Ultimate Ears Triple.fi 10pro

 2008-07-12
今日、カメオ(e-frontierですね)からKlipschの国内流通が発表されたらしく
GoogleからKlipsch Image X10を検索してくる人が激増してた。
単体レビューとか比較レビューを書いていたので、検索上位になったっぽい。

しかし世の中的には今日はiPhone DAY。
仕事でiPhone買いに並べなかったので、
悔しくて10pro買ってしまった。
Triple.fi 10pro
Ultimate Ears
¥39,800-


気がついたら近年騒がれてる高級IEMまでもが殆どそろってしまった。
人間として駄目になってる気がする・・・
10pro_se530_x10_er4s
左上から
SHURE SE530 / UE Triple.fi 10pro
Ety ER-4S / Klipsch Image X10

X02NKで撮影、今回はまぁキレイに撮れたか?


というわけで他との比較。


【ケーブル・フィット感】
ケーブルの太さ・材質は ER-4S に近く、
10proの方がSE530よりずっと扱いやすい。
長さはKlipsch Image X10と同じぐらいだが、
10proは耳の後ろを回すので結果として短くなる。

フィット感は4機種中、10proがもっとも気難しい
ドライバ開口部が広いので、
他3機種のように奥まで入れるのではなく
耳穴の入り口でフィットさせる必要がある。
しかもフィット状況で劇的に音質が違うため、装着には手間がかかる。
Klipsch Image X10は片手一発。
SHURE SE530も片手+α。
ety ER-4Sはとにかく奥までねじ込めば良いので単純といえば単純。

ただし一度つけてしまえば、SE530よりはケーブルなどが邪魔にならないのだけど。
ぶっちゃけシングルドライバ2機種にはかなわんね。

それから10proの遮音性は、4機種中もっとも低い。電車の音聞こえまくり。

【音質】
E-MUのユニットに接続して聴いてみた。

マルチユニットのSE530と比較すると、
・10proの方が低域量感は少ないが、解像度は高い(若干、低域が聞き分け可能)
・10proは特定帯域の低音だけが強調される。POPS用に調製されている
・どっちも聴き疲れするが、10proのは微妙に伸びがないためと思われる
・SE530が疲れるのは単に低域が特盛りだから(笑)

シングルユニットのER-4S / Image X10 との比較は
・10proの方が解像度は大きく劣る(当たり前)
・10proの方が低域の量感は多い
・10proの方が大味(SE530よりはマシだが)

順位付けするならこうなる。

低域解像度:ER-4S > X10 >>>> 10pro >> SE530
高域解像度:ER-4S >> X10 >>>>> 10pro > SE530
低域量感 :SE530 > 10pro > X10 >> ER-4S
伸びやかさ:ER-4S >> X10 >>> SE530 >> 10pro
遮音性  :ER-4S >> X10 >>>> SE530 >> 10pro
装着感  :X10 > ER-4S >> SE530 >>> 10pro

【一言二言でまとめると】
・10pro  低域解像度は、マルチでは頑張ってる方。フィットが難しすぎる。
・SE530  低域キング。解像度低め。高級オーディオっぽさはこれが一番。
・X10   解像度と量感のバランスが究極。最も扱いやすいケーブルとフィット感。
・ER-4S  解像度キング+耐久力キング。超正確すぎて楽しさをスポイルする場合も。

個人的には、この中で1つだけ選べと言われるとER-4Sを選ぶのだけどね。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/188-9a5a8072

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫