スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

AKG K271 mkII

 2009-02-13
密閉型の前回購入品KH-K1000も悪くないが、ちょっと不満もあるので
またAKGに手を出した。 K271mkII。

K271mkII

AKG
¥19,800-

K240Sと姉妹機なので同じ傾向かと思いきや、結構違った(後述)。

なお最近のAKGにしては珍しく、最初に高域が硬い。
30時間ほど慣らせば、ちゃんとAKGな高域になる。注意。

【先代Studio系との違い】
1)紺色になってちょっとカッコワルイ
2)エンブレムが平面シール。安っぽい
3)ヘッドバンドが少し厚みを増して柔らかい
4)標準ケーブル+カールコードも付属するので超幸せ
5)標準パッド+ベロアパッドも付属するので超幸せ

miniXLRでケーブル着脱出来るのは変わらず。便利。

【質感・装着感・音漏れ】
全体的にはシックな実用品ぽくて良い。
装着時以外はスイッチでミュートされる。業務用録音モニターとしては優れた機能。
K240S(開放型)より側圧が高いが、使い込めば変わるかも。
ベロアパッドにすると、側圧のせいで暑苦しくなる
(K701は逆に最高の感触なんだが)

音漏れ遮断はかなり性能が高い。側圧減ったらどうかな・・・


【周波数帯域・音の伸び】
高域はいつものAKG(繊細で伸びて刺さらない)。
しかしAKGファミリーでは若干線が太めな傾向。
中域が張り出し気味(ベロアにすると若干だけ改善)。
低域は結構弱め。但し締まりは密閉らしく、しっかりしている。


【分解能・解像度・混ざり方】
分解能はなかなか高い。中域が少し弱いが低域が優れている。
混ざり方は相変わらずAKG、上手く混ざる。
ただAKG軍団内では、中域中心に纏まる雰囲気に感じる


【音場】
広い方だが、「L」「Center」「R」がハッキリ分離したような不思議な感覚。
加えて若干の残響感がある。
いかにも「ステレオです」という感じで、ナチュラルさ(*)は薄い。

(*)正確という意味ではないので重々注意。


【ジャンルの得手不得手】
大編成クラシックは少しだけ苦手っぽいが、他に不得手はなかった。
ちなみにピアノで特定の鍵が強調されることはないので、
妙なピークはない様子


【総論】
AKG軍団内だと特に中域が異色かなと思う。
ディストーションギターの音色がおもいっくそ違って、なんか国産っぽい。
あと低域が予想以上に弱くて笑った

でも全体的にはちゃんとAKG。





では、他機種比較。殆どAKG軍団です。
【比較:K240 Studio】
・高域はK240Sの方が大分細く、そして伸びる
・中域もK240Sの方が大分細い。
・低域はK240Sの方が相当量が多く、そしてボワつく。
・分解能は低域はダントツK271mkII、中高域はK240S
・音場はK240Sの方が凄く中心よりで狭い。
・籠もり感は密閉故にK271mkIIの方が当然ある
・全体的にかなり違う。K240Sの方がK701に近く感じる(中域が原因)
・聴き疲れはどちらもしにくい。K271mkIIの方が中域の籠もり圧で若干疲れる

【比較:K701】
・高域はK701の方が少し細い、というよりK271mkIIが太い。伸びはK701
・中域はK271mkIIが張り出してる。詰まり感あり
・低域はK701の方が少し締まりが緩いが、逆に自然な感じ
・分解能は当然K701の方がかなり上
・音場はどちらも広いが、K701の方がずっと自然で滑らか
・聴き疲れはもちろん開放のK701の方がいい
どんな曲でもK701の方が大抵は良い

・でもK701は生ピアノがなんだかサンプラーのシンセに聞こえるんだよな・・・。
・中域の違いが、逆にK271mkIIに有利に働いてしまった

【比較:K420】
・分解能だの高音だのは余り意味がないのでおいといて
K420の方がずっとソリッド、というかカタマリ感に溢れている。
・音場のカタマリ感、低域の強さ(K420の方が上)、中域バランスの良さが影響。
・繊細に聴くならK271mkII(つかK240Sの方がいい)。
・気持ち良くノリが出るのはK420

【比較:K181DJ】
・まぁ・・・低域大王だから・・・
・中域は意外にK181DJの方がおとなしい。
・高域はK181DJの方が更に太い(が伸びが少ない)
・ズンドコしたい人はK271mkII買うと全力で後悔します。

【比較:KH-K1000】
・高域はKH-K1000の方がシャリつく(通常基準では十分押さえ込まれてるが)
・中域はK271mkIIの方が張り出す。KH-K1000の方が若干自然。
・低域はKH-K1000の方が強く、ややボワ付く。
・分解能はK271mkIIの方が高い。
・音場はKH-K1000の方が滑らかだが、ボかしてる様にも感じる。
・装着感はK271mkIIの方がキツイが、KH-K1000はずり落ちそうなんで・・・
・籠もり感は似たようなもん。
・AKG、STAX、Etyの高域が好きな人限定でK271mkIIか。
・モニターとしてもK271mkIIの方がいいです。ボケないから。
・でも普通にリスニングするなら大抵はKH-K1000の方がいいと思う


といったところ。
ちなみにヘッドホン・イヤホンは結構処分して行っており
イヤホンだとER-4S、ヘッドホンだとSTAXが残存した。KH-K1000は思案中。
しかしAKGだけが(カナルを除いて)全部生き残ってる
やべーAKG教だこれ。早くK450買わないと(笑)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/263-d58f8856

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。