PCからワイヤレスオーディオ 検討編

 2009-03-06
前回、Bluetoothの音質が厳しいと書いたが、やっぱり音質追求したいので
PCから無線(ワイヤレス)で音楽・オーディオを転送する手法について調べてみた。
結構ありますよ旦那。

#今回、業務用PAなどの製品は対象外

【1:Bluetooth】
利点:非常に手軽
利点:PC側に増設機器が要らない(最近の機種)
利点:ものによってはヘッドホンアンプも内蔵
利点:ものによってはヘッドホンそのもの!

欠点:音質が悪いことがある
欠点:PC側のソフトウェアに影響されすぎる


VGP-BRM1

SONY
¥8,918-


HWS-BTA2WA

SONY
¥6,520-


Ety8

Etymotic Research
¥27,900-

PCの音声出力を非可逆圧縮で再エンコードして、2.4GHz帯で飛ばす形式。
無茶苦茶手軽だし、安いし、携帯電話でも使えるし
普及率からみて今後のサポートも安心なのだけど
PCのBluetoothソフトウェア(スタック)による差が大きすぎる
再エンコードのビットレートなどが自由に指定出来ないため、
例えばVAIO Type PのBluetoothスタック(WIDCOMM/Broadcom)は非常に音質が悪い。
また、この修正も容易ではない。
ついでに言えば日本だけSCMS-Tという著作権保護機能があり
これは世界では異端のため、「海外製品が繋がらない」などのトラブルも絶えない。

本来が汎用規格なので仕方ないのだけれども。



【2:Rex-Link】
利点:音質が良い
利点:ドライバ導入が不要(OS標準ドライバ)

欠点:USBドングルが大きすぎる

REX-Link2

RATOC Systems.
¥14,582-

独自方式(でも2.4GHz)で伝送。非圧縮伝送なので音質は問題ない。
ついでに光デジタルアウトがついてるので、
DACなどを別に使えば音質も追求可能。大がかりになるので意味ないけど。
ドライバはOS標準のものを使うので、サポート面も心配ない。

ただしモバイル機で使うにはUSB送信機がでかすぎる
ぶっちゃけ使いづらい。



【3:GW-AP54DB】
利点:有線 or 無線LANで繋がる
利点:(多分だが)音質が良い

欠点:販売が終了している
欠点:今後のソフトウェアサポートが非常に不安

gw-ap54db.gif
GW-AP54DB
PLANEX
販売終了

無線LAN経由で音声を飛ばせるという、ナイスなデバイス。
もちろん非圧縮伝送。光デジタルアウトもある。
ちなみに標準状態では音の遅延がものすごい&Vistaで使えないらしいが
別のOEM製品のファームに入れ替えることで解決する模様。

しかし、もう手に入らない。オークションで買えばいいのだろうが・・・
それ以前に、新しいOSに対応してくれない可能性も高いので
将来性が非常に怪しい。



【4:AirMac Express】
利点:無駄にカッコイイ
利点:有線 or 無線LANで繋がる
利点:音質がいい

欠点:基本、iTunesでしか使えない
欠点:音の遅延がもの凄い


AirMac Express

Apple
¥11,480-

これも無線LANで非圧縮、光デジタルアウト付き。
Appleなので2~3年は確実にサポートされる。(5年となると怪しい)
音質も良く、iTunesで使うならドライバ導入も不要で安心。
iTunes以外で使う場合は、oAEP(フリーウェア)かAirfoil(シェアウェア)の導入が必要。
Vistaの場合はAirfoilしか使えないので注意。

しかし音が途切れる問題を解決する必要があり(無線LAN周り。チャンネル固定などをする)
解決したところで数秒も音が遅延するので使い物にならない
実はルーターが本来の用途で、プリンタやHDDまで繋がるので
コンセント直挿しと相まって、非常に便利なアイテムではある。
でも、ウチには強力なルーターがあるので、押入に行ってしまいましたとさ。



【5:USBデバイスサーバ】
利点:有線 or 無線LANで繋がる
利点:自由にUSBオーディオデバイスが選べる!

欠点:公式に対応してはいない(WG+除く)

SX-2000U2

silex
¥12,761-


SX-2000WG

silex
¥14,538-

SX-2000WG+
silex
¥17,640-

これはオーディオ機器ではなく、USB機器類をLAN経由で繋ぐ為の機器。
ということは好きなUSBオーディオデバイスが使えてしまうわけで
音質とミニマム性を両立する最終兵器といってもいいと思う。
WG系統は無線LAN内蔵なので、更にお手軽に使える。
ついでに言えば、silexは結構長いことこのシリーズをやっていて、
COREGA等にOEMもしているので、サポートもまずまず安心と思える。

ちなみに使えるのは「USB1.1接続のオーディオデバイス」なので注意。
といってもDAW系以外は全部1.1だから問題ないけれど。
また、「公式にUSBオーディオ対応しているのはWG+だけ」という点については
SX-2000U2でちゃんと使えてしまった。
(WG+は内蔵バッファメモリが多いらしいという噂がある、真偽不明)

なお同様の機器はCenturyなどが出してはいるが
オーディオを音切れ・遅延無く再生可能なものは大変少ないようで
web上ではこの製品とBELKINの製品だけしか実績がない。
なおかつBELKINは輸入でしかもう手に入らない(=ソフトウェアが更新されないかも)ので
実質的にsilex製品しか選択肢はないと思われる。




というわけで、取り急ぎsilexを有線バージョンから買ってみましたよ・・・
むっちゃイケてます。次回はそれについて。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/267-53b06dae

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫