スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

PCからワイヤレスオーディオ SX-2000U2編

 2009-03-08
前回の続き。実際にSX-2000U2を使ってオーディオをワイヤレスで飛ばしてみた。
といってもU2は有線LANなので、とりあえずAirMac Expressを併用して
ワイヤレス化してみたのが下記の写真。
20090308113.jpg
USBDAC兼ヘッドホンアンプはGo-Vibe Magnumをとりあえずセット。
AirMac Expressはブリッジモードにして既設のWi-Fiネットワークに参加させる。
あとAirMac ExpressのスタンドとしてGriffin AirBase。
更にその下にSX-2000U2を敷いた(笑)

参考までにGriffin Airbaseはまだここで買えます。

AirBase(輸入版)

Griffin
¥2,280-




Wi-Fiネットワークは802.11n、かつチャンネル固定。
この状態で、VAIO Type P でiTunesを使って再生。

音質は凄い。
当たり前だけどGo-Vibeの音がそのまま流れる。
もちろん伝送も無圧縮。

だけど音が数分に1度途切れてしまう
試しに、linuxサーバ上に構築してあるvmware仮想マシン(WinXP)からも再生してみると
これはもっと酷く、常に音が途切れ続けている。
それならと全て有線接続(しかも出来るだけギガビット)にして、
再生元をメインマシン(ThinkPad T61p / C2D 2.4GHz)にしてみたら
だいぶ改善された。まだ少し途切れる時は残るが・・・・

どうやらネットワークに依存しているようだ。
特にType Pの場合、無線LAN上に3つもデータストリームが流れる。
ストリーム1:サーバから曲ファイルを転送
ストリーム2:iTunes再生音声をルーターまで伝送
ストリーム3:更にそのデータをAirMacまで伝送

しかも2と3はアイソクロナスでなければならないので、
ちょっと厳しいのかもしれない。



ちょっと参った。うまくいったらSX-2000WGを買おうと思っていたのだが・・・・
というわけでもう一度Bluetoothを追求してみることにした。
というかもう試してる。下記の写真。
20090308116.jpg
Type P内蔵のBluetoothを殺して、わざわざ別のアダプタをつけた上に
そもそも写真に写ってるVGP-BRM1の音質があまり良くないのだけど。

音質対策用に検討編に書いたHWS-BTA2WAも買っちゃったし
次回はBluetoothで追求することにしましょう。

以上!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/269-1bd3d782

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。