スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Ubuntu Server 14.04 LTS 最低限の初期設定例

 2014-09-29
Ubuntu Serverを最小状態で初期設定するテンプレート例。
ちなみに、若干英語ではあるが
公式のUbuntuサーバーガイド
非常によくまとまっているので
本来はそちらを読む方がよい。

【初めに】
・あらかじめ自宅ローカルネットのドメインを決めておく。
 例)xxxxxx.localnet

【インストール】
・LANG = C (English) でインストールする
・OpenLDAP等のため、マシン名をFQDNでセットしておく
・自動インストールはONで導入
・導入パッケージはOpenSSHのみ、他は一切削除

【固定IP】
[/etc/network/interfaces]

auto eth0
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.0.100
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1


【エディタのセット】
・標準エディタ nanoのスムーススクロールをONに。
 これをしないとteratermでの動作がおかしくなる
 JEDなどを入れるなら不要
[/etc/nanorc]

## Use smooth scrolling as the default.
set smooth



【自動updateの設定】
・必要なアップデートの種類についてコメントアウトを解除。
 初期状態はSecurityのみ。
 単機能サーバなら全部ONでもあまりかわらないか?
[/etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades]

// Automatically upgrade packages from these (origin:archive) pairs
Unattended-Upgrade::Allowed-Origins {
"${distro_id}:${distro_codename}-security";
// "${distro_id}:${distro_codename}-updates";
// "${distro_id}:${distro_codename}-proposed";
// "${distro_id}:${distro_codename}-backports";
};


・再起動が必要なアップデートで勝手に再起動するようにする。
 これは運営状況次第。コメントアウトを外すと再起動しなくなる
[/etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades]

// Automatically reboot *WITHOUT CONFIRMATION* if a
// the file /var/run/reboot-required is found after the upgrade
//Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot "false";


・上記の設定をアクティベートする。
 これを実行しないと反映されないので注意
# dpkg-reconfigure -plow unattended-upgrades





後はOpenLDAPなりproftpdなりを導入するのだが
単機能なら メモリ192MB / HDD5GBでも十分。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/392-c3b5ab93

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。