スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

vmware ESXi 5.5 / XenServer 6.2 / Ubuntu 14.04 Server 仮想化比較

 2014-08-29
自宅サーバにしているThinkpad T61pが6年を経ていい加減くたびれているので
サーバのリプレースを敢行。
HW的にはHaswell Reflesh Core i7-4790Sをベースに、数年ぶりに自作したが
これは別記事にするとして
今回はハイパーバイザによる仮想化を行おうと思っているので
ちょっと色々比較したメモ。

ちなみに個人宅レベルなので、複数ホストだのライブマイグレーションだのは対象外。

【XenServer 6.2】
Good : オープンソース化されているので、基本無料で使える
Good : 運用は比較的簡単。
Bad : Linux Kernel 2.6ベースで少し古い。
Bad : 標準で未対応のデバイスを使う場合、ドライバ導入が少し面倒
Bad : 無償で使う場合、アップデートが面倒。
Bad : Web経由で管理する場合、専用アプライアンスVMを入れる必要あり(メモリ喰う)
Bad : Linux仮想マシンは基本が準仮想化になるためか、最新ディストリは手を加えないとブートできない
Bad : ハードウェア温度モニタ等が出来ない(基本CentOSなので入れればいいだけだが、手軽さが失われる)


【vmware ESXi 5.5】
Good : 運用がめっちゃ簡単。XenServerより楽に思う。
Good : USBメモリに入れることが出来る
Good : さすがvmware、web上に情報がやたら豊富
Good : アップデートはISOでまるごと入れ直すという原始的手法が一番手軽
Bad : 未対応デバイスへの対応はもっとも面倒くさい
Bad : 無償版だと、Windowsマシンからのコントロールしか受け付けない
Bad : 無償版だと最新機能が使えない(2TB超HDDとか。まぁPCIパススルーすればいいのだけど)
Bad : IPMI対応のハードウェア(大抵は、HPや富士通のサーバ機)でないと温度が取れない


【ubuntu server 14.04 LTS】
Good : Linuxに慣れていれば、未知の部分はまったくない
Good : Kernelが非常に新しいので、デバイス対応やSSD対応は圧倒的に良い
Good : アップデートは半自動、手動でもむちゃくちゃ手軽
Good : WEB経由のコントロールも、ゲストVM入れなくて良い(webvirtmgrでも放り込めばok)
Good : 温度だろうがHDD容量だろうが好きに取れる。webで確認するのもlinux分かっていれば手軽
Bad : 基本、汎用OSなので「再構築時に同じ設定を復活させる」手間は一番面倒。システムを汚してしまいがち
Bad : アップデート頻度がちょっと高すぎる。ハイパーバイザとしては無停止運用がしづらい


手軽さでvmware ESXi
機能性でubuntu server 14.04 LTS
といったところか。

さてどっちを選ぶか。
Debian / Ubuntu系は10年ぐらいメインにしてるので一番確実だが
あんまり自分のスキルが増えないしなぁ。
しかし温度監視がOKになるというのは大きい。

もう少し悩むことにしよう・・・・現行サーバはもう少し頑張ってもらうとして。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/383-22d02cad

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。