スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Thinkpad X120e(0596-2RU)その2

 2011-05-16
Thinkpad X120e(0596-2RU)の輸入経過
Thinkpad Edge 11(0328CTO) と X120e(05962RU)
Thinkpad X120e(0596-2RU)その1
Thinkpad X120e(0596-2RU)その2
ubuntu 11.04 on Thinkpad X120e


Thinkpad X120e、ベンチと実際の使用感について。
ちなみにintel X25-M(G2)SSD 120GBに入れ替えた。



【ベンチ数字】
エクスペリエンスインデックス。やっぱりCPU遅い。そしてGPU速い。
20110516_x120e_ExperienceIndex.jpg

CrystalMark2004R3。OpenGL超速い。
SSDも異常に速くて楽しい
20110516_x120e_CrystalMark2004R3.jpg

CrystalDiskMark。AMDシステムでもintel製SSDがバッチリ動作。
20110516_x120e_CrystalDiskMark_SSD.jpg




【全体的なパフォーマンス】
ウィンドウスエクスペリエンス CPU値。
3.3 Atom D510 (XS35GT)
3.4 AMD E-350 (Thinkpad X120e)
3.9 Celeron SU2300 (VR46-H22B)
4.7 i3-380UM (Thinkpad Edge 11)

20110516_WindowsExperienceIndex_CPU.png


 ・ちまたで「Celeron SU2300同等」といわれているが嘘。
 ・E-350のCPUは実質Atom機と同等レベル。
 ・実際の体感もAtomクラス。
 ・少し重い処理をするとCPUが即100%に張り付き、他の作業が出来なくなる
 ・いろいろな反応速度が重い

 ・Atom機種によくある「重いパターン」がAMD E-350でも出てくる
 ・Windows7起動時、ガジェットが出てくるのが非常に遅い
 ・ウィルススキャン中はフォルダを開くのすら重くなる。SSDなのにHDDかと思うぐらい。
 ・しかも、フォルダクリック時の効果音がワンテンポ遅れて鳴る(Atom機でよくある)
 ・Windows Updateでちょっと重い.NETのアップデート等が掛かると、かなり時間が掛かる
 ・大量のファイル削除での遅さが明らかにAtomクラス
 ・lenovo省電力マネージャーが起動するまでのレスポンスが非常に遅い

 ・ちょっと重いページを開くだけでも時間が掛かる
 ・SVG女子のフレームレートがフルレート出ない。ie9はもちろん、より速いchromeでさえ。
 ・Windows標準アプリの「ペイント」を開くだけでも、よく見るとほんの一瞬時間が掛かるのがわかる。


 ・上記は、基本的にSU2300だとあまり問題にならない。
 ・i3-380UMは言うまでもなく、軽々処理する。
 ・ちなみに、4gamerの記事でもこの点は触れられている
  (4gamerは商業メディアゆえ表現が婉曲的だが)

 ・遅い理由はわからないが、過去の例だとこういう物はある
 ・Atomと同じように、I/O周りが細くてボトルネックになる(CPU単体は速いのでベンチだけが速い)?
 ・Pentium4と同じように、パイプラインストールが起きやすい構造(これもベンチだけ速い)?
 ・メモリインタフェースが遅い(これも以下略)?


ともかくAtomとレベルが近いため
デュアルコアであっても「複数処理させる事が殆ど出来ない」のは結構つらい。
webの閲覧ですら完全に快適とは言えないし、
裏でWindows Update走ってると苦痛。
まじめに、Atom機のつもりで運用する必要がある。

なおEdge 11のi3-380UMは、Core2Duo 2GHzより少し遅い程度のパワーなので
このあたりのパフォーマンスには全く問題はない。


【動画再生】
 ・再生支援が効くケースでは、非常に優秀。1080p動画も余裕。
 ・ATi RAGE以来の、動画画質は守られている。
 ・よって相変わらずintelより遙かに優れた画質
 ・支援が効いているときの、負荷レベルはintelと変わらない。
 ・支援が効かないと結構みじめになるので注意

 ・Windows Media Playerにおけるmp4ファイル等の再生は全く問題ない
 ・Youtubeは、1080p動画がかなり厳しい(例:We Are the World For Haitiとか)
 ・どう見ても支援効いてないので、単にドライバとFlashプラグインの熟成待ちかもしれず
 ・ニコニコ動画は、そもそも再生支援できないファイル(「止めても動く」系のFLV)は悲惨。
 ・それ以外のニコニコ動画は全く問題ない

 ・Edge11(i3-380UM)はCPUパワーでごり押し可能なため、支援できない時もあまり問題ない


【ゲーム】
 ・minecraftの為に買ったようなものなので、それだけ記載
 ・Smooth Rendering ON / Distance Far / Quality Fancy / AdvancedOpenGL Offで17fps前後
 ・AdvancedOpenGL Offで24fps前後
 ・Edge 11 (i3-380UM)は2-3fps
 ・全体的にかなり優秀な廉価Minecraftマシン

 ・ただし、CPUが遅いため下記の問題もある
 ・遠くまで描画するのには非常に時間が掛かる
 ・フル画面モード切替(F11)時、暴走したかと思うほど停止する(20秒ぐらい)、
 ・AdvancedOpenGL(これはCPUを食ってGPUの負荷を減らす)で遅くなる


x120eとMinecraftについては、「しましまとでんせつ」というページにも言及がある。
余談としてThinkpad W520だと1920x1080で90fpsとか出るし
デスクトップのGeForce 560Ti等なら400fpsオーバーする。


【消費電力】
 ・アイドル10W、フルパワー20W程度。Edge11と近い。
 ・ただしEdge11は6セルで4.5時間のところが、X120eは5時間持つ
 ・ちょっとだけi3(Arrandale)より効率がいいようだ。ちょっとだけね。


【全体的に】
CPU + GPUの総合能力で言えば
Atom + IONマシンと同じと言っていい。
手持ちで言えば、Ideapad S12 IONXS35GTと同じ。
Ideapadの方はシングルコアなので、
実際はXS35GTが殆ど同じレベルと言っていいだろう。

なお、「GPUパワーがあれば、CPUの非力を補えるのがWindows7」
・・・・とかいう意見もあるが
実際は一部しか補えない。
web閲覧ですら、そもそもページレンダリングの構文解析はCPUの仕事なのだから
誤魔化せないケースの方がずっと多い。


【Edge 11 (380UM)とどっちがお勧めか】
 ・3Dゲームと、動画再生の「品質」を重視する場合はX120e(E-350)
 ・それ以外のすべての用途で、Edge11(i3-380UM)
 ・web閲覧、MS-Office、iTunes、その他諸々、一発でわかる位の差は出る。


11インチi3マシンの価格帯は、日本円で5万円~6万円前後なので
AMD E-350マシンは、4万円ジャストぐらいが妥当な価格と思う。
その点では、同じLenovoのIdeapad S205やG475は妥当な価格帯であり
hp dm1-3000やDELL M102zは少し高い。VAIOやFMVは非常に高い。と思う。
x120eは「トラックポイントと堅牢性」で5000円上乗せして、4.5万円ぐらいが妥当か。




余談だが、X121eが夏頃に日本で発売されるという情報が、
lenovoのブロガー向けイベントで流れたらしい。
基本的に性能は殆ど変わらない(AMD E-450)はずなので
どうしてもX120eが欲しいなら、X121eを待った方がよいと思う。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/347-d5a62b44

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。