Port Multiplier + LVM + XFS on Ubuntu 8.04(完了編)

 2008-06-30
Ubuntu_logo
前回のつづき。Ubuntu 8.04(LTS)でのPort Multiplier + LVM。今回はLVM以降。

LVMは初めて使うのでまずは調べる。
15年前から変わらずJFが一番よかったのだけど
もう一つ、わかりやすかったページがあったので記載。
Logical Volume Mangager HOWTO
LVMの構築について

【事前に気にしていたポイント】
LVMが「複数HDDを連結してひとつのHDDのように扱う」技術という前提で
下記が気になっていたので、一応最初に調査+実験結果。
    1:物理的なHDDの接続順番が変わってもいいか - Ok
      debian (etch)は、起動の度にHDD認識順序が変わってしまう。
      /dev/sda が /dev/sdc になったりするためUUIDでマウントさせていた。
      LVMの場合・・・作成時こそUUIDで指定出来ないが、一度稼働すれば自働追従。
      どうやら各物理HDDに構成情報が内包されていて、手動なら vgscan コマンドでok
      ただ、ubuntuが起動の度にvgscanしているのか、LVMはそもそも毎回自働追従なのか、
      UUIDをちゃんと使っているだけなのか、そのへんはまだ要勉強。

    2:構成HDDが1台でも異常になると、データは全部飛ぶのか - 大丈夫
      HDDの「増設」だけではなく「入れ替え」が出来る。
      先に新HDDを増設し、容量を拡張。
      旧HDDを「空にする」(そういうコマンドがある)。
      最後に旧HDDを取り外せばok。
      しかし、そもそもどの物理HDDがおかしくなっているか、調査するのが面倒らしい。

    3:PC本体側をリプレースしたとき、単に再マウントでいいのか - 少しだけ違う
      まだ試していないが、vgscan コマンドと少々の追加操作が要るらしい。
      そう手間でもなさそう。

    4:ジャーナリングファイルシステムは使えるか - 少し問題ある
      リンク先がアクセスできなかったので再確認できないが、
      低確率で問題がある(barrier機能が使えないので、停電時におかしくなる時がある)ようだが
      他に同様のソースは見つからなかったので、恐らく個人では気にしなくて良いと判断。


【LVM、概念上のポイント】
とりあえず色々読んで、自分なりに重要と思ったポイント。
    1:LVMは、3層構造である(最重要)。
      1層目:物理パーティション(PV / Physical Volume) 物理パーティションからなる
      2層目:仮想HDD(VG / Volume Group) 複数のPVから自分で作成
      3層目:論理ボリューム(LV / Logical Volume) 実質、これがパーティションに近い

    2:各層に、似たようなコマンドがある
      pvcreate / vgcreate / lvcreate
      pvdisplay / vgdisplay / lvdisplay
      でも vgextend / lvextend はあるが、pvextendはない。
      他にも各層の役割から来るコマンド体系の違いがあるので注意。

    3:VG(仮想HDD)において、「クラスタ」に相当する概念がある
      E (Extent / エクステント) と呼称されている。
      エクステントサイズを変えようと思えば変えられるのも、クラスタと同じ。

    4:LV(論理ボリューム)は、エクステント単位で管理される
      LVを作る時は、基本的にエクステント単位で割り当てる。
      容量拡張は、VGに余剰エクステントを作り(PVを足せばok)、LVへの割り当てを増やす。
      物理HDD交換時は、まず新HDD(=PV)をVGに足してから
      旧HDD(=PV)のエクステントを「移動」させる
      (操作としては「特定のPVのエクステントを空きにする」コマンド)

    5:使用するファイルシステムが、動的サイズ変更に対応していること
      VGやLVを拡張しても、肝心のファイルシステムがサイズ変更出来なければ意味が薄い。
      XFSは「増やせるが減らせない」。ReiserFSはどっちも可能らしい。
      物理HDD交換時は、ファイルシステムを拡張せず、LVだけ拡張して操作するのがミソか。


【実際の操作上のポイント】
VG(仮想HDD)は、自分で名前をつける。つまり下記は同格。
/dev/sda
/dev/vghoge

LV(論理ボリューム、)も名前をつけるのだが、下記が同格なので注意!
通常の物理ドライブは、「/dev/sda/1」などとは書かないが、LVMは違う。
/dev/sda1
/dev/vghoge/lvhage


それからUbuntu特有なのは下記。
1: modprobe dm-mirror を毎回打ち込むか、 /etc/modules に dm-mirror を登録しないと駄目
2:GUIありません。CentOSからもってくればいいらしいが、、、
3:LVMと関係ないが、XFSはSynapticなりaptitudeで導入しないと使えない

あとは、下記の4段でいいと。
・PVを用意
・PVを組み合わせてVG作る
・VGからLVを切って(パーティションを切るのと同格だ)
・LVをReiserFSなりXFSなり、適当にフォーマットして使う

詳細は、文頭のHOWTOを読めばわかるので大胆に割愛(笑)


以上。
スポンサーサイト
タグ :

最近のHDDの温度

 2008-06-28
なんとなくサーバに繋がってるHDDの温度を計測。

# hddtemp /dev/sd*

/dev/sda: SAMSUNG HD103UI: 27°C
/dev/sdb: ST3750640AS: 42°C
/dev/sdc: SAMSUNG HD103UI: 27°C
/dev/sdd: SAMSUNG HD103UI: 27°C
/dev/sde: Hitachi HDS721010KLA330: 39°C
/dev/sdf: TOSHIBA MK2035GSS: 39°C


TOSHIBAのは、ThinkPad本体に内蔵されているので例外。
ほかは全部同じ環境( EX35PM8B-PE 内)にある。

SAMSUNG HD103UIが素晴らしい。
他より10度以上低い温度に保たれている。
3枚プラッタ / 5400rpmだという点を考慮しても余りある低発熱。

あとSeagate、やはり10年前と変わらず駄目だね。
安いことが多いので仕方なく買ったが、もう買わない。
タグ :

vmware server on Ubuntu 8.04 udev/gvfs

 2008-06-25
Ubuntu_logovmware_logo

前回のUbuntu8.04導入で、LVM関連について書こうとしたが
それよりも恐ろしい事が起きたので先に記載。vmware server回り。
ぶっちゃけdebian(etch)よりはるかに問題があった。


うちのvmwareはWindowsXPが動いており、
さらにホストマシンにつないだUSB-HDD (当然NTFS)を
rawモード認識させ、外部ドライブとして利用する。
これによって、普通に使っているWindowsマシンで使うUSB-HDDを
そのまま仮想PCの方にも利用できるのだが。色々問題が。

#素直にUSB-HDDとしてvmwareに認識させると、なぜかよくWindowsがエラーを吐く。



【0】導入自体の問題点
1:最近まではUbuntu8.04ではまともにインストールすら出来なかった
2:any-any-updateとかいうgoogle謹製(ほんとか?)スクリプトが必須だった
3:5月末にvmware server v1.0.6がしれっとリリース
4:これで「ubuntu 8.04ではインストールすら出来ない」問題は解決。

5:よって、今は普通にインストール・・・・だけではまだ動かず、下記が必要。
# cp /lib/libgcc_s.so.1 /usr/lib/vmware/lib/libgcc_s.so.1
# cp /usr/lib/libpng12.so.0 /usr/lib/vmware/lib/libpng12.so.0

詳しくは "How to VMWare Server 1.0.6 in Ubuntu 8.04"参照。
・・・・ま、ともかくこれで動いた。時計の問題はいつも通りなので割愛(参考リンク)



【1】パーミッション問題
vmwareから物理HDDにrawアクセスしたいわけだが
/dev/sd* にパーミッション障害があると言われる。
どうやら、udevの設定に問題あり(USBドライブもSCSI固定HDDとして認識する)。
で、固定HDDのデバイスファイルは 「所有者root / グループdisk」になり
通常ユーザーは書き込みできないようになっている。

#debian(etch)は、ちゃんとUSBだと認識できる

/etc/udev/rules.d/40-permissions.rules が設定ファイルで
アルゴリズムを弄くってみたが、面倒になったので
/etc/group側で対処。(diskグループに自分のユーザーIDを追加)

セキュリティ上望ましくないのだけど。



【2】Ubuntuが勝手にマウントしようとする
rawアクセスの前提としてホストのLinux上ではマウントしないことが必要で、
debian(etch)までは自動マウント機能を普通に切ればなんの問題もなかった。

がUbuntu・・・自動マウントを切ったのに、怪しげな自動マウントをする。
しかも、Nautilus(ファイルマネージャ)上でしっかりHDD認識しており
ダブルクリックすると勝手にマウントしやがる。

最近のGnomeにはgvfsという仕組みがあり、こいつが悪さをしている様子。
しかもUbuntu8.04はntfs-3gが入っておりNTFSに書き込みできてしまう
これらは、普通の用途なら素晴らしい機能改善だが
vmwareからrawアクセスしていると、とても危険な状況に陥ること間違いなし。

というわけで、この辺を殺さないとならないのだが
gvfsはGnomeと深く関わっているようなので、
NTFSを扱えなくする(マウント自体に失敗する)ようにした。
# aptitude purge ntfs-3g

これでUbuntuがどう足掻いてもNTFSはマウントすらできん。



以上。
なんとも困ったもんだなぁ。とりあえず動いてるからいいか。
次回こそLVMについて。
タグ :

Port Multiplier + LVM + XFS on Ubuntu 8.04(力尽き編)

 2008-06-22
Ubuntu_logo

サーバのHDDが枯渇しているので増設を行いたい。
が、もはや3TB程度つながっており、eSATAポートが2つしかないので
これ以上増やすには1ポートで複数のHDDを繋げるための
ポートマルチプライヤが必須。

で、現状サーバのdebian(etch)はKernelがポートマルチプライヤ対応してない。
取り合えずlennyを試すが、相変わらずThinkpad T60のRADEON X1400と相性が悪く
しかもフォントその他もまだヘボいので、正式リリースまでは保留。
代わりにLong Term Support版が出たUbuntu(8.04)にしてみた。

ちなみに今回HDDを積むのはこれ。
8台クラスになると選択肢がこれしか残ってない。
テラタワーSATA RAID (EX35PM8B-PE)
Century
¥55,430-

SUGOI SATA ExpressCard34 (SATA-EC300)
System Talks
¥10,240-

テラタワーにはPCI ExpressカードのI/Fが付属しており、これ以外での保証はなし。
当然、ノートPC + Ubuntuでの動作例なんぞ見つからなかった・・が
まぁExpressCard/34のI/Fもちゃんとポートマルチプライヤ版を買ってあるし
どっちもSillicon Imageチップを積んでいるらしいので
いけるだろう、と1TBx3発ごと大人買い。実際動きました(安堵)


まずはUbuntuでrootユーザーがdisableされているのを解除。
無理やりルートユーザーになってpasswordを設定すれば、以後使用可能になる。

$ sudo su -
# passwd

で、dmesgで確認しながらHDDをつないでみると、
どうも数回リトライしつつも、認識自体はokの様だ。安心して進む。


あとはLVMなのだけど、ubuntu(というかdebian)の問題なのか
kernel moduleを一つ手動で読み込まないと、LVMが使えない(lvcreateに失敗する)

# modprobe dm-mirror

毎回手動というのもばかばかしいので、 /etc/modules に記載しておいて取り合えず凌ぐ。

といったことろで力尽きたのでlvm関連は次回・・・
しかもReiserFSに不安を感じ始め、
10年ぶりぐらいにファイルシステムを変更するので
そっちも面倒くさいが・・・・・XFSにて運用予定。
タグ :

情熱大陸

 2008-06-22
銀座Apple Store でiPodを交換してもらった後、
駅に行くまでの100mでヤラレタ

山野楽器の入り口に情熱大陸のポスターが・・・・
そしてその場で買えるトラップが・・・無意味に買ってしまった
情熱大陸 LOVES MUSIC 10TH ANNIVERSARY SPECIAL ~TARO HAKASE SELECTION~情熱大陸 LOVES MUSIC 10TH ANNIVERSARY SPECIAL ~TARO HAKASE SELECTION~
(2008/05/28)
TVサントラタテタカコ

商品詳細を見る


やっぱかっちょいいよなー葉加瀬太郎。


ハービー・ハンコックも売ってたけどそっちは思いとどまった。
タグ :

Genius Bar (Apple Store 銀座)

 2008-06-20


通勤中に、iPod(160GB)の液晶に線が入ってる
(1ライン死んでる)ことに気がついた。
ので銀座のApple Storeに寄ってみた。

受付して10分待って、見てもらう。
当然、保証書持ってきてないが
「1年以内の機種だからもちろん大丈夫です」とその場で即、交換。

ついでにメールアドレス・電話番号で顧客情報もヒットしたらしく
機器登録情報も変更されているらしい。

あとビビったのが、店員の応対がむちゃくちゃ行き届いていること。
態度も知識もとても素晴らしいのだけど、それよりも
初期化作業中に「どうぞ」とばかりにMac雑誌を手元に置くのは
(雑誌がそれでいいのかは別として)非常に自然な動作でありましたよ。

IT小売業では考えられない次元だった。
ヤマダは相手にすらならない、ヨドバシでもまず勝てない。
すげぇなApple・・・・エンドユーザーへのサポートは至れり尽くせりだ。


#利益率がボッタクリの直営店だからこそ、人件費をかけてられるわけであって
#「買う場所」としてのヤマダやヨドバシが劣っているわけでは決してない。


というわけで綺麗な新品が手元にある。よかったよかった。
タグ :

Philips SHE9500

 2008-06-16
そういえば先月もらい物のインイヤーヘッドホンがあったので
ついでに感想
SHE9500
PHILIPS
¥1,984-


色は黒と間違えるほどに暗いワインレッド。
別型番で白もあり (SHE9501)

作りは2000円なりの安っぽさだし
ケーブルは切れるかと思うほど細い上にすげー絡まるし、
今時50cmタイプの長さだわ(延長ケーブル付属)、
極めつけは左右異長ケーブル(首の後ろにかけるタイプ)。
まーなんて安物っぽいのかしら・・・と思うのだけど

音がね、音が良いのよこれ。2000円と思えない音がした
PanasonicやAudio-Technica、Pioneerなら
ケーブルだけ直して8000円~1万円ぐらいで売るんじゃないかと思える。

解像度が特に高いわけでもなく、低音もやや弱めなのだけど
Klipsch Image X10の時に感じたあの気持ちよさが、やっぱりこいつにもあるんだな。
こっちは開放型に近い音ではあるが、テイストがすごく似ている。
なんというか、凄く綺麗に混ざって聞こえる上にフラット感がある。
洋物オーディオメーカーはなんでこんなに音作りがうまいのだ・・・・・。


と思ってたら、web上でやけに評価が高かった。知る人ぞ知るモデルだったのか・・・
ケーブルの丈夫さを除けば、「消耗品としてのヘッドホン(※)」では最高かもしれん。
しかしホント中価格帯オーディオ機器は値段と音質が比例しないなぁ。

※3万以上のはさておき、数千円のは早くて半年・遅くて1年でユニットがヘタる。


参考:その他のヘッドホン感想
v-moda vide redroxx
Klipsch Image X10
Radius radHeadphones
Audio-Technica ATH-EC700
Etymotic Research ety8
Etymotic Research ER-4S
Panasonic RP-HNJ51-S
SONY MDR-CD380
SONY MDR-7506

タグ :

v-moda vibe redroxx

 2008-06-16
ヘッドホン2本目。ハリウッド出身らしいメーカーさん。

vibe redroxx
v-moda (FocalPoint)
¥11,558-


社長がまだ30歳ぐらいで、設立2006年ときましたよ(Wkipedia EN)。
そしてオフィシャルページ(本国)にいくとまぁなんてデザインコンシャス!(笑)
流れてる音楽からして、その音質がちょっと想像できるのだけども。

【見た目】
端子まで含めてすんごいかっこいい。サイバーパンク。20代向けだけど。
色はいくつもある。赤が3倍速いわけではない。

ちなみに色によってケーブルが全く違うので要注意。
レッドモデルは、ビニールコーティングされたケーブルになっているが
これがまた見事に絡まりまくるのだった。
黒メッシュケーブルのモデルはずっと使い勝手はよい
(が地味。このモデル的に地味!)・・・・・・のでお好みで。
長さはどれも1.5mぐらいの様子だけど。

【装着感】
これまたKlipsch Image X10と同じく、デフォルトのイヤーチップが小さいちゅうの!耳の奥まで入りすぎ。
一応最大のチップを使ったらよくはまった。耳の奥まで入るタイプではないのでこれでよし。
ちなみに同タイプとしては装着感は凄く良く、国内海外問わず最高に近い

なおイヤーチップは、大 x 2 / 中 x 2 / 小 x 2
それぞれブラックカラーと半透明ホワイトが1セットづつ。
このパターンは初めて見たが、やはり見た目を重要視しているから?


【音質】
解像度は正直低い。国内1万円クラスより低いぐらい。細かい音聞こえない。
音はドンシャリ。国内1万円クラスほど耳に痛くはないが、、、、
しかし、このモデルの持ち味は低音らしい。
重低音ではなく、打ち込み系でよく使われる200~500Hz前後が持ち上がりまくりに思うので
明らかに狙った音なんだろうなと。

で、まぁどういう音楽に向くのかと言えば
そりゃオフィシャルページで流れてるようなの。
もうずっと流れっぱなしなんだもんなこのページ。


【総合】
ぶっちゃけアコースティックは耳障り、クラシックは分解能が低すぎてだめ、
バンド系やロックも耳に痛くなるのですが、
ミニマルテクノとかハードコアとか「音数少なめ・低音あるよあるよ」な曲には悪くない。
ってスイートスポット狭いな!

能率が相当高いのでiPodのバッテリは持ちそうだけど
ちょっと音割れてるっぽい(通勤時は気にならない程度)
そんな音でした。
音を重視する人にはコストパフォーマンス悪い。デザインに予算振りすぎ。

見た目を重視する人にはいい。デザインに予算振って正解。
ぶっちゃけ通勤時なんて、音質差すごく縮まるんだよね(本当に)。


タグ :

Klipsch Image X10

 2008-06-15
久々に2本ほどヘッドホンをゲットしたので感想。
まずは1本目、Klipsch Image X10。国内流通してないので個人輸入・・・はめんどくさいので
ヤフオクで落札!
Klipsch Image X10


【概要】
1:世界最小らしい
2:KlipschはUSで相当有名なスピーカーブランドらしい(スピーカーはYAMAHAが輸入代理店)
3:ヘッドホンのシリーズは国内で(今はまだ)流通していない
4:本国で正価$349。ヤフオクで\33,000。国内流通するなら4万弱ぐらいが妥当?
5:廉価版が出るらしい。売れてるということか。
6:キノコ(イヤーチップ)は 大x1 / 中x1 / 小x1 / 2段フランジx2 合計5ペア。


【見た目】
X02NKで撮影したらヘボヘボになったが一応。
比較対象は Etymotic Research ER-4S
klipsch image and er-4s

1:ER-4Sと大きさはほとんど変わらないが、手に持つと小さく感じる(角張ってないからか)
2:ケーブルは普通のオーディオブランドと同じ太さ。ER-4Sが太すぎるのかもしれず
  (注:写真の白バック部分でケーブルが異常に細く見えるのは、撮影が下手だからなだけ)
3:端子も同様に小さい。柔軟性があって、曲げてもokぽい
4:ケーブルは1.5m。ER-4Sは1.8mあるが、長ければいいというわけでもなく・・・


【装着感】
いきなり最初についてるキノコが小さすぎて、耳の穴に隙間ができる。
おかげで低音スカスカの製品かと誤解してしまった。2段フランジにして解決。
2段フランジでも、装着は片手で可能。ER-4Sのような両手格闘は不要。


【音質】
国内1万円クラスとの比較。
 ・耳に痛い音がしない!
 ・解像度はKlipsch Image X10の方が遙かに高い
 ・低音もKlipschの方が綺麗。量感も十分。
 ・Philipsなどの海外オーディオブランド特有の、柔らかさがある
 ・聞いてて当然気持ちいい


Etymotic Research ER-4Sとの比較。
 ・ER-4Sの方が解像度はずっと高い
 ・ER-4Sは当然低音も凄く締まっている
 ・その代わり、低音の「量感」はKlipsch Image X10の方が多く感じる
 ・ER-4Sは音がすべて分離して聞こえる。Klipsch Image X10は綺麗に混ざって聞こえる
 ・ピアノやアコギで特に顕著。
 ・注意を傾けて聴けば、Klipsch Image X10でも聞き分けることは出来る。
 ・しかし何も考えなくても分離して聞こえるER-4Sの方は、より分析的といえる。
 ・ER-4Sは「正確な音」。Klipsch Image X10は「気持ちいい音」

 ・Klipsch Image X10は能率が低くない。
 ・よってER-4Sの様にiPodの電池食いではない。使い勝手良。


【総合】
ER-4Sと比較すると狙いの違いがよくわかる。
あっちは音楽制作には最高だけど
音楽を聴く用途で最高というわけではない。
分離して聞こえるということは、ミックスをうまくしないと混ざって聞こえないわけで
だからこそミキシングに使えると思うのだけれど、
逆にリスニングなら、より混ざってくれるKlipsch Image X10の方がいい時も多い。
またケーブルの細さ・長さもそれを反映していると思う
(ER-4Sはケーブル太いから絡まない・長いから機材さわるのに動きやすい。が通勤時は微妙)
つかER-4Sだと通勤時にiPodの電池をやたら消耗して困るわけだが。

ちなみにどっかのレビューで「Klipsch Imageは低音が弱め」とかあったが
装着方法を間違えているか、難聴傾向の人かもしれずと思った
少なくとも密閉型のMDR-7506より少ないと言うことはなかったぞ、と。

そんなわけで音楽を聴く用途ならKlipschは素晴らしくて
ともかく「気持ちいい音」では最高レベルだった。
3万以上の本気ヘッドホンが使いたいが、
でもSHUREみたいに普及したのはいやだ!とか
Etymoticは耳道が痛そう(人によってはホントに痛い)!とか言う人に良い。
日本ではちょっとマイナー臭漂うところが、またなんともいえない雰囲気を(笑)

後日SHUREと比較しました
#でも5000円の Apple In-ear Headphones のコストパフォーマンスが今んとこ最高かもしれん

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫