スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

AKG K701

 2008-12-20
前回K420を買ってあまりによかったので、AKGに対する見方を変えて
買ってみましたK701。

本当はゼンハイザー HD650が欲しかったのだけど、数年ぶりにHD680に変わるらしいので
とりあえず先にAKGを押さえてみた。

国内正規品は8万ほどするが、
昨今の円高もあって並行輸入品が半額ほどで買える。
流石にここまで値差があるとハーマンの正規品は買えない・・・・。

K701

AKG
¥39,800-



買って驚き、K240SともK420ともK324Pとも違う音がする。
というかAKG、機種ごとに音の方向性が全然違うんだねぇ。
ともかく感想を以下に。

エージング前だが、基本傾向は変わらないと思うのでそのまま表記

【質感・装着感】
・陶磁器のような質感・・・という程ではないが、非常に丁寧な作り。4万ならまぁ納得。
・K240Sと同じくセルフアジャスト機構が付いており、フィッティングはとても楽。
・ヘッドバンドの出っ張りが人によっては気になる様子(私は平気だった)

【音漏れ】
史上最高に漏れてる。スピーカーかと思った(笑)
・HD595やK240Sなどよりも圧倒的に漏れる量が多い、もうそのまま放射してる。

【周波数帯域・音の伸び】
・低域ブリブリと思ったが、逆に少ないぐらい。ちょっと驚いた。
・高域は大変美しく伸びる。しかもサ行(歯擦音)が刺さらない
・音はすごい伸びる。手持ちで最高に伸びてる。
・開放型だということを考慮しても無茶苦茶伸びている。
・全体的に、大変自然。小口径スピーカーのようなバランス。

【分解能・解像度・混ざり方】
・AKGの中では最高クラス。手持ちの中でもかなり上位。
・しかも良く混ざる。
・両方の掛け算で言えば最高レベルといってもいい。

【音場】
・AKGじゃないと思うぐらい、自然な音場が構成される。
・HD595やe9のような「作られた音場」ではなく、あくまで自然なレベル。


【ジャンルの得手不得手】
・大編成クラシックは、低域の量が勝負みたいなもんもあるので不向き
・ジャズはとても良い(特に50年代の録音とか、かなり楽しい)
・ハードロックは低域の量が足りず、といってER-4Sのようにタイトな快感もない。
・ヘビメタも同様。中域が出過ぎる感じになる。
・Tranceなどの系統は悪くない(ちょっと低域弱いが、ロックと違いタイト感がある)
・JPOPはかなり良い。
・女性ボーカルは恐らく最高によい(サ行が刺さらないのに高域が伸びるため)

・基本的にはどれも聴きやすく、伸びやかな音になる。

【総合的に】
ヨーロッパのスタジオからの引き合いが強くて、黒モデル(K702)を出したらしいが
確かにこれはそうだろうなと思える。
変な帯域増強はないし、装着感も良い、そこそこ分解能が高い、とくれば
長時間のミキシングに向いていると思う。

弱点は低域が少ないことで、音の迫力やパワーが失われ気味なことか。



こっから他機種比較

【比較:K240S】
・音のクッキリ感が異次元。
・K240Sが「ものすごく低域に支配されている」ように感じてしまう。
・しかもK240Sの低域は緩いので、曇った感じに聞こえる。
・音の開放感も次元が違う。
・音場はもともとK240Sが非常に狭いので勝負にならない。
・実は高域が繊細というポイントは共通している
・しかしそんなものは他の帯域の前では気がつかない程度の違い

・殆ど全ジャンルでK701の方が圧倒的に良い。
・でも、ロックとメタルだけは低域量のあるK240Sのほうが好適

【比較:K420】
・解像度と開放感と音場は圧倒的にK701
・でもパワー感はK420。低域がモリモリ。
・K420の低域はK240Sと違って締まりがあるのです
・音漏れはK420の方が遙かに少ない
・高域の繊細さは共通。

・なんとなくK420の方が「楽しい」。性能はダンチで負けてるんだけど・・・
・K420すげー優れた機種だなと思いました

【比較:Ultrasone e9】
・e9は要するにドンシャリ(ああ、ついにいってしまった)だが、こっちはナチュラルな伸び。
・e9は耳鳴りがするほど歯擦音が刺さる曲があるが、K701はまったく刺さらない
・分解能自体はe9の方が高い。耳コピにはe9か。
・低域の密度もe9の方が遙かに高い。
・しかし、音の伸びやかさでは圧倒的にK701。
・e9は密閉型故の「詰まった感じ」がある。それがエネルギー感にも繋がるのだけど。
・e9は若者向きか。K701はアコースティック楽器の演奏者が好みそう。

・ロックとメタルはe9、それ以外はK701
・1時間しか聴かないならe9、10時間聴き続けたいならK701
・e9は密閉型なので音漏れが少ないという点を忘れてはいけない

【比較:HD595】
・伸びやかさは良い勝負
・解像度はK701の勝ち。
・高音の伸びについてもK701の勝ち
・HD595のように「作った感」がないので、K701は変なところで不得手が出てくることがない。
・しかしHD595のサラウンドチックな音場には魔力があると思うので・・・・
・低域のパワー自体はHD595の方がある。
・実はHD595のほうが装着感が良い。パッド形状と側圧が違う。

・楽しく聴けるのは相変わらずHD595が最強。
・HD650(または発売予定のHD680)と比較してみたくなった。

【比較:ER-4S】
音の伸びやかさ、自然さ度合いが非常に似通っている
・でもK701の方がちょっと解像度低い(低域のタイト感がない)
・このためER-4Sと違ってロック・メタルが苦手分野になってしまう。
・音場は当然K701の方が自然に広がる

・ER-4Sは実は不得手ジャンルが一個もないので使い分けは微妙
・ただ、e9とER-4Sを併用するよりは、K701を併用する方がいい。
・理由は「疲れない割に聞こえ方が似ている」から。

【比較:MDR-XB700】
・ある意味で対極といっていい。
・低域に全てを掛けるXB700 vs 伸びやかさと繊細さのK701
・でもどっちも耳に刺さらなくて聴きやすいという強力な共通点を持つ

・この2機種の併用はありじゃないかと思った。私はその中間が欲しいけど。



以上。やっぱゼンハイザーも買おうっと。
スポンサーサイト
タグ :

AKG K420

 2008-12-15
Everun Noteは現在ベッドサイドで使っているのだけど、そうなると寝転がって使えつつ
そのまま眠ってしまってもいいヘッドホンが欲しくなる。
そういう用途は聞きやすい方がいいのだけど、手持ちの中ではAKG K240Sが一番よかった。
しかしこいつはでかすぎて、首を横に出来ない・・・・・
またカナル系だとety8やer-4sでいいのだけど出っ張りが気になるし、
寝るときは違和感があるので却下。
というわけでヨドバシに行って物色。

【極簡易的な試聴】
狙い目は小型のヘッドホン。
まず国産コーナーで視聴したら、相変わらずキンキンする音だったので即やめて
結局海外製品コーナーへ。
まいどのAKG / SENNHEISER / BOSEあたりになってしまう。

ざっと聞いてみると、なんだかAKGが良い感じで音が伸びつつ、刺激が少ない。
SENNHEIR PX100もいいんだけど、こいつは横に出っ張りがあるので寝るときはきつい・・・

で、AKGに絞って聞いてみた。K414P/K420/K430/K450。
K430/K450の3つは、ちょっと音がつまり気味。
K414Pはつまり気味が薄めだけど低域も薄い。
K420はものすごく音が伸びやか(開放的)で、かつ低音が気持ち良く出ている。

ちゃんと見てみたらやっぱりK420は開放型だった。そりゃ伸びるわ。
店頭の視聴だとちょっと判断しきれないのだけど、まぁ直感でK420にしました。

K420

AKG (Harman International)
¥8,990-


ヨドでポイント還元後9000円ぐらい。サウンドハウスだと送料入れて6000円強。
差は、日本法人による2年間のサポートが付いているかどうかであって
3000円ぐらいならハーマンの人達に払うのもいいじゃないかと思う。2年保証だしね。


で持ち帰って聞いてみた感想。

【装着感】
この手のは本当に久々で、良いのか悪いのか比較が出来ない。
が、なんか20年ぐらい前にあったなぁという装着感がする。
長時間つけておくことに問題は特になさそう。

余計な出っ張りが全くない上にユニットが薄いので、寝転がるにはベスト。


【音質】
とりあえずFireface400で聞いてみた

周波数帯域。
低音が凄い出る。望んでいたよりも出過ぎてる・・・
明らかにK240Sより出ている・・・・やはり店頭だけではわからないもんで。
この辺エージングで減ってくれればいいなぁと思うが、、、、どうだろう。
但し中音域の伸びやかさは視聴通り素晴らしく、
高音はK240Sと似た「柔らかいけど伸びる」系。
AKGはこの高域が持ち味なのかなぁ、まだわからない。

聞きやすさ。
手持ちの中でも最高レベルに近い。

分解能と全体の整合性。
分解能は決して高くなく、K240Sより低い。
しかし音が凄く上手く混ざってくれつつ、低音が上手く響くので
ノリがとても良い。

音場。
K240Sより広め・・というか平均点かな?十分です。

総合。
すっごい聞きやすい。音も良く伸びる。ノリがイイ。
上記はHD595に近い書き方だけど、
あっちは音場がサラウンド的に広がるのに対して
こちらは芯がある感じの音になる・・・・メタル系にはこっちがよろしい。
なお低音がもう少し薄い方がいいのだけど、決して下品な音ではなく、またこれは完全に好み。



【特記事項】
何となく予想していたのだけど、そこそこプアな環境でも十分聴けます
ノートパソコンのヘッドホンアウト(最近の機種はそれなりにまとも)で良い音が鳴らせるのだ。
もちろんFireFace400などの効果がないわけではないのだが
AKG K240SやUltrasone e9、またHD595のように
「ちゃんとしたアンプじゃないとまともに鳴らない」なんてことがない。
これは素晴らしい。Everun NoteにGo Vibe Magnumを組み合わせてたのだけど、
寝るときに使う手軽さを考えたら、Magnumいらないかも。



以下おまけ・・・・・
AKGは、カナルがキンキンタイプ(オーテク的)で、かなり駄目なメーカーと思って
更にK240SとHD595の比較で(価格が違うとはいえ)やっぱりAKGは劣るな、とか思ったのだけど
今回結局AKGを選んでしまっている。
ついでに言えば、手持ちのヘッドホンタイプで一番使うのはK240Sだ。
(イヤホンも入れれば圧倒的にER-4Sが一番だけど)

意識してないのに気がつけばAKGが凄い浸食してる。
白米みたいなもんなのか。いっそK701も買うべきなのか。

e9で終わったと思ったのに、まだスパイラルは続く。
タグ :

Everun Note D24S高速化(MTRON MSD-PATA3018-032ZIF2)

 2008-12-13
Everun Note D24S(その1その2その3)を使っていて、不満な点は
・無線LANが遅い(その3で対策したが微妙)
・メモリが1GBしかない
・SSDが8GB(SLC)+16GB(MLC)と変則的で、特にCドライブのダイエットが面倒
・SLCのドライブも決して速くない(シーケンシャル33MB/sec)

メモリの事を考えると、スワップで遅くなったりするし、いちいちダイエットも面倒。
というわけで買いました。MTRON SSD 32GB。

MSD-PATA3018-032ZIF2

MTRON
¥29,800-


Everun Noteの場合、内蔵ドライブは以下の制限がある。
1:サイズは1.8インチである
2:インタフェースはPATAである
3:厚みが5mmのドライブしか入らない

上記をクリアするSSDは多くないのだけど、
MTRON MSD-PATA3018-032ZIF2 が一番手に入りやすい。
ここ数日で値段もどんどん下がっているので、一気に買いやすくなってきた。


というわけでサクッと装着。元のドライブも一緒に撮影。
ちなみに元々入っているドライブは、1枚の基板で2ドライブ(SLC8GB+MLC16GB)という
なんだか変態なドライブ。カスタムメイドだろうか。
20081213038.jpg

【データ移行方法】
あらかじめCドライブだけで成立するようにシステムを整理しておく
・外部ドライブモード(Macでいうターゲットディスクモード)で、他のPCからTrueImageでバックアップ
・差し替えて、書き戻して(同時にパーティションサイズ拡大させて)、終わり。

感覚的には、単なる外付けドライブのバックアップみたいなもんで、速攻で終わる。


【速度などについて】
まずはCrystalDiskMark。超速い!
リアルに3倍速ぐらいになってます。
EVERUN_NOTE_MTRON_CRYSTAL.jpg

起動が劇的に速くなった。特にOSが立ち上がってから操作可能になるまでの部分。
休止状態要らないかなと思える。
その他、アプリ立ち上げやなんやかや、全体的に劇的な改善。
メモリが1GBしかないEverun Noteの場合、スワップの速度も影響あるので
システム全体のレスポンスが底上げされた感じになる。

もう一つ重要な効果としてCドライブのダイエットが不要になった。
そりゃ標準装備だとCドライブが8GBしかないのだから
スワップ領域を最小100MBとか、
休止状態使わないとか
My Documentsを遅いDドライブに入れとくとか
色々面倒だったが、、、、これで普通のノートとして使える。


これでかなり最強のNetBookになってきた。
というかパフォーマンスはLet's NoteのCore2Duoモデルとタメを張れるので
NetBookとかULPCという分類ではない気がする。
(値段的にも、10万超えてくるわけで)

後はホントに無線LANだけだわ。
タグ :

Thecus N7700

 2008-12-07
Thecus_logo.gif

7台NAS Thecus N7700なんてものが出てる。
Gigabit Ethernet、iSCSIも対応、Celeron1.86GHz搭載。
N7700_large[1]

Impressの記事によるとシーケンシャルリード77MBytes/sec、ライト100MBytes/sec
結構ギガビットの限界に迫ってる。

ちなみにウチはThinkpad t60にUbuntuを載せて、
HDDはテラタワーをeSATA接続してサーバにしてるのだけど
なんと読み込み性能で負けてる。(書き込みなどは負けてないのだけど)。

うちの結果は下記。上記Impressのリンクにあるベンチ結果と比較して悲しくなりました orz
もう自分で組む必要がないなぁ・・・これ多分linux内蔵なんだろうし。
crystaldiskmark20081207.jpg
タグ :

KRK V4 Series2

 2008-12-07
Official-KRK-Logo[1]
以前書いたとおり、YAMAHA MSP5Aを売ってBOSE M3を買うという
かなりの失敗をしてしまっていたのだけれど
やっと手に入れました。KRK V4 Series2。

タバコと比較してみた。それなりに小さくて良い。
KRK_V4_Series2_081207

実はこの機種は既に絶版で、今は後継のKRK VXT4というのになってる。
店で聞いてきたが、音質に大きな違いはなく
お体がラウンド状になっているので回折がしにくいと言うことのよう・・・
VXT4
KRK
¥69,800-


しかし私はカクカクしてる方がいいので、
わざわざヤフオクで落としたのでした。
美品と書いてあったが結構傷が付いていたりと、
流石オークションという感じだけれど4万円だったので文句はない。
日本の保証書もあるからメーカーのメンテ(有償だが優れたメンテらしい)受けられるしね。

というわけで、
RME Fireface400に繋いでみた。
ケーブルはコメ兵で処分していた200円の安物。
BELDENケーブル作らないとなぁ。

V4のオートパワー機能(入力がないと勝手に電源を落としてくれる)は問題なく動作。
更に音量がでかすぎるのでアッテネータをミニマム(-30db)に調整。

で、肝心の音。
・・・・なんだか高域が丸まってる気がする。
良く聞くと高音が出ていない訳じゃないし、
BOSE M3で失われていた中域の伸びが、ちゃんと視聴していた頃のイメージ通りに伸びるので
おそらく、自分の耳がおかしくなってるんだろうかね。
Ultrasone e9とかドンシャリなやつを最近使っていたせいだろうか。

ただ、以前使っていたYAMAHA MSP5Aと比較しても丸い気がするんだな・・
店で聞いたときは決してそんなこと無かったのだけれど。
折角だから日本代理店のエレクトリに一度メンテに出しましょうかね。
2万ぐらいでメンテしてくれるらしいし。

本来の出音とオートパワー機能に3年前から惚れてるので
もうちょっと金をつぎ込んでみようと思います。



【おまけ】
eyesoftsさんに頼んでいるUSBDACヘッドホンアンプ、先週途中経過が来ていた。
回路が終わってケースに組み付けるかという段階らしい。
着々と進めて頂いている・・・・うふふ・・・・

今使ってるやつも音質はいいんだけど、
やっぱり標準ジャックが欲しい!USBで直結したい!と。
春までには来るかなっと。

タグ :

Everun Note D24S と 世界最小(らしい)USB無線LANアダプタ

 2008-12-03
Everun Note D24S (その1 / その2)の続き。無線LAN高速化。

内蔵の無線LANはSDIO接続で、実測1~8Mbpsしかでない。
ので、これを買ってみた。PLANEX GW-USMICRON。

GW-USMICRON

Planex
¥2,694-

802.11n(draft2.0 / 150Mbps)対応の代物。なおかつ現時点で世界最小らしい。
挿してみるとこんな感じ。色も完璧サイズも完璧、Everun Noteに最適(見た目だけは)
20081203030.jpg

で、実測してみたらちゃんと11n(150Mbps)で繋がるんだけど
肝心の実効速度が10~20Mbps。
ぶっちゃけSSDの速度に足を引っ張られるんだけど、
それがなくても20Mbpsがいっぱいいっぱい。


ちなみにThinkpad T61pに繋いだ場合はもう少し速いが、根本的には同じ次元。

十分に健闘してると思うし、内蔵の無線LANより2倍以上速いのだけれど、
HD動画のネットワークドライブ経由再生には足りない、という点で
本質的に改善されていない。

というわけで早速押し入れ行きです。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。