Ultrasone Edition 9

 2008-11-24
ヘッドホンで色々試しているのも面倒になったので、やっちゃいました。
最高峰レベルに手を出してみた。
Ultrasone Edition 924万(実際は店頭で16万)
ultrasone_edition9.jpg


【音の感想】
音がちょっと硬めだけども、これは鳴らしているウチに解消していくらしい。
とりあえず今のところの感想としては
「ちょっと密度が高いが、それを除けばER-4Sに非常に近い鳴り方をする」感じ。

実はあまりにも違和感なく聴けてしまったので「これが20万?」と思ったのだが
よく考えると、これ凄いわ。
全てが非常に高レベルで纏まっていて、かつ自然になってる。
「ER-4Sの解像度」+「モニタスピーカの低域」+「HD595の音場(少し違うが)」という
最強コンボ
なわけですね。
ただし密閉型なので音が詰まったような感じになっており
それでHD595に負ける(後述)。

ジャンルの不得手は一切無い。
「得手」があるヘッドホンには一部負けるときがあるが、
「不得手がない」点が最強クラスに思える。

2008/12/23追記:
不得手がありました。e9は歯擦音が刺さるヘッドホンなので
ディエッサーを掛けていない録音の女性ボーカル曲や
一部ジャズが耳に痛くなる傾向がある。

20時間ほど鳴らしっぱなしにしたら大分緩和はしたが
基本的には高域が荒れ気味の機種なので注意かもしれず。




【他の機種との比較】
手持ちの機種で比較。
edition9を鳴らしていけば多分また変わると思うが・・・

SE530:解像度が低すぎる。話にならない
10pro:解像度が低すぎる。話にならない
X10 :伸びで劣る。音場狭め。但し、X10の方が音域バランスは自然。
ER-4S:同等の解像度。音場狭め。低域音量感で大きく負ける。中域はER-4Sの方が良く伸びる。
K240S:いろいろと勝負になってない。
CD900ST:音場が「つまらない」。900STはそういう機種だからいいのだけど。
HD595:音場と音の伸びで勝るために、気持ちよさではHD595が上。

手持ちの中でHD595だけが別枠というか、
あれは開放型独特の
「詰まった感が一切ない音の伸び」に加えて
「サラウンドのように広がる音場」があるので、
Edition9より「楽しい」感が上になる。
値段が10倍も違うのにねぇ・・・
ただしHD595は開放型だから、
音漏れがそれは盛大で実用性に少し難がある。
それを考えれば、密閉型ならEdition9が最高峰なのは間違いない。
しかし同時に20万の価値があるかと言われると少し悩むところだけれども・・・



【総合的に】
「ER-4Sレベルの音がする、普通のヘッドホン型が欲しい」という目的が
あまりにもそのまま達成されすぎてしまって、感動が薄い。

つまり殆ど完璧に、思った通りの音が鳴っているというか
予想外の新しい発見がない。
ER-4Sを効いたことがない人なら、多分驚愕すると思うが
それなら単価で10倍出す価値はどこ?という話が出る。


普通の人は買わない方がよさそう。
つか20万とかありえませんよね。そうですよね。
音漏れ気にする解像度嗜好ならER-4S、
音漏れ気にしない楽しさ最優先ならHD595で。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/12 22:43】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/235-096f11ea

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫