linuxで使えるDAW

 2015-05-10
linux で使えるDAWについて
昔より全然まともなのが増えてるので何となくメモ


【Bitwig (Bitwig Studio)】(有償) 公式サイト / 日本代理店ページ

Windows / Mac / Linux(Ubuntu)
大変有名な ableton live から開発者がスピンアウトして作ってるやつ。
基本的にはオーディオファイルを張り付けて曲を作っていくタイプ。
クリップ編集とかつおい。 live の対抗馬みたいな扱い受けてるので非常に高レベル。


【Tracktion (Tracktion Software)】(有償/無償) 公式サイト / (国内代理店なし)

Windows / Mac / Linux
一時期Mackieに買収されたけど、再度独立。
近年のDAWで流行っている「シングルウィンドウ内で完結」の元祖に近い。
ミキサーすら存在しない漢気あふれる構成
(画面の左から右にデータが流れていくイメージでとらえる)
熱狂的信者がいるけど日本人にはあまり馴染みがない。代理店ないしね!
旧版のVersion4が無償。(最新はVersion6)


【LMMS】(無償) 公式サイト

Windows / Mac / Linux(Debian系列)
どうみても FL STUDIO です。本当にありが(ry
LinuxでもVSTを読み込めるというナイスな機能がある。


【PwDAW (LibModSynth)】(無償) 公式サイト

linux専用。ARMバイナリもあったんじゃないか
結構よさげなんだけどいつの間にか公開停止。
PyDAW2を作ってるという噂はどうなったのでせうか


【Rosegarden】(無償) 公式サイト

linux汎用(大抵のディストリビューションのリポジトリに登録されてます)
ずっと昔からあるけど微妙にマイナーな立場から脱却できない感じ
CubaseやLogic、もっと言えばVision(!)とかDigital PerformerとかSONARとか
その辺のトラディショナルな「MIDIシーケンサ由来DAW」と同じタイプ。


【ardour】(無償) 公式サイト

Windows / Mac / Linux バイナリは一応1ドルの有償
これもすごく昔からある。大抵のディストリビューションのリポジトリに以下略。
Rosegardenと違って昔から評価が高い。
元々オーディオしか扱えなかったが、いつの間にかMIDIが扱えるようになった上に
Googleとかの出資受けてWindows版までやっちゃうよ!なんてことになってる。
MIDI関連触ってないので何とも言えませんが、歴史あるソフトなので多分大丈夫かなと(適当)




EDM系の人は、有償のBitwigか無償のLMMS
そうじゃない人は有償のTracktionか無償のArdourってところか

・・・まぁ私はWindowsでCubase使ってるんですが。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/400-d535c5f3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫