スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

iPhone4(OS4.2.1) vs Desire(android2.2 Froyo) 実用比較

 2010-12-29
iPhoneの発売以来、3G→3GS→4とずっと使ってきたが
やっぱりandroidマシンも使ってみないと!ということで
hTc Desire / X06HT をゲットし、使ってみた比較。
ありがちな、どっちかしか使ったことない人の比較とか、スペックや伝聞の比較ではなく
実際の使用でiPhoneとandroidのどっちが良いかを比較してみた

ちなみに2年前には、
iPhone 3G vs X02NK(Symbian) vs Willcom 03(WindowsMobile)をやったが
結局iPhone以外は市場から駆逐されてしまったね!
20101228_desire_iPhone4.jpg



とりあえず簡単な比較。




 iPhone 4 
 (iOS 4.2.1) 
 hTc Desire 
 (Android 2.2 Froyo) 
 アプリ用メモリ 

 16 or 32GB  512MB(一応増設可) 
 ホーム画面 

 アプリアイコンのみ  ウィジェットも使用可能 
 アプリ間連携 

 基本的に不可  可能 
 FLASH表示 

 基本NG  できるが重い! 
 文字入力しやすさ 

 良  一部悪 
 文字変換精度 

 並  良(一部のIME) 
 音楽再生 

 最強iPod  いまいち 
 アプリ充実度 

 量多・品質高  量多・品質低 
 メール・予定表統合 

 完全統合  google以外は手抜き 
 PC必須か 

 絶対必須  一切不要 
 自由度 

 低めだが不満なし  高めだがグチャグチャ 
 バッテリー 

 1日持つ  一日持たない!! 



以下、詳しく比較。

【メモリについて】
Desireがやけに少なく、
iPhoneのように大量にアプリを入れるのは厳しい。
が、アプリを多少選べば問題ないし、
今後はSDカード側に入るアプリも増えてくると予測される。
加えて最近出るandroid搭載機は
ちゃんと内蔵メモリ16GB等あるので、
2011年以降の機種ならどちらも「問題なし」になると思われる。



【全体的な操作性について】
iPhoneは「ボタンがひとつ」。
androidは「ボタンが4つ」。
多い方が良いのかというと、さにあらず。
iPhoneは、
全てのアプリで操作方法が完璧に統一。
androidは、
アプリごとに結構違う操作方法で
確実に覚えづらくて泣ける

また、基本的なメニュー構造(アプリの管理等)についても、
iPhoneはホーム画面だけですべて行うが
androidは別途「アプリ一覧」があり、
さらにアプリの削除も別のモードを使わねばならない。
WindowsやMacだとそれが普通だが、
はっきり言ってandroidはわかりづらい

文字入力操作性については、どちらもフリックが使える
(androidはIMEを入れ替えることで対応)。
変換精度は正直似たようなもので、
WindowsXPのIMEレベル。
今時のパソコンのレベルからはほど遠い・
・・・androidにはATOKもあるけれど。
それよりandroidは英字フルキーボードのサイズが小さすぎて死ねる
マジで入力しづらい。
結局、フリックで英字を打つことを強制されてしまうのだった。

全体的に、iPhoneは
誰でも使えることを究極まで突き詰めてあり、
androidは自由度の代償として、
ヲタク的・技術者偏向な使いづらさが各所にある。
つっても一度慣れてしまえばandroidでも全然問題ないけどね!
iPhoneは10分で慣れる、
androidは2時間で慣れる。
そのぐらいの違い。



【ホーム画面とバッテリーの持ちについて】
iPhoneは、アプリのアイコンが並ぶだけ。
androidは、アプリのアイコン+ウィジェットがおけて
ついでに全体のデザインも「アプリ」扱いで
丸ごと入れ替えられる。

androidウィジェットはなかなか楽しくて、
メールが読めたりtwitterが読めたり予定表が読めたり天気予報が見れたり
Wi-Fi切り替えられたり時計が動いてたり初音ミクがしゃべってたり
それらがアニメーションして楽しくなっちゃったりする。

すごいなーandroid!iPhoneダメじゃん!
というとさにあらず。
ウィジェット動きまくるということは
その分バッテリーが減りまくることになる。
ついでに、予定表が見れても
実際に書き込んだり操作する時は
結局そこからアプリ起動する事が多いという
じゃあ単なるアイコンでいいじゃん!

余計なことをしないiPhoneの方が
「まともに使う」という点では遙かに優れており
デザインが完全に統一されているのも同様の観点で優れている。
まぁでも、これは好みの問題かな



【アプリの充実度】
2010年12月でiPhoneは40万本、androidは10万本。
正直ここまでくると、本数の差は大して意味がないのだけれど
iPhoneのアプリは概して高品質で、
androidは本気でガラクタが多い

ついでにいうとandroidはアプリが超絶に探しづらい。
ガラクタアプリの山に埋もれてるからね!

一例として、Google Readerを使うRSSニュースリーダーアプリ。
iPhoneには
「完全にオフラインで閲覧できるよう、参照先WEBごと事前キャッシュするアプリ」
がある。androidには未だ存在していない。
・・・・・地下鉄通勤の多い大都市部の人間は、
朝の通勤でニュースが読めるiPhone、読めないandroid
という差になって現れるのだ。

ちなみに利用者にとってはiPhoneの方が圧倒的に良いわけだが
プログラマにとっては逆らしい。
これは、iPhoneの場合は審査が超絶に厳しいので、
「しっかりしたアプリしか認めてもらえない」ため。
つまり、業務でなければ苦行になってしまうのだった・・・・
androidは自由なので、造ることの楽しみがいっぱいある。

ついでにいえばandroidは自由なので
法的にグレーなアプリも山ほどある
何がとは言わないけれど。



【メール・予定表の統合】
2つほど比較点があり
「どれだけのアカウントを複数同時に扱えるのか」
「複数のアカウントを一つのアプリで統合できるか」

まず、複数同時に使えるのかについて。
iPhoneについては、gmail、Exchange、通常のメールが全て「複数」使える。
もちろん、gmailとExchangeは予定表と連絡先も含むし
特にExchangeが複数扱えるというのは大きい。

androidはgmailと通常のメールは複数使えるが、Exchangeが一つしか使えない!
Exchangeは大企業なら普通に導入されていることも多いし
グループ企業兼務で複数のExchangeアカウントを持っていることも珍しくない。
このため大企業の人間がandroidを使うのは本気でNGの場合がある。

次に統合具合について。
基本的にはどちらも統合出来るが、
iPhoneは、何も考えなくても
全てのアカウントのメールが1つのメールアプリで統合される。
androidは、標準メールアプリにgmailアカウントを別途で入力しないと、
gmailだけ別アプリになる。

こんなの、普通気がつかないよ!
ついでに言えば、iPhoneは
「全てのアカウントのメールを、1つのアカウントのように連続して読める」
という画面があるが、androidにはそういう便利機能はついてない。

なおiPhoneもandroidも、SMS/MMSは上記と別アプリ扱いで、
予定表や連絡先は勝手に統合してくれる。

メール統合とExchange周りがヘボなのは、android(2.2)の致命的な欠点
ヲタクの人は問題ないけれど、
普通の人はgmailと通常メールが別アプリになって驚くだろうし
大規模法人はExchangeが複数使えないと苦しい場合があり得る。
とはいえiPhoneも以前はExchangeが1つしか使えなかったわけで
そのうちandroidも対応してくるとは思われる。



【音楽機能】
比較するまでもなくiPhoneの圧勝で、
androidのあらゆるアプリよりも遙かに高次元。
しかし問題は、
iPhoneは、iTunesで音楽を管理してないとダメ」という事で
androidは、別にそういう管理をしてなくても平気で使えるし
特にヲタクや偏向的な技術者、iTunesが偏屈的に嫌いという人、SONY信者、
などにはandroidがヨロシイ。
(androidも、iTunesから最低限の転送だけはできる)

冗談さておいて、古い人ほど
「音楽はHDDのフォルダ分けで管理してます」
というのが多いので
こういう場合はiPhoneで音楽を聴く前にiTunesで整理し直す苦行が待ってます。



【PC連携と機種乗り換え】
iPhoneは、PC(iTunes)がないとバックアップすら出来ず、OSの更新も出来ない。
つまりPCをある程度扱える必要がある
androidはPCなんて殆ど一切不要で、
自分でOSの更新も出来るしSDカードにバックアップも取れる。

だがしかし、iPhoneはiTunesでワンクリック完全管理されているが故に
新しいiPhoneを買ってきても、
「iTunesに繋ぐだけ」で100%完璧に環境が移行される

単にクリックを数回するだけで、
SMSすら含めて完璧に書き戻してくれるという驚異なのだった。
androidの場合は、そこまで手軽ではない。
100%完全ではないし、いくつもの操作(面倒だよ!)が発生する。

どっちが良いのかは微妙なところ。
PCの知識が必要なiPhone(その先は異常なレベルで完璧+簡便)をとるか
PC不要だけれど色々覚える必要のあるandroidをとるか。
どちらも、完全な素人が使うにはちょっと問題あるというところ。





【総合的に】
具体例で述べると

iPhoneじゃないとダメなのは
「実用性が重要」「ちゃんと統一感がないとダメ」「アプリをまともに使いたい」
「Exchangeを使う」「電池がある程度持たないと困る」
「キャバ嬢に受けたい」「iPhone持ってないと恥ずかしい業界」「禿ラブ」「Appleサイコー」

androidじゃないとダメなのは
「楽しさが実用性より優先」「アマチュアプログラマ」「悪いアプリを使いたい」
「iTunesで音楽管理出来てない」「PCを持っていない」
「ゴミ山漁れるマゾ」「偏屈IT技術者」「自分が特別と思ってるヲタク」「禿嫌い」「Appleキモい」

#iPhone Jailbreakについてはニッチ過ぎるので考慮しません。


全体的には、いろんなところで言われているように
「自由度が若干低いが完全完璧な世界のiPhone」 対
「素人に使いづらいが自由な世界のandroid」。
とはいえ
「iPhoneは万人に自信をもって勧めるけど、androidでもまぁ・・・いいか」
というレベルまで来たし
iPhoneもandroidも、慣れればどっちも問題ない!
というのが2010年末時点の結論。

1年後はandroidがさらに急激に進化して、完全にiPhoneに追いついてるかも、、、、
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/323-bfcf9360

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。