Shuttle XS35GT + WD7500BPVT その2

 2011-01-30
前回の続き、Shuttle XS35GT。

Windows7(x86) インストール中。
USBメモリ経由。
20110130_XS35GT_Installing.jpg


【ドライバインストールについて】
Windows7の初期状態ではLANポートを認識しないため、
添付のDVD-ROMからドライバ群を持ってくるか
別のマシンでUSBメモリに入れて持ってくる必要がある。

最近そんなことがなかった(大抵LANは生きていた)ので
ちょっと面倒。
JMicronのLANチップ使ってるらしいので仕方がないのだが
ここは素直にRealtekかintelを積んで欲しかった。
無線LANはRealtekを積んでいるのだが・・・


というわけでドライバ組み込み完了。
組み込み前の消費電力は22-23Wだったが
組み込み後は18Wになった


【各種速度】

有線LANについてはJMicronサイトから最新ドライバを落としてきたところ
sambaサーバとのファイルコピーで11-12MB/sec、つまり90Mbps以上出ているので
ほぼ限界速度。

無線LANについては11nとはいえ150Mbpsまで(アンテナ1本しか内蔵してない)。
同様にファイルコピーで5.8MB/sec、つまり45Mbps程度出ているので
これも実質的には限界速度と思う。


Windowsエクスペリエンスインデックス。
20110130_XS35GT_Windows7ExpIndex.jpg


CrystalDiskMark。WD7500BPVTの速度はちゃんと出てる。
20110130_XS35GT_WD7500BPVT_CrystalDiskMark.jpg


HD動画(1080p)再生。
IONの再生支援パワーが相当効いており、
CPU使用率は10-20%で推移する。
ほかの作業を同時に行ってもコマ落ちしないので
ほぼ完全にIONに処理させているようだ。
20110130_XS35GT_Mediaplayer_1080p.jpg


YoutubeのHD動画(1080p)再生。
これもIONの支援が効いておりCPU使用率は低く保たれるのだが
キャプション等で割り込みが入ると、とたんにカクカクになる
おそらくIONの再生支援があまり効かなくなってしまうようだが・・・・
ちなみにフル画面にしなければ問題ないレベル。


また、この記事を書いている最中も非常に重くなり困ったが
これはAtomのせいではなくIE8が遅いのが原因で
i7-Quadマシンでも程度の差はあれ似たような傾向になる。
というわけで、
Google Chromeを入れて編集を続けたら相当快適になった。


温度計測。
気温10度前後のときにCPUが45度になるということは
真夏の40度の時は相当厳しいかもしれない。
HDDも50度を越えてくるかもしれず、若干悩ましいところ。
20110130_XS35GT_Temperature.jpg


【総合的に】
ファンレスで騒音はゼロというのが大きい。
通常の作業もほとんど引っ掛かりは感じないので
かなり快適に使える。
ただし動画再生については、GPU再生支援が効かないケースにおいて
やはりAtomなりのパワーになってしまう点は注意。


しかし、やっぱりGigabit Ethernetは欲しいし、eSATAも欲しい。
今年はintelも新しいAtomでもっと省電力なものが出てくるだろうし
AMDもFUSIONで同様の事になってる。

ぶっちゃけ半年待てば上記の希望を満たす機械が出てくるんだけどね!
2万円と非常に安いので良しとしましょう。


【おまけ】
miniPCI Express経由でGbE搭載してる人が居る。
ちなみに個人輸入ならGbE x 2もあるし
eSATA x 2 というのもある。
光学ドライブのフロントパネル部分を加工すれば、
そこそこ使えると思われる

国内購入先は下記、minipc.jp。
http://www.minipc.jp/shop/131.html


・・・最後はGbE x 2でpfsenseでもぶち込みつつ、ルーターにするかなぁ。
その3(冷却ファン取付)に続く。

Shuttle XS35GT + WD7500BPVT
Shuttle XS35GT + WD7500BPVT その2
Shuttle XS35GT その3(冷却ファン取付)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/330-0ef22c64

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫