Regret - LinuxでDAW (しかも1CD-Linux)

 2006-10-26
regret linux

KNOPPIX(JP)をベースに、なんとDAW環境を作ってしまったらしい。
http://regret.nofuture.tv/ (ホーム)
Slashdotの記事はこっち

DAW、波形編集、ループシーケンサからmp3エンコーダ、
果てはストリーミング配信エンジンまで積んでいるのには笑った。

作成 → 編集 → マスタリング → ダウンコンバート → 配信

おお、揺り籠から墓場まで!わははは。こういうの好きですよ。

ちなみにlinuxのプラグインシステムだけではなく
VST / VSTi も使えるようにしてあるようだが
FSTというエンジンは初めて知った。
互換性は50歩100歩じゃないかと推測するが
Rumpelrausch TäipsのCrazy Diamondsが動いているので
ソコソコ使えそうな様子。

まぁもちろん、Windows環境でも無料DAWは比較的簡単に構築できるし
MIDIキーボードにSonarやCubaseのLEがついて来るのも普通だ。
そう考えてしまうと「要らない」ものではある。

しかしそういう次元ではなく、
この試みはまさに、PCの古き佳きMake it yourself世界。
ひたすら突き進んでいただきたい。応援してます。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/19-3cdc3c3f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫