PC冷却ファンの各種メーカー比較

 2016-10-10
本来の意味通りの備忘録として、
過去使ってきた冷却ファンについて。
一応各メーカー複数個使ってるけども個人の感想なので注意

あと「壊れる」の基本は、
 ・24時間365日連続稼働
 ・エアコンなし・関東地域(外気温0~35度)
で1年を超えないものを書いてます。
2年超えたらOKとしてますが、本当は4年ぐらい動いてほしい。


【12cmファン】何気に2chの情報が正しい感じ
Scythe
 なんか壊れやすい。あと風量も疑問。24時間365日は無理
 CPUクーラーは優秀なんだけど、付属ファン全然信用できない
ENERMAX
 バットウイングシリーズ(T.B.Silenceとか)はそこそこ静かで風量もある、
 耐久度もあり。
 LEDでもバットウイングはまとも(ちと風量が少ないんだけど)
 羽を外して掃除できるのも良いが、ハロフレームは吸気には??かな
XINRUILIAN
 20年ぐらい前からある。安く耐久度があり静かだが風量は少し抑え目
 悩んだらこれ。
SANYO
 昔は「爆音・超風量・超精度・高耐久」だったが、最近静かなのもあるみたい
 486-Pentiumのころはお世話になったなあ
Noctua
 高いだけのことはある。確かに最高(ただし12cmだけな!)
Silenx
 作りがちゃちで結構ウルサイ(dbA表記の基準が他社と違いそう)。
 風量あるけどSANYOのほうがいいよね


【9cmファン】あんま候補がない
Scythe
 総じて壊れ(ry
ENERMAX
 バットウイングは変わらず優秀だが、12cmより少しだけウルサイ。でも安い。
Noctua
 試してないけど8cmがなぁ・・・


【8cmファン】
XINRUILIAN
 20年ぐらい前からある。安く耐久度があり静かだが風量は少し抑え目
 8cmもいいんだよねここ。安物電源ファンの交換用とか。
SANYO
 ここも12cmと同じ。爆音超風量超精度高耐久。
AINEX
 Omega Typhoonは風量・騒音・耐久度ともに優秀。薄型が特に良い。
 普通のはちょいちょい壊れる(だから安いのだ)
Noctua
 8cmは色の通り中身がウンコじゃねーかこのやろう!耐久度はあるんだろうけど。


【番外】
Nidec(日本電産)
 コンシューマ向けのGentle Typhoonはお遊びレベルだけど
 本来の製品群(業務用というか法人向けというか)は地獄の信頼性。
 30年ぐらい前のPC(NECのPC-9801とか8801とか)の電源ファンとか
 ホコリ塗れでも全然壊れないんだよね。ホントにすんごい。
 世界No1モーターメーカー(それなりのブラックっぷりだけど)は
 伊達じゃないよねぇ
スポンサーサイト
タグ :

12cmファン Silenx IXP-76-18 / Noctua NF-S12A / NF-S12B

 2016-10-10
8cmファンに続いて、2年稼働した自宅サーバのファン交換。
少し前にリアファンとCPUファンをENERMAXのLEDファンにしたのだが
風量が低く、筐体内の熱を捌けない。
LEDは諦めてまともなファンに入れ替える。


今回は、「静か」「いや詐欺だ」と物議を一部で醸した結果
日本で殆どで回らなくなった、Silenxの38mm厚ファンを狙ってみた。
が、それだけでは怖いので、安パイとしてNoctuaも。
 ・Silenx IXP-76-18
 ・Noctua NF-S12A
 ・Noctua NF-S12B

NF-S12Bだけは、2年稼働しているものをキャリーオーバー。
(現在は旧シリーズとして「Redux」名で色違いが発売中)


3つ並べる。NF-S12Aかっこいいわね
20161010_IXP7618_NFS12A_NFS12B_1.jpg
横から比較。IXP-76-18は本当に厚い
20161010_IXP7618_NFS12A_NFS12B_2.jpg

スペック比較。スペックだけならSilenx最強に見える
Noctua
 NF-S12A 
Noctua
 NF-S12B 
Silenx
 IXP-76-18 
厚さ25mm25mm38mm
回転数1,200rpm1,200rpm1,400rpm
風量63.2CFM
(107.5m3/h)
59.2CFM
(100.6m3/h)
90CFM
騒音17.8db(A)18.1db(A)18dbA
MTBF<150,000h<150,000h不明


というわけで、3つ並べて動かしてみた結果。

【Silenx IXP-76-18】
 ・銀色で重そうだが、実際はやたら軽い。
 ・当然、剛性もNoctuaより低いので振動しそう・・・

 ・風量に偽りなし。最大回転時の90CFMは確かに圧倒的
 ・騒音に虚偽。軸音も風切り音も結構盛大にする。Noctuaの3倍ぐらい。
 ・実際は24dbAぐらいじゃないのかこれ?
 ・固定をちゃんと考えないと、最大回転時の振動もそれなりに。
 ・回転を落とした時のみ、非常に静か+そこそこの風量で優秀。
 ・でも回転落とした時はNoctuaと差がないんだよね
 ・結論、買ってはいけない。風量欲しけりゃSANYO買った方がいい

【Noctua NF-S12A / NF-S12B】
 ・新しいNF-S12Aには、四隅に振動吸収ゴムついてる
 ・ゴムブッシュで固定するなら意味ないけど

 ・どっちもとても静かで、風量もしっかり出る
 ・しかし、最大風量にすると微妙に差が出る
 ・NF-S12Aのほうが少し静かで、少し風量が多い(肌で感じるぐらい)
 ・新しいほうがいいのは当然か。
 ・200-300円ぐらいの差なら、NF-S12Bを買う理由はない。
 ・でも買い替えるほどでもない!


【結論】
 ・Silenxは箪笥の肥やしにする。
 ・NF-S12A x 2発を、フロントファン・リアファン
 ・NF-S12B x 1発を、CPUファン(SCYTHEの手裏剣に固定)

 結構風量が出るようになり、静かになったので満足です。
タグ :

8cmファン Noctua NF-A8 / Omega Typhoon CFZ-8015SA

 2016-10-10
2年前に組んだサーバ機の冷却ファンについて。
3.5"HDDリムーバブルベイとして、iStarUSA BPN-DE340SSを使っているが
こいつのファンがうるさいので、ファンを交換して使っている。

 ・ファンカバーの問題で、薄型のファンしか使えない
 ・実質、AINEX Omega Typhoon 薄型(CFZ-8015SA)一択

が、どうやら M2.6x30mm タッピングビスがあれば
ファンカバーを使わずに固定できるようなので、通常の8cmファンが使える。
 ・ソース:notz's blog iStarUSA BPN-DE340SS のファン交換メモ

そうなれば当然、Noctuaを試したくなる。
タッピングビス(念のため、M2.6用ワッシャーも)を入手してから
Noctua買いましたよ。


というわけで両者の比較表
どう見てもNoctuaのほうが上に見える(が実際は・・・)
Noctua
 NF-A8 PWM 
 Omega Typhoon 
CFZ-8015SA
厚さ25mm15mm
回転数2,200rpm2,000rpm
風量32.6CFM
(55.5m3/h)
25.26CFM実はほぼ変わらない
騒音17.7db(A)20.4db(A)実はNoctuaのほうがウルサイ
MTBF<150,000h60,000hCFZ-8015SAは2万時間でまだ元気


両者並べてみる。さすがNoctua、かっこいいね
20161010_NFA8_CFZ8015S.jpg

【実態はどうか】
両者同時に並べて稼働させて比べてみると、
実はOmega Typhoon(薄型)のほうが静かで、風量もあまり変わらない
・・・・という悲しい事実。
Noctua NF-A8 PWMは、回転数を上げたときに風切音と、あとほんの少し軸音が混じる。


【実態はどうか】
耐久性についてはまだわからないが、
自宅サーバにCFZ-8015SAを2発積んでおり、
これが両方とも2年以上24時間稼働しているので
大体20,000時間は動き続けているが、調子はいいまま。
となれば60,000時間もあれば十分だろうと。

Noctuaについては、12cmファンが優秀なのだけど
実は14cmの評判はあまり高くない様子だし、
盲目的に信じるのも良くないなと思った。
まぁ勉強代金として、代替用に保管しておきましょ。

#別途12cmも買い足していて、こっちはやっぱり素晴らしかった・・・別記事にて。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫