独り言:silver.pos.to

 2007-03-31
知らない間にsilver.pos.toのサーバが寿命で死亡したらしい。

新しいサーバにデータを移動しなさい、とかいうのが
プロバイダから来ていたのだが、
移行先はSleipnirがハッキングされたサーバそのもの orz
参考:http://www.new-akiba.com/archives/2007/03/sleipnir.html

まぁそのためにセキュリティ設定を厳しくしたらしく
パーミッションの問題でcgiが動かない・・・手探りでなんとかしたけど
なんでこんな苦労しないとならんかね orz

しかも値上げされてるし。


というわけで、今まで掲示板を使っていた人は数日でDNS切り替わるので待たれたし。
待てない人はftpサーバのルートにURLおいときます。
スポンサーサイト
タグ :

Steinberg Sequel

 2007-03-30
sequel.jpg

Musik Messeで発表された、Steinbergの新しいシーケンサ。
Sequelという新しいシリーズ名から考えても
Cubase系の下に来るのではなく
モロにGarageBand対抗を狙ったと見える。
というわけでSteinbergに年貢を払いまくる身として、調べてみた。

まずSteinのページ http://www.steinberg.net/1306.html の情報。

・Cubaseのオーディオエンジン
・オーディオはテンポ自動追従
・キーも自動追従ってCubaseにもまだない機能を装備するか orz
・リージョンの表示がCubaseより綺麗 orz
・MIDI対応(編集機能は流石に月並みと思うが)
・クリップ5000種付属。MIDIクリップ込み。最近のソフトとしては月並みだね。
・エフェクタ16種類。Cubaseのものと同一の可能性も捨てきれない
・600プリセットのソフト音源ってまさかHalion Oneつけちゃうのか?
・$99ってことは¥12,800程度か。安いなおい orz


ここからは特設サイト http://www.sequel-music.net/ から拾った情報。
なお特設サイトではデモサウンドも聴ける。
なんかElectribe SXで作ったのかという感じだが。

・コピープロテクトはアクティベーションコード方式
・44kHz/24bitまでの対応(内部演算はFloat 32bit)
外部VSTi/VST非対応!!!!
・Cubaseと同じようなサウンドフレームシステムを装備している。
  -これまた、Cubaseよりデザインがクール orz
  -ソフトシンセの音色管理などもそのまま同じ様子。
・リージョン編集をインラインで行う機能は流石にないように見える
Ableton Liveに近い方向を向いた、パフォーマンスプレイモードがある。
  -AKAI MPCのようなPADが確認できる。これを叩いてシーケンスをプレイする。
  -恐らく、Cubaseのプレイオーダー機能を発展させたのではないかと推測。
・オーディオエディタ(月並み)
  -トラック数無制限
  -クォンタイズは当然出来ない。
  -逆に、恐らくAciddize機能はあると推定される。
・MIDIエディタ(Cubaseより優れた部分がある)
  -Legato Sliderは恐らくデュレーションを一括変更出来る。
  -マウスポインタの場所により機能を自動で切替(Cubase同等?)
  -グルーヴクォンタイズのライトバージョンのような機能あり
  -MIDIプラグイン有(アルペジエイターとコード生成)
・Mixer(月並み)
  -Audio/Instrument(MIDI)がシームレスに出て来る模様
  -各トラック2インサート、2センド
  -MIDIプラグインは、こちらにエフェクトとして使う模様!
  -ミキサーオートメーション対応
  -Effect SectionがTracktionやLiveの様なイメージ


これ以上の情報が、FAQやフォーラムなどに埋まっているようだが
量が多すぎて読むのに疲れたのでここまで。


値段的にも内容的にも、そしてデザイン的にもキラーになれそうだったが
外部VSTi非対応で全て台無しorz
これならみんなGarageBand選ぶよ。WindowsならSonar LEあたりか。

タグ :

ZOOM A2

 2007-03-26
A2 + ACアダプタ
Zoom
¥10,080-

着々と物欲を減少させるべく、こんなもんを買ってしまった。
Zoom A2(アコースティックシミュレーター)。

買ったばっかりのIbanez RG1820Xがピエゾピックアップ付きなので
そんならアコギシミュレータは必要でしょうということで購入。
候補はKORG PANDORA PX4A、BOSS AC-3、他にあったのだけど
まずKORGはデモの音がショボイのと、手持ちのPX4Dで音の傾向が解るので却下。
BOSSのはそもそもピエゾ用じゃないので最初から候補外。

で、イケベで買ってきたら勝手にACアダプタついてきたけど、持ってるんだよねぇ。
その上このときに買った単3eneloopが余っているので、
最初から電池駆動のつもりなんだけど(笑)

で、音については結局アコギとは程遠かったというか
多分ZOOM A2が悪いのではなくて、
元々シミュレート出来るようなもんじゃないなと思った。
単にシャキシャキした音になるので「なんちゃってアコギ」という感じですか。
生音楽器はやっぱり、シミュレートが一筋縄ではいきませんねぇ。


ということでアコギはあっさりあきらめたのだけど
RG1820Xのシャキシャキ音自体がピエゾのものだから、
A2を外して試しに普通にディストーション掛けてみたら
あーなんかそれはそれであり?というかシャキシャキしたエレキ?



うーん。そろそろ投資も終わりにしないとな。真面目に練習しようっと。
タグ :

日経サイエンス 4月号

 2007-03-26
日経サイエンス 2007年 04月号 [雑誌] 日経サイエンス 2007年 04月号 [雑誌]
(2007/02/24)
日経サイエンス

この商品の詳細を見る
だいぶ遅いが、今月の日経サイエンス。実はまだ全然読み切れてないのだが、
最初の方のページに実に好奇心を誘う記事があった。
ひも理論,ループ量子重力理論に次ぐ新理論が登場”という見出しで
CDT理論(causal dynamical triangulation)というのが軽く紹介されているのだが
一般人レベルの科学雑誌愛読者の耳には新しいものだった。
ググっても一般向けのものは全然情報がヒットしない。
(英語なら結構拾える・・・Wikipediaにも記事有り

俗に言うところの「我々の居る時空を生み出せる究極理論」ぽいものは、
今まで読んだものだけでも

・超弦理論(超ひも理論)
・スピノール
・M理論(というのでしょうかねぇ)
・量子重力理論

など色々あるが、どれも面白い。CDT理論も実に興味をそそる内容だが
誰か情報持ってないかな・・・・・・・非常に知りたい。


#ちなみにNewtonの4月号も買ってるが、やはり腐ってるので割愛。もう買わない!
タグ :

また買ってしまった

 2007-03-19
すいません我慢できませんでした。
しかもアンプまでゲットしてしまった・・・・
アンプは、Roland Micro Cubeにするつもりだったのだが、
VOXの方が色々遊べそうだったのでいきなり方針転換。

まぁ、、、、過去2回のボーナスで何も買ってないのでいいかな。
(え?iPod?Dice?いや3万円以下は消耗品でしょう!(爆死)

RG1820X
Ibanez
¥110,250-

DA5
VOX
¥12,800-



とりあえず弦が黒くなっていた上に、
何ヶ月展示されてたか知らないが指板が汚れていたので
弦の張り替えをしながらオレンジオイルで指板を拭いてみた。
色合いまで変わりましたよ(汗)・・・油分完全に切れてたんだねぇ。
ヒビが入ったらどうしてくれるのよ、イケベ。

で肝心の張り替えだが、、、ロック式トレモロは初めてだったので
弄ってるうちに弦高落としてたのに気づかずビビリ音だしたり
やたら調整に時間が掛かりましたが、なんとか張り替え完了。
ペグのマウントまでゆるくなってたのはどういう事だイケベよ・・・・。締め直したけど。

音は流石に、5倍も値段が違うだけ有っていい音してる。
腕が全くないので意味ないが
肝心のピエゾピックアップは、なんか単に高音域が出るだけでアコギと違う気もするが
まぁよかとですたい。

ちなみにVOX DA5は「ふーん」って音だった。
PCに繋いでAmplitubeを使う方がいいんだもんねぇ・・・当たり前か。



オマケ:これも買った。
とりあえず4GB。なにはなくとも4GB。
TB-BH4G/B
IODATA
¥9,980-

そこそこ高速なタイプなので
USBブートでKNOPPIXでも弄って遊ぶかと思ったのだが
無線LAN(Centrino/3945ABG)対応のカーネルがまだ出てないので
使い道が実はない。わははは!
タグ :

エレキ+アコースティック

 2007-03-06
数日前に「買わない」と書いたばかりなのに、もうギター買いそう。
なぜか?会社の上司が「君のギター買うよ」と言ったから。
よーし、心が弱いぞワシ!(即死)

で、色々考えていたのだが、
普通に考えれば定番のFenderかGibson(のコピーモデル)・・・だが、
ギターやり始めて日が浅いので、ビンテージとかに思い入れが実は無いことに気がついて
それなら新しい試みに果敢なメーカーを選ぼうと決定。
あまり知られてないけど楽器も少しづつ進化するので、古いモノが良いわけでもないので、
多分歴史の浅めなエレキギターも同じと勝手に推定。
流石に、トランペットとかピアノの進化は殆ど止まってるけど。

で色々調べていたら、
どうもエレキのくせにアコースティックの音も出せるものが有るらしい。
探したらIbanez(おお、日本ブランドだ!)にそういうモデルがあった。
RG1820X
Ibanez
¥110,250-


というわけで丁度渋谷で仕事があったので、帰りに楽器屋による。
すると店員の兄ちゃんが「これもありますよ?」とか言ってきた。
アコースティック音はこっちの方が断然いいということで
音まで聴かせてくれた・・・。
Godin_XTSAxtSA
Godin
¥115,800-


こんなメーカーしらねー(無知だから)と思って後で調べたら
丁度その楽器屋でプッシュしているカナダのメーカーだった。

両方さわった結果
・Ibanez
・ネックが薄くて弾きやすそう(いや、ホントに薄いのよー)
速弾きヘビメタ兄ちゃん用だというイメージがある
・ピックアップはH-H(ハムバック2つ)
・ハードケースががついてる

・Godin
・高級感がある(木目っぽい塗装が・・・)
・Rolandギターシンセの端子までついてる。使うかどうかは別として!
・ピックアップはH-S-H(ハムバック-シングル-ハムバック)
・ソフトケースがついてる


さあどうしよう。
ヘビメタ好き+ネック握った感触とか、とにかくイメージはIbanezだが
兄ちゃんが熱く推すだけ有ってGodinもかっちょいいんだよねぇ。


・・・週末まで悩むことにした。


#余談だがギターアンプもセットで売る。これの代替は前から決めてる
タグ :

ビデオカード(GPU)でソフトシンセ

 2007-03-04
大人になると下手に経済力があるため、腕とのバランスがとれない。
なんの話って、ギター。
まだSmoke On The Waterのイントロ(定番!)すらスムーズに出来ない癖して、
ギターショップに行って10万ぐらいのギターをふらりと買いそうになってしまうわけだ。
ダメな大人選手権といった感じ・・・今のところ踏みとどまっているが。



それはともかく、こんなモノを発見。ビデオカード(GPU)でソフトシンセ。
FM音源でエレピを再現している様子。ビビるぐらいあっさりと、ちゃんとした音が鳴る
g_synth

名前はg_synthというらしい。
確かに最近はGPUのパワーがものすごくて、
しかもPS3のCellみたいな作りになっているらしいので、
演算用途に使うための整備が進んでいる様だが。
しかし実際に動いている姿を見ると、これは結構感動してしまった。

音楽制作の世界だとUAD-1だのPowerCoreだのProToolsのように、
別途DSPを用意して演算能力を確保しているケースが多い。
これをGPUで代替できるようになるとしたら、素晴らしい事じゃないかと思う。
(コピープロテクトの意味も含んでいるのだろうから、一概には難しいが)。

それにつけても技術と用途とマーケット、、、というのは凄いつながり方をするモノだと
哲学もどきなことを書いておこう。
タグ :

(多分)究極のiPod nano革ケース

 2007-03-04
最近iPod関係の物欲が落ちていたが、シリコンケースがダメになりそうなので、、、
かねてからねらっていた革ケースをゲットしてみた。
ちなみに色々ケースを試した結果、iPodケースによくあるのは下記のような状態。

・フィット感が悪いと、操作性が劇的に悪化する。
・ホイール部に透明カバーがついていると、操作性が劇的に悪化する。
・透明カバーがないと、ピッタリフィットしてない限りホコリが入る。
・フィットさえよければ、保護フィルムで十分守れる。
・殆どの革ケースは、フィット感が悪い。
・革ケースは値段で質感が劇的に変わる。安物は間違いなく安物。
・殆どのシリコンケースは、質感が悪い。
・全てのシリコンケースは、3ヶ月程度で劣化する。

というわけでねらい目は「高級でピッタリフィットする革ケース」な訳だが
そんなのあるのか?これがあるのだ。

sepiace_nano2g_brownNatural Leather Case (Camel Brown)
Sepiace
¥4,380-

はい、これApple Storeか輸入代理店のHPでしか買えません。よってリンクも無し。
そんなわけで銀座AppleStoreに足を伸ばして買ってきたが、、、これすげぇわ。

質感は確かに他のどれよりも高級。かつ、鬼のようにピッタリ。
液晶保護フィルムは付属。ホイールのはないので別途買う必要があるモノの、
他には殆ど文句のつけようがない。
更には操作ロックスイッチが使えなくなるが、革が厚いので誤操作の危険は低く、
かつ操作性も高い(素晴らしいバランス)。
ちなみに横から入れるタイプも出ている・・・・・・のだが
無遠慮にも店員の兄ちゃんに実際に試させて貰った限りでは、
横入れの方は隙間が出来る(構造を考えたら仕方がないのだが)。
実は縦入れの方は「抜けなくなるから」と試させてくれなかったが、
バクチで買ったら正解だった。わはは!

#抜けないのも嘘で、ヘッドホン差して端子部を引っ張るとスルッと抜けた。

長かったiPod nano周辺機器の旅も、これで終わりになりそうだ。
もちろん100GB iPodが出たらまたゼロから揃え直す所存だが(爆死)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫