スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

BUFFALO BSKBC16BK と格安PCゲーミング環境

 2016-04-19
ずっと使っているThinkPadキーボードのキートップが一つ外れそうなので
新しいキーボードを購入。
どうせなので、安くて評判のゲーミングキーボードにしてみた。
Buffalo BSKBC16BKというのが、2000円程度で安い。



【使用感】
・叩いた感覚は、しっかりとゲーミングキーボード系の「スコッ」と落ちるタイプ。
・かなり静かで、ブレ等もない。2000円とは思えない高レベル
・かなキー刻印がないので、キートップがすっきり
・上下左右のデッドスペースがないので、非常にコンパクトで素晴らしい
・スペースキーはちょっと小さい方
・Windowsキー・右クリックキーを殺すゲームモードがある
・WASD周辺は同時押しに対応しているのでゲームに良い。


【格安ゲーム入力環境】
キーボード・マウス・ジョイパッド。平均単価2000円以下で買える環境。


≪Buffalo BSKBC16BK≫キーボード
 ・上に書いた通り、2000円とは思えない。この上になると、1万5千円ぐらい必要。
≪Logicool G300s≫マウス
 ・2500円のくせに、6つもマクロボタンがある
 ・マクロ登録をいつでも3種切替らえるので、実際はさらに多くのマクロボタンが使える
 ・DPI変更も装備
 ・めちゃ軽い
≪Logicool F310r≫ジョイパッド
 ・1600円のくせにやたらしっかりした作り
 ・Xinput /DirectInput 両方切替できるので、対応できないゲームが存在しない
 ・十字キーも入力ミスが少ない作り。
 ・振動機能がないのと、LT/RTが硬いのは数少ない欠点

こんな感じになる。これ以上の環境だと、一気に3万ぐらい必要。
20160408_Keyboad.jpg


まぁ、実はマウスよりケンジントンの大玉トラックボールのほうが操作性は優れているのだけど。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。