スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

裁判官の爆笑お言葉集

 2007-04-03
裁判官の爆笑お言葉集 裁判官の爆笑お言葉集
長嶺 超輝 (2007/03)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


久々に書評

asashi.comにて紹介されて面白そうだったので、書店で即買い。
普通の棚にしまわれていたので探すのに少し手間取ったが
実際大変素晴らしかった。
題名の「裁判官の爆笑お言葉集」という題名は、
著者として記されている長嶺超輝さんのブログにもあるが
中身を全く表せていない。

ものすごく良い本で、万人にお勧めできる。
払うお金以上の価値があった。
ただし、著者の有りようについては全く承伏できない。
これは後述するとして

まず良いところ。
本題である裁判官の言葉は、
多くは含蓄があるものでもなんでもないのだが
その発言の中にどれほどの思い、考え、心が込められているのか
誰でも推し量ることが出来る程の名言
ばかりだった。
題名のように爆笑する発言はほぼなくて、しみじみと沁み入る。
恐らく最高レベルの重責を担う仕事である「裁判官」が、
被告にまでもどれ程深く考えや想いを巡らせた上で判決を出すのかよくわかるところで、
著者が最後に書いているように一般大衆が裁判員として司法の場に参加する時には
こういったこともよく理解しておかねばならないと強く認知するべきことだった。


ただし、この著者自身はどうかというと、殆ど納得できなかった。
(以下、著者と書きません)
まずこの本が素晴らしいのは裁判官が紡いだ言葉であって
全く持って長嶺さんの言葉ではないことを
ご本人が勘違いされているのではないかと思える。
それを自分の著作だと主張しているブログの文章はおかしい。
(よって、題名を決められない事に不満を言えるレベルではない)。

確かに、数多ある裁判官の発言から素晴らしいモノを抽出した
フィルタとしての仕事は一級
ただしフィルタは、余程意識していない限り、なにも生み出さない。
それを勘違いして、自分が生み出したと思ってはいまいか。

#職務上、「集約」する仕事を今やっているが、まさに同じ勘違いに陥りがち。


そして、本書のなかで長嶺さんが書いた文章は別にどうということもない、
ハッキリ書けば解説以外にはお金払うには値しない文章だった。
長嶺さん自身が書いたらしい「正義の法律用語辞典」というページも読んでみたが
面白いけどそれだけ。何もしびれるモノはなく、本になっても買う気は起きない。

評論するだけなら簡単だ。
長嶺さんは、自分で何も生み出していないのだ。
(もちろんこの記事も評論なので、同様の反論を全て正として認めます)


お金を払ったのはやはり「編纂」に対して。


よって、「著・裁判官の皆さん」と書くべきで
その横に「編・長嶺超輝」または「解説・長嶺超輝」と表記していれば
私は文句なく絶賛したことだろう。


#ココログのメンテでトラックバックできないので後日リンク張りますが
#長嶺さんのブログは下記。
http://miso.txt-nifty.com/tsumami/2007/03/post_3bab.html

スポンサーサイト
タグ :
コメント
はじめまして。

「お言葉集」を取り上げて評価してくださいまして、どうもありがとうございました。

ご意見につきましても拝読いたしました。

そこで、あわてて「著者」という言葉を辞書でひきましたところ、「書物を書き著した人」とあります。 著者の意味は、それ以上でも以下でもないのではなかろうかと思います。

「裁判官の爆笑お言葉集」の著者は「長嶺」では駄目なのでしょうか。今後のために、ご教示を頂戴できれば幸いです。

よろしくお願いいたします。
【2007/04/08 00:39】 | 長嶺 #KyhKvZWw | [edit]
本来そちらのブログに書くべきなのでしょうが、コメント欄が終わっておりましたので自分のブログに書きます、申し訳ございません。(またご返答遅くて恐縮です)

「著者」は、図書館用語集などで調べても長嶺さんのおっしゃる通りの記述ではあります。
しかし私は、一般に考えられる「著者」とは、「その文章に主たる貢献をした者」と認識されるべきではないかと考えます。(論文などではその傾向が顕著です)

参考:こちらの「研究発表の著作帰属」が倫理的に正しいと考えます。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~metapsi/psi/1-8.htm
【2007/04/10 19:19】 | HaioH #vax7NXxk | [edit]
HaioHさま

よくわかりました。どうもありがとうございました。
【2007/04/11 09:47】 | 長嶺 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://silver0480.blog80.fc2.com/tb.php/134-14a6f42c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。