スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Yoga Tablet 2-1051F(10インチ / Windows)

 2014-12-21
手持ちのNexus7 (2012) もいい加減古くなってきたので、
タブレットを更新しようと思っていたのだが
同時期にサブマシンの ThinkPad Edge 11 が使えなくなったので
どうせだからWindows Tabletを試してみるか、、、と
Yoga Tablet 2 Windows (10インチ、Bluetoothキーボード付き)を購入。
(実際は、嫁がプレゼントしてくれた。 ひゃっほう!)

Lenovo YOGA TABLET 2 with Windows 59428422

Lenovo YOGA TABLET 2 with Windows 59428422
価格:45,716円(税込、送料込)



【SPEC】
 OS : Windows 8.1 with Bing (32bit)
 CPU : Atom Z3745(4コア/1.33GHz Max1.86GHz)
 LCD : 10.1インチWUXGA(1900x1200) IPS液晶 / 10点マルチタッチ
 MEM : 2GB
 HDD : 32GB (eMMC)
 USB : microUSB2.0 x 1 (充電端子兼用 / OTG対応)
 GPS : GPS + GLONASS
 OTH : 802.11a/b/g/n , Bluetooth4.0 , microSDスロット , microHDMI
 WGT : 629G (キーボード込930g前後)


【外観や質感】
 ・アルミパーツ+プラスチックのシボ加工で相当質感が高い
 ・パームレストも、ソフトパッド(自動車用語かな?)ですごく質感は高い
 ・とても4-5万円の機械に見えない。10万ぐらいには見える。
 ・ただしタッチパッドまでソフトパッド処理で、異常に滑りが悪いので注意
 ・質感高いといっても iPad には届かないが、 Xperia みたいに子供っぽくない方向なので大人向け。

 ・画面はフラット(フチと画面の段差がない)。
 ・防指紋加工してないので指紋つきまくり
 ・保護フィルムつけないと厳しいかな

 ・Yoga Tablet全機種共通だが、シリンダー部分があるので異様に持ちやすい
 ・実重量より軽く感じるという、すごく優れたデザイン。
 ・少なくとも iPad や Xperia Tablet よりずっと持ちやすい(店頭で確かめてみるとよい)

 ・壁掛けとかできますよ奥さん!
 ・レシピ見ながら料理できるのだだだ
 ・油が跳ねて悲しいことになるけどキニシナイ!(笑)


【実際の使用感】
タブレットモードはこんな感じ
20141221_yogatab1.jpg

キーボードつけるとこんな感じ。タバコの箱を置いたけど非常にコンパクトです
20141221_yogatab2.jpg

 ・CPUがAtomだが、体感は初期のCore i3ぐらい速い感じ。まったく不満がない。
 ・アプリインストール時だけ反応がとても重いが、CPUではなくドライブの速度が原因ぽい
 ・内蔵ドライブ(eMMC)はちょっと遅い感じだが、インストール時以外に感じることはない
 ・10インチのくせに1920x1200の画面なのでとっても広く使える
 ・Windows8.1はDPI調整できるので、細かすぎて困ることもない

 ・結構バッテリーが持つ(体感で8時間ぐらいな感じ)
 ・キーボードはかなり叩きやすい
 ・8インチ用のキーボードはどこかに無茶をするが、やはり10インチ以上ならまともになる。
 ・タッチパッドもついているので、完全にコンパクト高解像度ノートになる。

 ・さっきも書いたが、タッチパッドの滑りは相当悪い。
 ・クリックボタンのチューンが悪く、押すとマウスカーソルがずれる
 ・でもコツを覚えれば問題なくなる
 ・コツは力の加減(少し軽め)と、タップによるクリックをメインにすること
 ・MacBookを常用してる人ならすぐ慣れますが、Winしか知らないと辛いかねぇ

 ・vmwareなどでリモートコンソールとして使うと、解像度のおかげで超快適。
 ・最強のシンクライアントじゃないかと思える
 ・まぁ自宅でそんな環境構築してる人間いるかって話だが(自爆発言)


【不具合(というほどでもない)】
 ・初期セットアップ時に超気を付けないと、英語でインストールされる凶悪仕様
 ・いやまぁワールドワイドモデルだし、文句いう筋合いじゃないんだけど。
 ・あとから日本語に戻していけるが、その際はストアアプリ入れなおさないと英語が治らない
 ・あとから日本語に戻していけるが、一部ブートメッセージ等は英語のままになる。
 ・実用上困りませんが

 ・省電力頑張りすぎて、音声の頭が少し途切れる場合あり
 ・2ちゃんでは、艦これで問題ありとか返品とか騒いでいる
 ・まぁよくある仕様ですので、普通の人は問題ないんじゃないかね。
 ・音質自体は普通に良いがSHIELD TABLETみたいなびっくりレベルじゃない

 ・Bluetoothキーボードのスイッチが小さい+固い。操作しづらい。
 ・軽すぎても誤操作するんで、このぐらいでいい気もするが。


【ドライブ空き容量】
 ・WIMBootを使っています。つまり回復ドライブからデータ読んでる
 ・よって回復ドライブは削除できません。
 ・起動直後の空き容量21GB / Windows Update後で18GB程度
 ・Office 2013を使用可能にすると、更に数GB減ります

 ・自宅内にファイルサーバがある人は、この容量でもあまり問題ない
 ・またはmicroSDをHDD化して使えばOKでしょう


【microSDのHDD化】
 ・Hitachiのドライバ入れる方法は好ましくない(あとの維持が面倒)。
 ・素直に、Cドライブの特定フォルダにmicroSDを接続したほうがよい。

 ・microSDをNTFSでフォーマット
 ・Cドライブに適当なフォルダを掘る
 ・「管理」-「ディスクの管理」で、microSDを上記フォルダにつなぐ
 (ドライブレターを割り当てる画面で操作する)

 ・あとは、そのフォルダの下にドキュメントやピクチャフォルダの場所を移す。
 ・ついでに、新規インストールするプログラムも、そこにインストールすればよい。

 ・私は32GBのmicroSDを使っている(内蔵と合計で64GB)。
 ・vmware Workstation 、 vSphere Client などをmicroSD側にインストールしたが問題ない


【買うべきですか】
 ・値下がりが速いが、ずっと待ってると2015年には新しいモデル出るのは確実
 ・最初から64GBのモデルが出るんだろうと思う
 ・待てるならそれを買う
 ・でも今買うと、4.5万円なんだよねぇ。安い。
 ・32GB運用がちゃんとできる人なら、今買ったほうがいい。


以上。 いやぁ8インチのAndroid版も欲しいわこれ。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/398-afa57877

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。