vshpere Hypervisor 6.0 (ESXi6.0)へのアップグレード

 2015-08-22
ESXi6.0が出て暫くたつので、サーバの5.5u1からアップグレードを行う。
6.0になってUSB3.0がちゃんと使えるらしいしね!

今はもうオンラインアップグレードが出来るが、
いつの間にか無償ユーザもOffline Depot(ESXi Offline Bundle)を入手できるようになったので
今回はそちらを使用して、オフラインでアップグレードしてみた。

【参考:オンラインでのアップグレード方法】
例によってv-front.deに出ている。
基本は以前書いた5.5u1へのアップグレード方法となにも変わらないが
自分でいろいろコミュニティパッチ入れてるなら注意。
特にnet-e1000e(intel i218v Ethernet)関係とか。

あと最新ビルドナンバーはv-frontのPatch Trackerで調べればいい。


【Offline Depotの入手方法】
VMware Software Managerというものが公開されているので
このツールを使う(ただしWindows用のみ)。
無償ユーザーには余計なものもたくさんDLできてしまうが、使い道もないので無視。
ESXiの最低限コアだけDLすれば、
 ・Vsphere Client
 ・HypervisorのISO(要するにESXiのISO)
 ・HypervisorのOffline Depot (ESXi Offline Bundle)
が入手可能。

常に最新版がDLされるが、2015/08/22時点では「20150704001」ビルドが最新だった。

Offline Depotは、ネット上に出回っている情報と全然違う名前でDLされるので注意。
このツールで入手すると、 「ESXi600-201507001.zip」みたいな名前になる。
別に中身は同じなので気にしない。

【実際のアップグレード】
まずOffline depotのzipを、適当にESXiサーバに放り込んでおく
(ISO入れる時と同じ、Vsphere ClientのデータストアブラウザでOK)

で、いつものように「メンテナンスモード」にしてSSHに入り、下記を実行
(今回、Firewallはもちろん変更不要)
# esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/(データストアパス)/ESXi600-201507001.zip -p ESXi-6.0
.0-20150704001-standard

 注意1:Offline Depotのバージョンやprofile名はPatch Trackerで調べて、自分の入れるビルドナンバーに合わせて修正すること
 注意2:Offline Depotは単なるzipなので、中身を除けば含まれるprofileが丸ごと見える。それも確認しとく。

で、暫く待つとこんなログを出して完了。
Update Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: VMWARE_bootbank_mtip32xx-native_3.8.5-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_cpu-microcode_6.0.0-0.0.2494585, VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_elxnet_10.2.309.6v-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_emulex-esx-elxnetcli_10.2.309.6v-0.0.2494585, VMware_bootbank_esx-base_6.0.0-0.11.2809209, VMware_bootbank_esx-dvfilter-generic-fastpath_6.0.0-0.0.2494585, VMware_bootbank_esx-tboot_6.0.0-0.0.2494585, VMware_bootbank_esx-xserver_6.0.0-0.0.2494585, VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.02.18-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lpfc_10.2.309.8-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsi-mr3_6.605.08.00-6vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsi-msgpt3_06.255.12.00-7vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsu-hp-hpsa-plugin_1.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsu-lsi-lsi-mr3-plugin_1.0.0-2vmw.600.0.11.2809209, VMware_bootbank_lsu-lsi-lsi-msgpt3-plugin_1.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsu-lsi-megaraid-sas-plugin_1.0.0-2vmw.600.0.11.2809209, VMware_bootbank_lsu-lsi-mpt2sas-plugin_1.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_lsu-lsi-mptsas-plugin_1.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.78.75.v60.7-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_misc-drivers_6.0.0-0.11.2809209, VMware_bootbank_net-bnx2_2.2.4f.v60.10-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-bnx2x_1.78.80.v60.12-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-cnic_1.78.76.v60.13-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-5vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-enic_2.1.2.38-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-igb_5.0.5.1.1-5vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-ixgbe_3.7.13.7.14iov-20vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-mlx4-core_1.9.7.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-mlx4-en_1.9.7.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-nx-nic_5.0.621-5vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-tg3_3.131d.v60.4-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_nmlx4-core_3.0.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_nmlx4-en_3.0.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_nmlx4-rdma_3.0.0.0-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_nvme_1.0e.0.35-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_qlnativefc_2.0.12.0-5vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_rste_2.0.2.0088-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-21vmw.600.0.11.2809209, VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-10vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-sata-sil24_1.1-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-bnx2fc_1.78.78.v60.8-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-bnx2i_2.78.76.v60.8-1vmw.600.0.11.2809209, VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.45-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-hpsa_6.0.0.44-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_6.603.55.00-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_19.00.00.00-1vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-9vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-9vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-7vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.600.0.0.2494585, VMware_bootbank_xhci-xhci_1.0-2vmw.600.0.0.2494585, VMware_locker_tools-light_6.0.0-0.11.2809209
VIBs Removed: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_elxnet_10.0.100.0v-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_esx-base_5.5.0-2.33.2068190, VMware_bootbank_esx-dvfilter-generic-fastpath_5.5.0-0.0.1331820, VMware_bootbank_esx-tboot_5.5.0-2.33.2068190, VMware_bootbank_esx-xlibs_5.5.0-0.0.1331820, VMware_bootbank_esx-xserver_5.5.0-0.0.1331820, VMware_bootbank_ima-qla4xxx_2.01.31-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_lpfc_10.0.100.1-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_lsi-mr3_0.255.03.01-2vmw.550.1.16.1746018, VMware_bootbank_lsi-msgpt3_00.255.03.03-1vmw.550.1.15.1623387, VMware_bootbank_misc-cnic-register_1.72.1.v50.1i-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_misc-drivers_5.5.0-2.33.2068190, VMware_bootbank_mtip32xx-native_3.3.4-1vmw.550.1.15.1623387, VMware_bootbank_net-be2net_4.6.100.0v-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-bnx2_2.2.3d.v55.2-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-bnx2x_1.72.56.v55.2-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-cnic_1.72.52.v55.1-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-enic_1.4.2.15a-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-igb_5.0.5.1.1-1vmw.550.1.15.1623387, VMware_bootbank_net-ixgbe_3.7.13.7.14iov-11vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-mlx4-core_1.9.7.0-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-mlx4-en_1.9.7.0-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-nx-nic_5.0.621-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_net-tg3_3.123c.v55.5-1vmw.550.2.33.2068190, VMware_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_qlnativefc_1.0.12.0-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_rste_2.0.2.0088-4vmw.550.1.15.1623387, VMware_bootbank_sata-ahci_3.0-20vmw.550.2.33.2068190, VMware_bootbank_sata-ata-piix_2.12-10vmw.550.2.33.2068190, VMware_bootbank_sata-sata-nv_3.5-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_sata-sata-sil24_1.1-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_sata-sata-sil_2.3-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-bnx2fc_1.72.53.v55.1-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-bnx2i_2.72.11.v55.4-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.4-1vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.5.0-44vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-lpfc820_8.2.3.1-129vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-megaraid-sas_5.34-9vmw.550.2.33.2068190, VMware_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-mpt2sas_14.00.00.00-3vmw.550.1.15.1623387, VMware_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-9vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-9vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-qla2xxx_902.k1.1-9vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-6vmw.550.0.0.1331820, VMware_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.550.0.0.1331820, VMware_locker_tools-light_5.5.0-2.33.2068190
VIBs Skipped: VMware_bootbank_net-e1000e_2.5.4-6vmw.600.0.0.2494585

あとはリブートしてメンテナンスモードを終わらせて・・・なのだが
今回はもう一つ。


【net-e1000eドライバを純正に戻す】
以前、i218v Ethernetのためにコミュニティドライバを入れていたわけだが
ESXi6.0では純正ドライバでi218vに対応するようになったので、入れ替える。
ちなみにsata-xahciドライバは、まだ純正が出てないのでキャリーオーバーしとく

オンラインでやる方法は調べてない(というかe1000eドライバの場所を探すのが面倒だった)が
今回はOffline Depotがあるのでそのままv-front.deの方法を使う。
# esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/(データストアパス)/ESXi600-201507001.zip -n net-e1000e
.0-20150704001-standard

Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: VMware_bootbank_net-e1000e_2.5.4-6vmw.600.0.0.2494585
VIBs Removed: GLRoman_bootbank_net-e1000e_3.1.0.2-glr
VIBs Skipped:


で、今度こそリブートしてメンテナンスモードを終了するのだが
5.5から6.0になったためライセンスを新たに取得する必要があることに注意。
普通にmy vmwareで無償版プロダクトキーを入力すれば完了!



・・・で、USB3.0がパススルーデバイスに出てきてない気もするんだが
もう少し掘り下げるかなぁ・・・・

以上。
スポンサーサイト
タグ :

続:Windows10 圧縮インストールで容量削減:Yoga Tablet 2 Windows(1051F)

 2015-08-07
前回、インストール時のコマンドオプションでWindows10の圧縮インストールをやってみたが
もっと簡単にできたのでメモ。

【操作コマンド】
管理者権限のコマンドプロンプトで下記の操作ができる。
compact.exe /CompactOS:query 圧縮状態の確認
compact.exe /CompactOS:always 圧縮を有効にする
compact.exe /CompactOS:never 圧縮を無効(解除)にする



【それぞれの比較】
アップデートインストール(引き継ぎなし)+不要領域開放。圧縮状態は自動で有効。
8.33GB使用
20150807_UPDATEINSTALL.png

前回の方法。圧縮状態はもちろん有効
6.73GB使用
20150801_yoga2_hdd2.png

普通にクリーンインストール。圧縮状態は無効
8.05GB使用
20150807_CLEANINSTALL.png

普通にクリーンインストール後、compactコマンドで圧縮する。圧縮状態は有効
6.72GB使用
20150807_CLEAN_AND_COMPACT.png


【結果】
前回みたいな面倒なことしなくても、簡単に圧縮インストール状態(CompactOS)になった。
こっちのほうがいいな。
タグ :

Windows10 圧縮インストールで容量削減:Yoga Tablet 2 Windows(1051F)

 2015-08-01
#8月7日追記:もっと簡単な方法が判明しました



去年末に手に入れた Yoga Tablet 2 Windows 10インチ(1051F)について
Windows10を入れてみた。
ついでに今回、「コンパクト化」のインストールを行うことで、
ドライブ空き容量を最大限増やしてみる。

Lenovo YOGA TABLET 2 with Windows 59428422

Lenovo YOGA TABLET 2 with Windows 59428422
価格:45,716円(税込、送料込)



【Windows10のコンパクト化とは】
 参照A:Windows 10 のフットプリント削減のしくみ(Microsoft Blog)
 参照B:Windows 10 は 6.6GBのスリム化に成功。システム圧縮とリカバリ方式改善(Engadget Japanese)

 ・Windows8のWIMBOOTを発展させた
 ・インストール容量を圧縮できる点はWIMBOOTと同じ
 ・ただしWindows Updateなどを繰り返しても、WIMBOOTのように急速な肥大化を起こさない
 ・回復ドライブもほぼ不要になる
 ・実はWIMBOOTと併用もできる(あまり意味ないと思う)


【Yoga Tablet 2 (1051F)だと、どのぐらい縮むのか】
 ・空き容量:21GB(素のWindows8.1、購入直後)
 ・空き容量:15GB(素のWindows8.1、Windows Update後)
 ・空き容量:14GB(普通にWindows10をアップグレードインストール)
 ・空き容量:19GB(上記+Windows8.1回復領域削除)
 ・空き容量:22GB(Windows10 クリーンインストール+Compact化)

 実際に入れてみるとこう。
 ページファイルを含めて6.7GBしか消費していない。
 (普通にインストールすると10GB程度使う)
20150801_yoga2_hdd1.png
20150801_yoga2_hdd2.png

 回復領域等をもう少し削れば、あと数百MB程度稼げるが、面倒なのでこれで十分。


【導入に必要なもの】
 まず、USBキーボードとUSBメモリを同時に繋げられないと始まらない。
 もしかしたらmicroSDでいけるかもしれないので、その場合はハブ不要。

 ・普通にWindows10インストール用のUSBメモリ
 ・USBキーボード
 ・USBハブ(セルフパワー推奨)
 ・OTGケーブル
 ・バッテリーを必ず満充電にする(作業中、AC使えないのです)

 ・普通のアップグレードインストール、更にクリーンインストールが出来ていることを前提とする
 (それも出来ていない人は、今回以前の問題)
 ・当たり前だが、外部ツールにてWindows8.1のシステムをHDDイメージごとバックアップ出来ていること
  (でないと、二度とWindows8.1に戻せない)
 ・外部ツールはWindowsPEブートするものを使わないと、ブートすらしないので注意(EASEUSを使うと楽)


【導入方法】
 ・USBメモリから起動
 ・カスタムインストールを選び、ドライブのフォーマットができるところまで進む
 ・既存領域を全解放
 ・新たに領域確保
 ・インストールパーティションをフォーマットする
 ・ほかのパーティションは弄らなくて良い
 ・そのまま、おもむろにShift+F10でコマンドプロンプトに降りる

 ・USBメモリ、およびインストール先のドライブレターをメモする
X:\sources> diskpart
DISKPART> list disk
(パーティション一覧)
DISKPART > exit

 ・以下、仮に「USBドライブ:D」「インストール先:F」とする。
 ・以下、32bit専用メディア時。32/64兼用だと全てディレクトリが異なります
X:\sources> D:
D:\> cd \sources
D:\sources> DISM /Apply-Image /ImageFile:D:\sources\install.esd /Index:1 /ApplyDir:F:\ /Compact
Deployment Image Servicing and Management Tool
Version: 10.0.10240.16384

Applying Image
[==================100.0%=================]
The Operation Completed Successfully.


D:\sources> bcdboot F:\Windows
Boot files Successfully created.
D:\sources> exit


 ・ドライブフォーマット画面に戻るので、インストーラを終了する。
 ・USBメモリを抜いて、リブート。
 ・あとはもう普通にWindows10のインストールが進む。
 ・ただし強制英語キーになってるので、パスワードに記号を使う人は要注意!!
 ・インストールが完了したら、Yoga Tablet 2 Windowsのドライバを導入する。


 ・ドライバ導入が終わるまでは、タッチパネルもバッテリーもBluetoothも使えないので注意。
 ・でもWiFiだけは使える




以上。
22GBも空いてれば、さすがにもう普通のマシンとして使える。
Windows Updateしても容量ほとんど減らないしね!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫