Debian 4.0(etch) アップグレード Part3

 2007-04-10
logo_debian[1].gif

何度も続くdebian 4.0(etch)アップデート。
結局前回のやりかたで何とかアップデート出来た。
まだ依存関係に問題を残していたが、殆どはgnome関係のゴミだったので
一気にgnome/kdeをpurgeして解決。
#dpkg -l | grep kde
#dpkg -l | grep KDE
#dpkg -l | grep gnome
#dpkg -l | grep GNOME
とかやって、出力をwindowsのWZで読んでパッケージ名だけ抽出みたいな。
もの凄いファイル数が消えた。
あおりを食らってicecastも動かなくなったがもう一度動くようにするのは簡単。
でも今は使ってないのでPurge(笑)

で、etch & kernel-2.6系統になっていくつか違いがあった。

【1】IPv6
proftpdなんかが「IPv6名前解決できない」とか怒る。
まぁ無視してIPv6を殺そう。
/etc/modprobe.d/aliases・・・の
alias net-pf-10 ipv6エントリを
alias net-pf-10 offに書き換え。

【2】UUID
ieee1394ドライブが複数有るため、ブートのたびにsda/sdb/sdcの順番が違う事がある。
このためマウントにはVine Linux時代から難儀していたが、
ubuntuでUUIDというものを学んだので、それでマウントするように書き換え。
旧)mount /dev/sda1 /home
新)mount UUID=f3105f38-316f-40f3-bb4f-6e4d7f152e87 /home
これで、認識順番が変わっても問題ない。

【3】ramdisk
以前はrc.localで下記の処置をしていた(1時間ごとにupdateするリストを入れている)
mke2fs -m0 /dev/ram 16384
mount /dev/ram /ramdisk
udev化して、/dev/ramが無くなったので、正しいお作法に書き換え。
(/dev/ram**というのがあるので、これでいいかもしれんが)。
mount -t tmpfs tmpfs /ramdisk -o size=16M

【4】ConsoleのXGA化
これは以前からokだったかもしれないが。
/boot/grub/menu.lstのエントリにちょっと追加。
title Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-4-686
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.18-4-686 root=/dev/hda2 vga=773 ro
initrd /initrd.img-2.6.18-4-686
savedefault

ちなみにVGAの数値指定はここを参照。一部だけしか載ってないが。



あとはgrubのsplashimageが出ないのを何とかしたい。
/bootを別パーティション化しているので、
どうにも指定方法がわからん・・・chrootしていると仮に考えればいいのか?

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/140-8a5f889a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫