スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

有機化学美術館へようこそ

 2007-05-23
有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ [知りたい★サイエンス] 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ [知りたい★サイエンス]
佐藤 健太郎 (2007/05/19)
技術評論社

この商品の詳細を見る

長いこと更新さぼってしまったが、久々にいい本が出たので更新。
文系の人でも即買い推奨。
高校生以下なら全員かっとけ。というぐらいに良い。

この本は、
数年前からチェックしている有機化学美術館というページが本になったもの。
ページ自体は素晴らしく楽しい(単純に面白い)のだけども
どうせそれを本にしただけだろう・・・・でも「感謝の気持ちで買っておこう」、、、
と思ったら大間違い。ガチで文章書き起こし+追加してた。

で最初の方におもしろ化合物(名前編)があるのだが、
ポケモン・ソニックヘッジホッグと続く。そんなんよく載ってるし今更だなぁ・・・
とおもったらシクロ阿波踊りン(シクロデキストリン系の化合物)ときた。
モロに吹いた。チクショウ、ホームページに無いネタが結構載ってるぞ。

それでいて書いている人はあくまで上品さを失わないので、
これはとても素晴らしい「化学への誘い」本になっている。

ちなみに基本は他人の成果を以てして書かれてはいるが
同じように書かれた「裁判官の爆笑お言葉集」(前回紹介)と異なり
こちらは、確かに佐藤さんが著者であると認知できるものになっている。
恐らくこれは、ご本人がまさにその世界の中で現役でいるのか、
それとも単に外から見ているだけか
、、、という違いであろうと思われる。
(今回の本の著者は、ドップリその世界の中で生きている人)
だから、内容が生きて迫ってくるのだろう。




学生の頃化学が大嫌いで、結局大学すら中退する程だったが
こういう本があったらまた人生が違っていたかな、と思う程には
十分有機化学が好きになれた。(これはホームページ版も共通の感想)

チと高い(1500円ほど用意のこと)が、部数少ないのかもしれず
これで売れたら次は是非700円前後で出して欲しいところ。
大人しか気軽に買えない値段では、この本はもったいない。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。