Ubuntu7.04(Feisty)β on USBメモリ

 2007-04-07
Ubuntu_logo

Ubuntu704beta.jpg

#USBメモリで起動したUbuntu7.04(Feisty)βで書いてます

前回試したときは敗退したUSBメモリubuntu、
あきらめずにトライしてみた。

今回は今月リリース予定のUbuntu Feisty(7.04)β。
まだUSBインストールスクリプトが用意されてないので
いっそUSBメモリにフルインストールしてみた。
こうなればUSB-HDDインストールと同じこと。
フラッシュメモリの寿命問題はあるが、どのみち消耗品だからいいかな。


手順は以下のとおり。
1:Desktop CDでブート
2:USBメモリを差し込む
3:マウントされたらデバイス名を確認(今回はsdbだった)
4:コマンドモードでumount
5:おもむろにインストーラでインストール。
  ちなみに、さすがにフラッシュメモリでswapは作らない方がよい。
  メモリ2GBぐらい積めばいいっしょ?
7:grubインストール先を/dev/sdbにする
  一般的な6.10 TIPSでは「dev/sdb1」だが、これだとgrubがブートしない。
  USBメモリのMBRにぶちこむのだ。
8:完了後、grubを編集しておしまい。

で、grubの編集について。
まずMBRにいれたので、ありかが「/boot/grub」になる。
そのなかの menu.lstをさくっと編集。
emacsが入っているか自信がなかったため、
ubuntu的にはgeditで編集した。

【編集箇所】
title Ubuntu, kernel 2.6.20-14-generic
root (hd1,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.20-14-generic root=UUID=98161019-47bb-445e-b56c-11d1f71b55d3 ro quiet splash
initrd /boot/initrd.img-2.6.20-14-generic
quiet
savedefault


おや、dev/sdb1と指定せず、UUIDで指定してくれているようだ。
これなら、機器構成が変わってもok・・・なのだけど
「hd1,0」となってしまっている。
これは、PC内で2番目のドライブとなってしまう。

USBブート時は、USBドライブが1番めになるので
ここを「hd0,0」と変える。



これだけで、普通に起動する。
6.10のように、起動中USB抜き差しする必要もなかった。
なおアップデートをかけると大抵grubを書き換えられてしまうので
毎回のブート時に手動でパラメータを弄るのもよいかもしれない。



以上。長くなるので使用感は別記事。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/135-44d7f11a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫