AKG K324P

 2008-07-02
諸事情により借用したので感想。

K324P
AKG (2007/02)
¥9,800-




・ケーブルは1m。少し短いが許容範囲
・ケーブル材質は普通。絡まりすぎない程度。太さは国産程度(細すぎず太すぎず、無難)

・カナル型なので、ER-4Sなどの耳栓型と違い、初心者にも安心(耳に違和感少ない)
・その割に遮音性良好(背面に開口部がない)

・イヤーピース3種付属。
いつもより1サイズ大きいイヤーピースつけましょう
 じゃないと低音スカスカになります。


肝心の音質。
・ドンシャリ。でもAuio Technicaよりはまだ耳に痛くない。
・低音重視だが、V-MODAよりは上品。
・音の広がりが狭め。やや団子になっている。

・能率は中程度かな?iPodの電池は持つということ。
・大音量で軽く破綻します。まず中音域が割れ気味になる。

・実はJBLと同じ傾向(同じメーカーだしね)


アンダー1万として Apple In-Ear Headphoneや、AudioTechnicaとの比較をすると
能率   AudioTechnica = K324P > Apple
メリハリ AudioTechnica > K324P > Apple
耳に痛い AudioTechnica > K324P > Apple
まとまり Apple > K324P > AudioTechnica


以下、値段を無視しているので注意。

4万円クラスの Klipsch Image X10 と比較。
音の広がりは全くレベルが違うのだけど
それよりもK324Pの方が音域かなり狭いのに、各音域がちょっと破綻気味。
K324Pは低音・中音・高音すべて詰まった感じになってしまっている。
低音の量感はあるんだけど「作られた」感じで、伸びてはいない。
中域は割れ気味。
高域も、シンバルが耳に痛くてつらい。

ER-4Sとの比較では、低音の量感で勝る。あとはKlipschより更に比較にならない。
というか解像度はKlipschよりER-4Sの方が高次元なので、まぁ言うまでもないか。

(値段無視はここまで)



なお、音量を下げると破綻は少なくなる傾向があるので
大音量で聞かないのがコツか。
その範囲内で、「ややドンシャリが好き」で
かつAKGの心意気を買う人にはいいんだけど・・・・

・・・・国産品に毒されてるんじゃないか>AKG
スポンサーサイト
タグ :
コメント
シンバルがきついとか
サの音がきついとか
毎回意味不明なレビューですね
【2008/10/15 12:31】 | #- | [edit]
エージング具合も不明だし、
なんの参考にもならないレビューですね。
【2008/11/26 22:24】 | ??? #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/184-9bc9cc40

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫