スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Ubuntu vs Vista vs XP

 2007-04-23
Ubuntu Linux (Feisty) で色々試した後、
ふと思い立って以前インストールしたVistaを再度使ってみた。

以前トラブルになっていた内容のうち、YAMAHA MIDI Driverは改善した。
(YAMAHAが新しいドライバをリリースしていた)。
adobeは相変わらず。ま、それはともかくUbuntu/Vista/XPの比較。

【Vista】
画面;綺麗。
OSの反応:早い。
アプリの反応:遅い。(入力に対するレスポンスが遅い!)
旧GDI系の画面表示が非常に遅く思える
・・・MuriChatで文字を入力しているときなど。画面が遅いだけのようだが。

【Ubuntu】
画面:劇的に綺麗(Beryl導入時)
OSの反応:早い。
アプリの反応:早い。
まだ文字化けから完全に開放されていない
・・・mp3のTAGなど。ファイル名はほぼ問題ないレベル(特にsmbなら)

【XP】
画面:それなり。
OSの反応:中程度。ファイルコピーなどに遅さを感じる時がある。
アプリの反応:早い。
ファイルマネージャー(Explorer)の機能がとても貧弱
・・・サムネイル、プレビュー機能などがないに等しい。


Vistaについては、もっとも統合感のあるUIを提供してくれる。
Ubuntuのような「寄せ集め感」もなく、適度に美麗で、
かゆいところに手が届くようになってはいる。
しかし反応の遅さが致命的。やはりGDIを廃止した影響かもしれない。
DirectXを使うシーンでは滑らかで負荷も低く抑えられているが
果たしてExcelなどがまともな速度で動くのか疑問がある。
またセキュリティポリシーに一貫性が薄いのか、
XP時代のアプリで権限エラーを起こすものが結構ある。
このエラー、ファイルへのアクセス権を理解していないと回避しづらい。

Ubuntu(Linux)は、おそらく3者の中でもっとも進化したUIを持っている。
うそだと思うならYoutubeで「Beryl」と検索すれば判る。
またファイルマネージャーのプレビュー機能などが豊富な上、
mpeg/wmvなどの再生にもまったく問題ない。
webも、activeXじゃなければすべてok(Macと同等ぐらい)
アプリも揃いすぎるぐらい。仮想PC機能もある。
オートアップデートもあり、もはや難解度はVistaより低いぐらいだ。
恐らくテキストコンソールをまったく使う必要がない。
これで文字化けがなければね。
ほかのOSとの親和性にまだまだ課題を残している。


XPはなにも「すごい」ところがない。
画面も別段すごいエフェクトもない。仮想画面機能もない。
ファイルマネージャーはプレビューの機能が殆どなく、
ジャーナリングファイルシステムもなく(これはVistaもだが)、
今となってはUIが基本的に不親切だ。
しかし不具合がもっとも少ないのも事実。


どうにも、過去と少し違う。
Win95/98/Me/2000/XPなどに移行したときには、
ここまで酷くはなかったような記憶がある。

果たして「Vistaが普通」となるまで何年かかるか判らないが
その前に別のOSが台頭するスキを与えてしまっているのが
今までとの最大の違いではないかと思える。

つまりVistaのOSとしての完成度が低い、、、、ということなのだが。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/141-2cc22e5f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。