三菱エアコン霧ヶ峰を自力で分解(ドレンパン・クロスフローファンまで)

 2017-08-17
寝室のエアコンがカビクサイ。6年目になって大分汚れが酷い模様。
で、よくある洗浄方法(養生して、下からファンに洗剤吹き付けて、、、、)を試したが
汚れ(黒いワカメ)は大量に出てくるものの、カビ臭さは治らない。

で、色々調べてみたところ
 ・臭いの元は、ドレンパン(水受け)と回転するファンそのもの。
 ・熱交換器(ゲジゲジ)はあまり汚れない。
 ・三菱の霧ヶ峰(の、自動おそうじ無しモデル)は非常に分解しやすい構造

該当する霧ヶ峰は、例えば現行品(2017年)だとMSZ-GVシリーズやMSZ-GEシリーズ。


寝室に取り付けてあるのは、2011年型 MSZ-GM281-Wなので
いけるかな?ということで分解清掃してみた。
必要なのはプラスドライバーと、リーマー(またはマイナスドライバー)のみ。
20170817_MSZGM281_01.jpg

コンセントを外してから作業すること
まず説明書にもある通り、フロントパネルとダストフィルターを普通に取り外す。
20170817_MSZGM281_02.jpg

水平フラップを取り外す。真ん中をパチンと外してから、
ちょっと曲げて右側から抜けば簡単に取れる
20170817_MSZGM281_03.jpg

本体カバーの下面に2か所ネジがあるので、外す。メクラ蓋つき。
ちょっと下にずらすようにして指で外す。
20170817_MSZGM281_04.jpg

メクラ蓋を外したところ。
20170817_MSZGM281_05.jpg

本体上面にある4つのツメを外す。
リーマーか、マイナスドライバーでちょっと押すようにすれば簡単に外れる。
上面以外(側面、下面)からやってしまうと外れにくいので注意
20170817_MSZGM281_06.jpg

そのまま本体カバーを前に引き出すように引っ張れば、取れる。
次はドレンパン・・・だが電装関係をちょっと外す必要がある
20170817_MSZGM281_07.jpg

まずアルミのカバーを外して(ねじ一つで1枚づつ、合計2枚ある)
20170817_MSZGM281_08.jpg

戻すときのためにコネクタと配線引き回しを写真に撮ってから
コネクタと配線をばらして
20170817_MSZGM281_09.jpg

まずムーブアイユニット(フロアアイユニット)をとる。
ちょいと取りにくいが、ネジはない、単なる嵌めこみ。よく見てゆっくり。
20170817_MSZGM281_10.jpg

次にドレンパン。写真にある3つの部分のツメ(というか嵌めこみ)を外して、
前に引っ張る。ちょっとコジる感じになるが・・・
20170817_MSZGM281_11.jpg

途中でドレンホースを抜かないとならないが
これも写真のように、指で押すだけでスポッと抜けるツメがあるはず。
20170817_MSZGM281_12.jpg

抜いたドレンパンには、水平・垂直フラップのモーターがあるので
これも抜き取る。ねじ止めされている。
20170817_MSZGM281_13.jpg

これでドレンパンは電装品が無くなるので、風呂場でジャブジャブ洗える。
マジックリンとカビハイターでピカピカ。
20170817_MSZGM281_18.jpg

最後にクロスフローファンだが、まずファン右端に1か所だけ羽のない箇所があり
そこにネジがあるので外す。
20170817_MSZGM281_14.jpg

次に熱交換器ユニットの左端にある2つのネジを外す。
20170817_MSZGM281_15.jpg

あとは熱交換器を、左側から少し上に持ち上げつつ
クロスフローファンを左に引き抜けばOK
20170817_MSZGM281_16.jpg

クロスフローファンも風呂場でジャブジャブと洗えば
滅茶苦茶大量の黒いワカメ(カビ+ゴミ)が取れるはずだが
最後に、左側の軸にグリスを塗ること
ゴムブッシュで支えられているので、私はシリコンルブを使ってみた。

で、クロスフローファンを再取り付け。すごい綺麗。
20170817_MSZGM281_17.jpg


これでカビ臭さは全くなくなった。
これ以上の掃除は
 ・熱交換器を高圧洗浄機で洗ったり
 ・裏側にもドレンパン構造があるはずなので、そこを洗ったり
となるが、後者は完全分解になるので冷媒の再充填が必要になる。

熱交換器のために高圧洗浄機を買うかどうかで悩むところ


以上!
スポンサーサイト
タグ :

Portal WiFi ルーター レビューと実効速度(Ignition Design Labs)

 2017-08-05
Ignition Design Labs / Portal WiFi Router について。

2016年末に手に入れていた(クラウドファンディングね)のだが
最近amazonで販売開始されたのでレビュー掲載。



【これは何がすごいのか】
世界で唯一、5GHzで混雑を避けまくってくれるルーター。
要するに802.11acの「実測」が速くなる。

【Portal WiFi ルーターの原理】
 ・規格上、5GHz帯(802.11a / 11ac)は、「W52 / W53 / W56」の3バンド帯がある。
 ・W53 / W56 帯(別名:DFS帯)は、気象レーダーや航法レーダーのバンド帯と共通
 ・DFS帯は「レーダー波を検知したら1分間は電波チェックせよ」という決まりがある。
 ・つまり普通は、1分間WiFiの電波が止まっちゃう
 ・1分停止を避けるため、WiFiルーターの電波はW52帯に集中しがち。
 ・手で設定しても無駄(一度検出したら、W52に移動することがほとんど)

 ・Portalは、「常時レーダー波を検出し続ける」特許技術を持っている。
 ・よって1分停波しない!しかもDFS帯に留まり続ける
 ・空いているから速い。

 W52帯がどのぐらい混雑しているのか? は下記の画像参照。
 空いているところに居座っているのが、Portal WiFiルーター
20170805_inSSIDer.jpg

【その他特記すべき機能】
 多分、日本では殆どの人が知らないと思う話も含め。
 ・Qualcommなどで無線チップを設計していたメンバーが設立した企業。
 ・SONYのデジカメとかPS4とかに入ってるチップを設計してたとか何とか
 ・よって技術力に絶対の自信を持っている。
 ・ユーザーに操作させると、だいたい下手を打つという思想がある(笑)

 ・付近の電波状況を、IDL社のサーバーで見てます
 ・このため近所にPortal WiFiルーターがあると協調的に電波帯を避け合う
 ・さらにビッグデータを使って「自分の家ではDFS帯のどの辺が、より安定か?」も反映する
 ・2017年のトレンドであるメッシュネットワークも対応した

 ・自分でWiFiのバンドを選べないようにしてある。お前より上手に運用してヤンヨ!思想。
 ・WPSをわざと実装しない。セキュリティ的によくないという思想。
 ・海外製のくせに、無指向性アンテナ(ロッドアンテナのないタイプ)。スマホやデジカメ的技術思想。
 ・勝手にアップデートします。ユーザーに任せたら危険なまま放置しかねないという思想w

 ・基本スペックは、4x4 MU-MIMOルーター。
 ・1733Mbps (11ac) / 600Mbps(11nb)
 ・電波部分は凄いが、ルーター部分は凡百。ごく普通。
 ・いやまぁDDNSとかいろいろ使えるけどね


【実際の使用感】
 とりあえず見た目はこんなん。お餅にしか見えない。
 去年の段階でしっかりと技適通してあるあたり、さすが技術者中心の企業(笑)
 あとUSBポートはUSB2.0。
IMG_20170114_221119.jpg
IMG_20170114_221217.jpg
IMG_20170114_221243.jpg

 ・基本的には無線アクセスポイントとして利用。
 ・8か月連続稼働で一度も落ちてない。安定度は半端ない
 ・月1-2回のアップデートがあり、ものすごい勢いで機能追加されてた
 ・最近落ち着いた

【肝心の速度実測】
 前回のTP-LINK C3150 /C9 / RE450 と条件は同じ。
 ・木造2階建て一軒家の端、1F天井裏にルーターを配置
 ・反対側の端(私の家だとリビングの端です)で計測
 ・要は一軒家で一番厳しい環境で計測。
 ・ただしアルミ反射板(レンジフードフィルターで!)は使う
 ・面倒なので11acだけ。

 まずスマホ(iPhone 7)結果、約270Mbps
 C3150 (実測278Mbps)と、実質的に同じクラス。
 2017805_portal_speedtest.jpg

 次に、ノートPC(1300Mbps化済)で、LAN内サーバからのファイル転送。
 こちらも、結果は783Mbpsと、前回のC3150(実測763Mbps)と同クラス。
 20170114_portalwifi_realspeed.png


【まとめ】
 ・速いよ!安定してるよ!
 ・マジで5GHzがいい感じ
 ・無線は、自分で設定するところ少ないよ(ルーター自身の制御に任せろ!)
 ・ルーター部分はごく普通
 ・素人さん向けサポートは期待すんなYO(ベンチャー企業だからね)

 ・新しいもの好きは買っとけ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫