Shuttle XS35GT + WD7500BPVT

 2011-01-30
去年組んだXeon L3426マシンは実にパワフルな上に静かなのだが
24時間稼働させていると流石に気になる。
消費電力が60Wというのもちょっと気にくわない。

というわけでファンレスマシン、XS35GTを買ってきた。
Atom D510(1.6GHz 2コア)+nVidia IONな構成。
eSATAがないとか、イーサネットが今時100Mbpsとか
いろいろ問題はあるが、、、ファンレスの前には霞んだ。
さらに一緒に2.5インチ750GB-HDD (WD7500BPVT) もゲット。
Thinkpad W510に入れてるので実は2台目・・・・
Shuttle XS35GT【02P26Jan11】

Shuttle XS35GT【02P26Jan11】
価格:20,044円(税込、送料込)

Western Digital WD7500BPVT ★ハードディスク / HDD (2.5インチ) ☆ WD Scorpio Blueシリーズ ...

Western Digital WD7500BPVT HDD (2.5インチ)
価格:7,244円(税込、送料別)


この機種はCPUが組み込まれているので、
・XG35GT本体
・2.5インチHDD(SSDでもいいけれど)
・DDR2 SO-DIMMメモリ1枚(2枚は入らないのだ!)
だけで完成する。


ちなみにファンありなら、同じ構成でeSATAとギガビットイーサになった
ZOTAC ZBOX HD-ID11というのがある。ファンがあるから買わなかったが。




【組み立て】


箱。まあ普通。
20110130_XS35GT_Box.jpg


中身一覧。謎の金属パーツが・・・
ACアダプタが異常に小さくて笑う
普通のノートより小さいという驚異。
19V2.1A = 40Wアダプタだからこんなもんか。
20110130_XS35GT_Content.jpg


あと本体に保護シートが貼り付けてあるが
ファンレスだからはがさないとやばそう。
後日売り飛ばす時にはついてた方がいいのだけど、仕方ない。



本体はネジ1本で両サイドが外れ、中にアクセスできる。
CPUサイド。miniPCI Expressカードスロットが見える
(Realtekの無線LANカードが最初から装着済)。
20110130_XS35GT_CPUSIDE.jpg


逆サイド。光学ドライブをここにセットする。
別にスリムドライブ用のHDDトレイを入れても良い(当然持ってます)
20110130_XS35GT_ODDSIDE.jpg



HDDとメモリをセットしたところ。
HDDは今時ネジ止め。
しかもトレイにネジ止めしてから、トレイ自体をネジ止めするという。
標準ドライバーと精密ドライバー両方必要とするのはNG
というか、今時はネジなしで固定できるようにするべきだろうと思うが・・・・
20110130_XS35GT_SETON.jpg


ちなみにUSBメモリでOSインストールするので
光学ドライブは入れなかった・・・というわけで
台座をつけてみた。
去年組んだXeonマシンも小さいのだが
こいつはさらに小さい。というか外付けDVDドライブにしか見えない。
20110130_XS35GT_View.jpg



というわけでここからOSインストールなのだが
長くなるので続く。
Shuttle XS35GT + WD7500BPVT その2
Shuttle XS35GT その3(冷却ファン取付)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/329-dda4212a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫