがって情報も戻る!
・・・・・・・ということなのかもしれません

すげぇ興奮した。


まぁそんな感じで、これも必読である。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/41-2239133a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫