Klipsch Image X10

 2008-06-15
久々に2本ほどヘッドホンをゲットしたので感想。
まずは1本目、Klipsch Image X10。国内流通してないので個人輸入・・・はめんどくさいので
ヤフオクで落札!
Klipsch Image X10


【概要】
1:世界最小らしい
2:KlipschはUSで相当有名なスピーカーブランドらしい(スピーカーはYAMAHAが輸入代理店)
3:ヘッドホンのシリーズは国内で(今はまだ)流通していない
4:本国で正価$349。ヤフオクで\33,000。国内流通するなら4万弱ぐらいが妥当?
5:廉価版が出るらしい。売れてるということか。
6:キノコ(イヤーチップ)は 大x1 / 中x1 / 小x1 / 2段フランジx2 合計5ペア。


【見た目】
X02NKで撮影したらヘボヘボになったが一応。
比較対象は Etymotic Research ER-4S
klipsch image and er-4s

1:ER-4Sと大きさはほとんど変わらないが、手に持つと小さく感じる(角張ってないからか)
2:ケーブルは普通のオーディオブランドと同じ太さ。ER-4Sが太すぎるのかもしれず
  (注:写真の白バック部分でケーブルが異常に細く見えるのは、撮影が下手だからなだけ)
3:端子も同様に小さい。柔軟性があって、曲げてもokぽい
4:ケーブルは1.5m。ER-4Sは1.8mあるが、長ければいいというわけでもなく・・・


【装着感】
いきなり最初についてるキノコが小さすぎて、耳の穴に隙間ができる。
おかげで低音スカスカの製品かと誤解してしまった。2段フランジにして解決。
2段フランジでも、装着は片手で可能。ER-4Sのような両手格闘は不要。


【音質】
国内1万円クラスとの比較。
 ・耳に痛い音がしない!
 ・解像度はKlipsch Image X10の方が遙かに高い
 ・低音もKlipschの方が綺麗。量感も十分。
 ・Philipsなどの海外オーディオブランド特有の、柔らかさがある
 ・聞いてて当然気持ちいい


Etymotic Research ER-4Sとの比較。
 ・ER-4Sの方が解像度はずっと高い
 ・ER-4Sは当然低音も凄く締まっている
 ・その代わり、低音の「量感」はKlipsch Image X10の方が多く感じる
 ・ER-4Sは音がすべて分離して聞こえる。Klipsch Image X10は綺麗に混ざって聞こえる
 ・ピアノやアコギで特に顕著。
 ・注意を傾けて聴けば、Klipsch Image X10でも聞き分けることは出来る。
 ・しかし何も考えなくても分離して聞こえるER-4Sの方は、より分析的といえる。
 ・ER-4Sは「正確な音」。Klipsch Image X10は「気持ちいい音」

 ・Klipsch Image X10は能率が低くない。
 ・よってER-4Sの様にiPodの電池食いではない。使い勝手良。


【総合】
ER-4Sと比較すると狙いの違いがよくわかる。
あっちは音楽制作には最高だけど
音楽を聴く用途で最高というわけではない。
分離して聞こえるということは、ミックスをうまくしないと混ざって聞こえないわけで
だからこそミキシングに使えると思うのだけれど、
逆にリスニングなら、より混ざってくれるKlipsch Image X10の方がいい時も多い。
またケーブルの細さ・長さもそれを反映していると思う
(ER-4Sはケーブル太いから絡まない・長いから機材さわるのに動きやすい。が通勤時は微妙)
つかER-4Sだと通勤時にiPodの電池をやたら消耗して困るわけだが。

ちなみにどっかのレビューで「Klipsch Imageは低音が弱め」とかあったが
装着方法を間違えているか、難聴傾向の人かもしれずと思った
少なくとも密閉型のMDR-7506より少ないと言うことはなかったぞ、と。

そんなわけで音楽を聴く用途ならKlipschは素晴らしくて
ともかく「気持ちいい音」では最高レベルだった。
3万以上の本気ヘッドホンが使いたいが、
でもSHUREみたいに普及したのはいやだ!とか
Etymoticは耳道が痛そう(人によってはホントに痛い)!とか言う人に良い。
日本ではちょっとマイナー臭漂うところが、またなんともいえない雰囲気を(笑)

後日SHUREと比較しました
#でも5000円の Apple In-ear Headphones のコストパフォーマンスが今んとこ最高かもしれん

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/174-da39f5c6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫