Marvel 88SE9123 on Ubuntu10.04 動作せず

 2011-01-04
今回LVMのHDD入れ替えを行ったシステムは、
2年前に組んだポートマルチプライヤのeSATAで駆動している。
I/Fが搭載しているのはSilicon Imageの Sil3132 なので、今で言うと下記カード。


で、このチップで検索すると「Sil3132遅いよ伝説」というページが最初に引っかかる。
SATA2のくせにMax 140MB/secしかでないらしいので
実際にLVMの物理エクステント移動で確かめてみた。
20110104_sil3132_ubuntu1004.jpg

読み書き合計150MiB/secなので、本当らしい。
2台のHDDはそれぞれ別のポートに繋いだ上で、
pvmoveは基本的にシーケンシャルリード・ライトのはずで
1TB以上のHDD x 2で実行してるなら220MiB/secぐらい出てもおかしくはない。
というわけでホントに遅かったので、新しいチップを搭載してるカードを探してみた。
Marvell 88SE9123 搭載品を発見。
このページによればSil3132よりは高速の様子。


手持ちの Sil3132搭載カード(SATA-EC300)と並べてみた。
20110104_sil3132_Marvel88SE9123.jpg


で、Ubuntu 10.04(LTS)に繋いでみたところ、
ちょっと妙な挙動はしたがドライブは認識できた。
しかしpvmoveしてみたところ、20MiB/secもでない。
やばいので即中止して、
ファイルコピーのテストをしてみたところすぐにドライブがロック、エラーになった。


ちょっと調べたところ、
Ubuntu 10.10で Marvel 88SE9123 の挙動に問題がある様子。
10.04(LTS)でも同様の可能性はある。
[Ubuntu] Marvell 9123 support, SATA drives lockup

いくら速そうでも、まともに使えないのでは仕方がないので
遅くてもlinuxで安定してるよSil3132ということで、
リプレースは諦めた。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/325-b7a90e97

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫