宅内サーバリプレース(ハードウェア編)5: LSI logic 9211-8i

 2014-09-06
宅内サーバリプレース(ハードウェア編)、
SASカードに関して。
全体像はこちら
ケースはこちら
2.5"リムーバブルケースはこちら
3.5"リムーバブルケースはこちら
SASカード(9211-8i)はこちら

多ポートSATAに、そう選択肢は多くない。
 ・Marvellチップを積んだSATAカード
 ・サーバ用のSASカードでSATAを引き出す

Marvellチップは、OSなどの相性が厳しいことと
vmware ESXiなどでそのまま使えなかったりするので
今回はサーバ用のSASカード。
なおかつ、一番鉄板のLSI logicから9211-8iを選択。

なお個人輸入するなら、1万円程度で入手は可能
(保証やサポートはNGの可能性がある。
 初期不良も厳しいと思うのでオススメはしない)



設置してみたところ。
SFF-8087 to SATA のケーブル(水色の線)は適当に入手したもの。
70cmだとちょっと長すぎたので、40cm程度を買うべきだった。
20140906_sha6.jpg


【IT Firmware化】
9211-8iは、本来ハードウェアRAIDが使えるのだが
今回は単純にSATAのインタフェースとして使いたいので
IT Firmwareに書き換える。

sas2flashというアプリで書き換えるのだが
Windows上からだとうまく動かなかった。
その他、DOS版もあるのだが面倒。

マザーはASUS Z97-Aで、UEFI。
UEFIシェルが起動出きるので、そちらで書き換える。

必要な物:
 ・LSI 9211-8i IT Firmware および BIOS
  →「9211-8i_Package_P19_IR_IT_Firmware_BIOS_for_MSDOS_Windows」に同梱
 ・UEFI版 sas2flash (sas2flash.efi)
  →「Installer_P19_UEFI」に同梱
 ・UEFIシェル
  →sourceforgeで拾ってくる
  
 上の2つはLSIのサポートページから。
 UEFI Shellについては「IA32」「x64」、またそれぞれ「v1」「v2」で合計4種類ある。
 なにげにArchLinux Wikiに入手先の直リンクが。

 ちなみにv2ならいいというわけではない。
 私のマザー(ASUS Z97-A)は2014年の新しいマザーだが
 UEFI Shellはv1でないと動作しなかった。


【実際の書き換え手順】
 ・USBメモリをFAT32でフォーマット(NTFSはNGの場合あり)
 ・USBメモリにUEFI Shell本体をコピー
  (/efi/boot/shellx64.efi としてコピーしておくのが良い)
 ・USBメモリに、IT Firmware と BIOS 、さらにsas2flash.efi を配置しておく。
  (3つは同じフォルダに置いておく)

 ・PCからすべてのHDD / SSDを取り外す(重要)
 ・マザーのUEFI(BIOS)画面から、UEFI Shellを起動できる。

 efi shellは、MS-DOSとLinuxの折衷みたいなコマンドプロンプトなのだけど

 ・まずドライブ選択 「fs0:」と入力。
  (HDD/SSDをひとつでもつないでいたらfs0:でいけるか怪しい

 ・sas2flashの置いてあるディレクトリに移動。
  cd /(ディレクトリパス)

 ・ディレクトリの中身は、linux的に 「ls」 で確認
  (IT Firmware / BIOS / sas2flash.efi の3ファイルがあることをチェックする)

 ・sas2flashを起動。まず動作確認
  sas2flash.efi -list

 ・9211-8iが見つかれば、まずフラッシュロムをクリア。
  ここからは電源落ちたらカードが即死しますので注意
  sas2flash.efi -o -e 6

 ・IT Firmware と BIOS を書き込み
  sas2flash.efi -o -f 2118it.bin -b mptsas2.rom

 ・ファームが書き換わってるか確認したら終わり。
  sas2flash.efi -list


 呪文を覚えるだけだと、ミスする可能性があるので
 できるだけsas2flashのマニュアル(PDF)を読んで、意味を理解してからの方がよい。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/388-1d5d1bf7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫