VAIO Type P vs Everun Note その3

 2009-01-24
Everun Note と VAIO Type P の直接比較、最終回。
実際のパフォーマンスについて。
その1(Spec編)その2(機械としての作り編)を読んでるのが前提です。

またベンチスコアについては、
いろんなサイトに山ほど出ているので
今回は実際のシチュエーションでどうなるかに絞って記載します。
20090121049.jpg


【前提条件】
・Everun Note は XP(Home)-SP3。不要なサービス停止で若干軽量化
・Type P は Vista(Home)。SONY系常駐やマカフィー他を取り払い軽量化。
・どちらもAvast!をウィルス対策ソフトとしてセット。

・Everun Noteのみ、Mtron SSDに換装した場合も記載。
・Everun Note標準SSD 約30MB/sec(Read)
・Everun Note Mtron 約100MB/sec(Read)
・Type P 標準SSD 約60MB/sec(Read)

【起動・終了】Everun Noteの勝ち
OSの差もあるが、Type Pは起動に結構時間が掛かる。
Everun Note も標準SSDでは似たようなモノだが
Mtronに変えると爆速になる。
下手なデスクトップPCより速く、
休止状態が不要なほど。


【休止状態遷移】Everun Noteの勝ち
メモリが2GBのType Pは、
単純にEverun Note(1GB)の2倍ディスクアクセスが必要。
それだけでなく、
ディスクに書き出すまでの時間や
書き出した後の電源断までの時間も、
Type Pは相当掛かる。
復帰時も同様。

Mtron化すると目も当てられないぐらいの差が出る。
Type Pはかなり待たされる印象


【アプリ起動】引き分け
Type Pは2GBメモリ+Vistaの組み合わせで、SuperFetchによる先読みが効く。
このため、普段使うアプリの起動自体はかなり速くなる。
Everun Noteも、標準SSDだとイライラするが
Mtron化するとSuperFetch並には速くなる。
結果としてどちらも、アプリ起動は相当速いと思って良い。


【アプリレスポンス】Everun Noteの勝ち
モロにCPUパワーの差が出る。3倍ほどパワーが違うしね。
ie7のスクロールひとつとっても、Everun Noteは瞬間追従するが
Type Pはワンテンポ遅れ、描画がもたつく。
といってもType Pも普通のNetbookレベルなので、許容範囲。

どちらもATOK2008の変換でモタるようなことはないので、
Type PがAeroを使えるGPU性能であったなら、
きっとレスポンスは相当近くなったと思う。


【ビジネスアプリ】Type Pの勝ち
Excelだとモロに解像度の違いが出てしまって勝負にならない感じ。
Word/PowerPointも同様。
端末エミュレータですら、やはり縦解像度の差が効いてくる。

この辺のアプリの動作速度はType Pでも十分。
Everun Noteだと余剰なぐらい。


【ゲームアプリ】Everun Noteの勝ち
東方Projectについて、
Everun Noteは地霊殿まですべて60fps出る。
Type Pは永夜抄で30fps、地霊殿だと16fps。
その他falcomのZwei!2や、EasyGameStationのルセッティアなども、
Everun Noteは軽量設定ならなんとか遊べるが
Type Pではどうにもならない。

Type Pでは一切ゲームが出来ないと思った方が良い
(古のPC-88エミュとかならいいけど)

2008/2/24追記:
コメント欄にて「東方はスペック設定を弄れば十分に行ける」というレスを貰いました。
それ以外の追加情報も書かれているので、コメント欄を参照ください



【動画再生(ファイル)】Type Pの勝ち
ローカルHDDに配置した状態なら、どちらもHD動画をバッチリ再生する。
Everun NoteはCPUごり押し+avivoが若干再生支援、
Type PはGMA500のフル再生支援。

しかしネットワークドライブ越しだとEverun Noteは使い物にならない
SD動画なら問題ないが、HDは5秒に1コマみたいになる。
原因はEverun Noteの無線LAN(SDIO接続)。
実測8Mbpsと遅い上にアクセス中はCPUが取られ、
実質1/10以下のCPUパワーになる。

Type Pの無線LANは802.11n + miniPCI-Expressで
実測40Mbpsぐらいは出るし、CPUパワーも取られない。


【動画再生(web)】Everun Noteの勝ち
GPU再生支援が効かないのでCPUパワーがモロに出る。

Type Pの場合、YoutubeのHDはもう無理。
ニコニコ動画も、重めのH.264動画は秒1コマも表示できず全滅、
エコノミーモードにしてもコメント弾幕でボロボロになるので無意味。

Everun Noteはダウンロード中こそ無線LANの問題でType P並に落ちるが
一旦ダウンロードが完了すればほぼ全ての動画で完璧


【チャット・掲示板書き込み】Type Pの勝ち
Everun Noteのキーボードは変態配置なのと反応が少し悪いので、
タイピングが少し遅くなる。
Type Pは通常のB5ノートと同じような感覚で打てるので、
かなり速くタイピング可能。


【マンガを読む】Type Pの勝ち
Everun Noteは画面解像度が低くて、縦にしないと駄目。
Type Pは見開きで読める解像度。

ついでに、ネットワークドライブにファイルがあるなら
Type Pの方が数倍高速にページをめくれる
ここでも無線LANのパフォーマンスが影響する。


【iTunes】Everun Noteの勝ち
Everun Noteは余裕。
起動レスポンス、動作中のレスポンスはType Pでも十分速いが
ヘッドホン端子の音質が悪い前回参照)のが厳しい。

Bluetoothで聞いてるなら同じだけども。


【総合評価】
ビジネスアプリメインなら、誰がどう見てもType Pの方がずっと優れている。
UNIXサーバをコントロールする用途とかでも同様。

エンタテイメント系は・・・
web動画を見る人・ゲームをやりたい人はEverunしか選べない。
ファイルベースの動画だけでいいなら、Type P(ファンレスなので!)がいい。
マンガもType Pの方がいい。


難しいところだけど・・・私はEverun Noteかなぁ。
Type P売るべきか。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
typePでの東方もスペック設定を弄ればかなり普通に動きますよ。
(1.86GHzだとバグなのか地霊殿で平均90fpsとか出てしまうので、逆に重くしないといけないぐらい・・・)
ネットゲームについても、テンビとエンジェルラブオンラインの同時作業も余裕でした。
(1.86GHzでCPU使用率40%ぐらい、1.33GHzも動作は確認しましたが店頭で動かしただけなのでCPU使用率は不明)

typePのスピーカーの音は携帯電話にも負けそうなぐらいのお粗末なものでしたが、イヤホン端子については専用のイヤホンで聞いたら結構普通の音でした。
多分、電力が多めに要るヘッドホン向けではなく、イヤホン向けなんじゃないかと。
(まぁ、聴く音楽にもよるんだろうけど)

それにしてもtypePの店頭モデルがHDDのみって、ソニーはまったく何を考えてるんだか・・・。
SSDだと起動もかなり早いのですが、HDDだとその2倍~3倍以上かかるようで、流石に耐えられない遅さですね。
(ソニースタイル価格15000円のワンセグチューナー付けるぐらいなら、同価格のHDD→SSDにした方が需要があるだろうに・・・)
【2009/02/24 08:16】 | PhantomForce #hxpYxV0w | [edit]
弄れば東方行けるんですね。テストまだ出来てないので、取り急ぎ本文に追記しときました。ありがとうございます。

ちなみに店頭がHDDのみなのは、昨今のNetbookの売上げを反映している可能性があります(HDDモデルしか売れなくなっている)。ただし、あっちはHDD容量が段違いに多いからSSD売れないだけなんであって、そこまでSONYのマーケティング部隊が理解しているのかどうかは不明です・・・
【2009/02/24 19:24】 | HaioH #vax7NXxk | [edit]
Type Pでどこでも東方を…と思って購入したもののまともな速度で動かず困ってまして、「TypeP 東方」とGoogle検索して来ました。
何の設定のどこを変えると高速で動くようになるのか是非教えてほしいです。
【2009/03/29 00:19】 | ペンちゃん #2pU./2rI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/254-38d6d15e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫