Etymotic Reserach ety8 (ER-88)

 2007-12-23
Etymotic Research信者なので ety8 をずっと待っていたが、
輸入開始されたのを見落としていた。
しっかり完実電気のホームページで告知されてる・・
というわけで即購入しました。
ety8 (ER-88)
Etymotic Research
31,800-


ちなみにヨドバシAkibaで34,800円にて購入。
まだ1台も展示すらしていなかった、というか買うのは私が初めてなのか
数人の店員がやけに親切に、ガラスケースにへばりついていた客をどかして以下略(笑)

基本はBluetooth2.0 / A2DP デバイス。なので別に普通というか
去年買ったVGP-BRM1と基本は同じようなもん。
今回はヘッドホン部分がEtymoticであるというところがミソなのだ。


【モノ自体】
まずはトランスミッタ。nano 2Gにはちょうどいいのだけれど
Classicだと折れそうで怖い
あとSEPIACEの革ケースだと、厚みがあるのでトランスミッタが刺さらない。
まぁこのあたりは他社のBluetoothトランスミッタも同じようだが・・・

次にフランジ周りだが、キノコは2段と3段が両方同梱されていた。
ER-4Sよりユニット径が太いが3段キノコは(多分)同一品。
グリーンフィルターはグリーンじゃなくて赤白、こっちは互換性なし。

ただし交換キノコ、なぜか3段版だけ耳を切り落としてないので
長さが微妙にER-4Sと違うのかも・・・いやいや、単なる手抜きだな(笑)

装着感はいつものER-4Sと似たようなもん。重さは感じない。
また鏡で見てみたが、どこぞの記事の写真ほどには気にならないというか
密閉型ヘッドホンつけてる人が巷に沢山いるのだから、このぐらい普通。

【操作性】
すでにペアリング済みなので操作感などは一気に割愛(おい)。
ただし、マニュアルには「iPod側を先に電源入れないと認識しない時がある」とあり、
更にiPodに繋いでから電源を入れると、
iPod Classicが「こんなデバイスしらねー」と拒否る
ので、
結局こういう順番で使う必要はあります。
(1)iPodの電源を入れる。
(2)トランスミッタを差す。
(3)ヘッドホンの電源を入れる。

nano 2Gではこういう問題が起こらない、なんだかよくわからんがまぁいいか。


【肝心の音質】
ER-4Sより緻密感が薄い。というかアンプが貧弱なときの腰の弱い音になってる。
でもちゃんとEtymoticな音がする(笑)
ER-6系統は試していないが、どこかでER-4SとER-6の中間と書いてあったので
まぁそんなところなのかな。
Bluetoothのせいではなく、ドライバユニットのせいでもなく、
単に内蔵されているアンプを強化すればいいんじゃないかと思うのだけど
駆動時間とのトレードオフなのかな。

【気になる点】
ケーブルがマジで無いに等しくて乗車率250%の満員電車も安心ですが
なにげに本体側のトランスミッタコネクタが、満員電車の圧力で折れそうに見えるので
ちょっとnano 2G(これは小さいので安定感がある)じゃないと怖くて使えないかな。

もう一つ、Bluetoothの送信電力が弱いのか
家の中(Bluetooth機器だらけ、特にPCが数台ある)でちょっと音切れする。
外ではあまり問題なかったのだけど、1mぐらいの能力に絞ってあるようだ。
なお、まだPCとペアリングしていないので、受信側の感度は不明。

【今後試すべきポイント】
携帯電話(音楽を聴く)との接続。
821SH(Premium)を買ったのでBluetooth2.0+A2DP+WMAが試せるのだ。


【ety8は買いか】
Etymotic信者なら迷わず買おう(笑)いつもの音はちゃんとする。
iPodユーザーは、nanoなら買って後悔しない。Classic(HDD)系統はよく考えてから。
受信機だけを使う用途なら、おそらく現在最強のコンパクトさ+音質なので、
Bluetooth携帯で音楽を聴く人、モバイルPCのヘッドホンケーブルが邪魔な人には
非常に素晴らしい選択肢であると言える。金をけちらない方がいいよ。
ただし、Etymotic特有の「しっかり耳の奥まで入れる」感覚に慣れないといけないが。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/154-5a17ba80

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫