スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

JBL Reference 220

 2008-07-02
もう一発借り物。 JBL Reference 220
Reference 220
JBL (2006/10)
¥9,471-


・ケーブルはやっぱ1mぐらい。
・ケーブル材質が布メッシュ。絡まらないべと付かない、すげー丈夫。最高。
・端子が非常に小型。これもポイント高い。
・結構かっちょいい。

・カナル型だけど、同メーカーの AKG K324Pよりイヤーピースのフィッティングがいまいち悪い。
・やっぱり大きめのを装着した方が、低音がスカスカにならない。
・背面が大きく開口しており遮音性が悪い。音量注意しないと周りの迷惑になると。


で音質・・・・・・同じハーマングループのAKG K324Pと比較してみる

・K324Pよりまとまりがずっと良い
・音の広がりも、同値段帯の中では良い方か。
・解像度は1万クラスとして平均的。K324Pよりはずっと良い
・少しドンシャリだが、あまり耳にいたくない。
・低音は最初スカスカに聞こえたが、数時間で可笑しいぐらい改善された。
・能率はK324Pより低いが、許容範囲内。

K324Pが「音が破綻してもドンシャリ」なのに対して
Reference 220は音の伸びやかさ、フラットさを重視している。
低音好きにはK324Pかもしれないが、総合力は遙かにJBLの方が上。
ホントに同じHarmanグループなのかと思ってしまった。
やれば出来るんじゃないか・・・・・

ただし、大音量で少し中音が割れる。
そして破綻の仕方が同じ方向なので、やっぱHarmanグループということかな。


バランスとしては Apple In-Ear Headphone に近いのだけど
それより少しだけ音がハッキリしている。同時に少しドンシャリになる。
耳にフィットさせるのが難しく、また遮音性も低い事を考慮すると
総合的には同レベルかな?

1万円握りしめた場合にどっち買うかといわれると、JBLだなこりゃ。


#もちろん、4万クラスのとは比較にならないという点では変わりませんが。
#作られた音という感触はやっぱJBLにもありました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/185-aa74ae43

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。