Shuttle XS35GT その3(冷却ファン取付)

 2011-02-18
Shuttle XS35GT + WD7500BPVT
Shuttle XS35GT + WD7500BPVT その2
・・・・の続き。

とりあえず運用しているが、XS35GTはファンレスなので熱、というか温度がなかなか怖い。
20110130_XS35GT_Temperature.jpg
外気温10度で、CPUが軽く45度を超える。
ということは真夏の室内だと、外気温40度 / CPU温度75度とかあり得る。
CPUはこの程度なら問題ない(100度ぐらいまで耐える)けれど、
HDDが熱に当てられてやばい領域に入りかねない



というわけで、12cm冷却ファンをつけてみた。
手持ちのファンは下記、ENERMAX UCEV12。

・USB駆動するため、USB-3pinファン端子ケーブルを自作
・当たり前だが駆動電圧が12V→5Vに落ちて回転数がすごく減る
・さらにUCEV12は無駄に温度計がついていて、低温だとさらに勝手に回転数が落ちる

実際回してみたら、全く音が聞こえない。
耳を10cmまで近づけて、やっと聞こえるレベルで超絶静音ファンになった(笑)




というわけでXS35GTに取り付け。
当然だが、CPUヒートシンク面にダイレクトに風が当たるように
細心の注意を払って取り付け位置を決めねばならない。
当然、指を入れない&ホコリを防ぐための、防塵ファンガードも必須。


そして、下記のように素晴らしい取り付けが実現した。
20110218_XS35GT_FAN.jpg
よぉ~し かっこ悪いぞぉ~




さらに、UCEV12は無駄にブルーLEDがついているので
おもむろに点灯させてみる。
20110218_XS35GT_FAN_LED.jpg
よぉ~し 最高に頭悪そうだぞぉ~


まぁ、いつもはTVの裏において見えなくなるので、
取り付けが阿呆でも全く問題はないし
LEDは消しておけばよい・・・






で、肝心の発熱(温度)がどうなるかというと
20110218_XS35GT_TEMP.jpg
外気温7度 / CPU9度
高負荷時でも18度程度。
こんな僅かな風量ですら、激冷え。これで夏も怖くない。

当たり前だが汎用品のファンなので、寿命が来てもすぐ交換可能。
最初からファン装備されているより、このほうが便利と思う
(マジでかっこわるいけれど)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
初めまして!
XS35GTを購入しようと調べていてお邪魔しました~

私も店頭で見てファンレスに引かれたのですが、
ブログを拝見するとやはり何か足したほうがよさそうですね…
できればギガビットイーサの次期モデルまで待ちたいのですが…悩ましいです。
(ハンダ付けレベルの改造はちょっと無理っぽいので)

ちなみに、XP導入を考えているのですが、7での体感速度はどうですか?
軽いならもはや7かなとも思っているのですが、
もし教えていただけたらうれしいです。

失礼しました~
【2011/04/28 23:36】 | まるたけ #- | [edit]
ほんとAMD E-350で出し直してくれると理想的なんですけどねぇ。
でも多分、その場合はfit-pc3を買うほうがいいと思ってます。あっちはeSATAまでついてます。

ちなみに体感速度については、別に問題はないと思いますよー
Atomなりのモッサリ感覚はもちろんありますが、
7だから遅いってことはないです(GPU支援が使えてるからですね)。
【2011/05/02 02:53】 | HaioH #- | [edit]
AMD Fusion 版でましたね。チト高いケド

ILONG EB-8050
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110917/etc_ilong.html?ref=rss

HDD付けなくていいから、値段下げてくれないかなー(願)

このCPUフィンに、HaioHさんみたいな方法で12cmファン付けたらすごく冷えそう。
(フタ閉まらないが・・・)
で、いろいろ物色してたらこんなの見つけました。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110827/ni_css120.html

ケースファン用の3ピンコネクタ使わなければ、なんかイケそう。
ポチるかどうか、迷い中。
【2011/09/29 07:45】 | 静音マニア #/3Yh8su6 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/335-9aa50169

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫