スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

SENNHEISER PX200

 2009-02-10
どうも普通のサイズの密閉型ヘッドホンには、私の欲しい世界がないので
ポータブルをもう少し漁ってみることにした。
(この前買ったAKG K420がかなり秀逸な出来だったのも影響している)

まずはSENNHEISER PX200。
既に1月のCESでHD228という後継機が発表されているので
今のうちにゲットしてみるかと。値段同じぐらいっぽいし。
(上位機HD238 / 下位機HD218もある)

PX200

SENNHEISER
¥6,680-


で届いたら専用ハードケースに「大丈夫か」というぐらいみっちり詰め込まれてて
多少焦ったが、まぁ気にしない!

【装着感・音漏れ】
側圧は強くもなく弱くもなく、いいバランス。
装着感も悪くない。
長時間の装着に問題はない
(個人的にはK420のスポンジの方がノスタルジックで好き)

音漏れ防止は結構優秀。K181DJより良いと思う。


【音質】
毎度のFireface400で。

周波数帯域。
中域が何よりも先に来る感じ
高域は全く刺さらないけど、弱い(伸びてないなぁと思う)
低域も弱め。(でも締まりは結構ある)
なおSENNHIEISERらしく、変なピークやディップはないので
ピアノなどはちゃんとベロシティを再現できます。
ともかく中域が前に出てきて、残りは刺身のツマみたいになってる。
といいながら、かなり上等なツマではある。

聞きやすさ。
密閉としてはかなり良い方。
密閉っぽい籠もり感(詰まり感)が少なめだからかな?

分解能と全体の整合性。
分解能はまぁ普通。1.5万円クラスから上とは当然戦えません。
しかし音の混ざり方はヨロシイ。
中域を中心としたカタマリ感があり、綺麗&滑らかに纏まってる。

音場。
うーんSENNHEISERっぽい、微サラウンド。良い。
HD595程に過激ではないので、違和感も少ない。

総合。
とにかく中域メインで、まとまりも良い。そして、聴きやすい。
でも正直に言って海外勢としては価格なりかなと思う。
次期モデル、HD228では良くなっていることを期待。

ただ、国産勢よりはずっと良いと思うんだが
若年層には多分正反対の評価になるかなぁ。
刺激が殆ど無い(*)ため、超つまらない音に感じるかと。

(*)オーテクや最近のSONYはそこを魅力にしてると思う(そういうマーケティングで)


【特記事項】
えーとプアな環境だと結構プアに鳴る困ったちゃん。
ただでさえ弱い低域が更に貧弱に、高域も少し弱く、制動感も大きく後退。
ポータブル用なのに・・・・これは味付けの問題と思う。



【比較:AKG K420】
一応ポータブル対決・・・なんだけど勝負になってない。
高域は当然K420の方が繊細に美しく伸びるし
中域の張り出し感も殆ど無いし、
低域もK420の方が量感がある。
特に低域は、K420がエージングすると「ありすぎ」という程ではなくなるので
自然な伸び具合で大差が付いてしまうという。
結果としてK420の方がずっとバランスの良い音、2000円の差は確実にある

一応、低域の締まりと音漏れはPX200が勝ってるけども。

但し上記は、密閉と開放という比較になっちゃってるので
後日K450を買ってみるつもり。
ここまで来たらAKGで突っ走ってみましょうと。

#でもAKGのカナル型は、OEMである限り二度と買わない。
#K370はちゃんとしてるのかなぁ・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/261-53a959e5

【2009/04/02 12:13】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。