ubuntu 14.04LTS にて proftpdが勝手に終了する問題

 2014-11-03
家のサーバをUbuntu 12.04LTS から Ubuntu 14.04LTS に変更してしばらく経つが
どうもproftpdが勝手に落ちている。

proftpd.logを見ると、落ちたときはログファイル容量が常にゼロ。
ひとつ古いproftpd.log.1を見ると、毎回同じエラーで落ちている
$ tail /var/log/proftpd/proftpd.log.1
...
... ProFTPD killed (signal 15)
... ProFTPD 1.3.5rc3 standalone mode SHUTDOWN


調べるとubuntu 13.10のころから直っていないバグで
loglotate時の再起動で転ける様子。
 ・stack overflowの記述
 ・launchpadのbug記述

結構長いこと修正されていないのが不思議なのだが
文句を言っても仕方がないので、とりあえず直す。
直し方も上記に書いてあるが
[/etc/init.d/proftpd] around line 106 ~109

///before///
start-stop-daemon --stop --signal $SIGNAL --quiet --pidfile "$PIDFILE"

///after///
start-stop-daemon --stop --signal $SIGNAL --retry 1 --quiet --pidfile "$PIDFILE"


とりあえずこれで誤魔化せる(まぁ、、、)ようなので
しばらく様子を見ることにする。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/397-a93a583d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫